2013年02月20日

異色のコラボ<完結篇>

前回からのつづき)

・・・とまあそんなカンジで好きにやらせていただけたんですけど、それでも思うところはあったわけです、「おそらくHR/HM、またギターギャンギャン鳴ってる音楽に免疫無い人が多いんじゃなかろうか(RRcherrypieさんのお客さんには)」っていうね。これまた「好きに(自然に)」辿り着いたところ。

まあそんなカンジで、決して阿ったわけではないけど、ある程度「大衆受け」って部分も考慮した結果が、このサウンドというわけです。ただしもちろん「俺自身も納得できる」範囲での。自分自身間違いなく「これ(こっち)がイイ」と思ったわけ。

で、俺(疾風船)の曲をいつも聴いて下さってる方にとっても、決して不自然ではなかったんじゃないかと思うんですよ。常々「ギターしか聴いてもらえないのはヤだ」とか「全体でひとつ」とかうるさく(笑)言ってるのもご存知のことと思うし、実際にそういう(「まずギターありき」では無い)曲が実は大半な事実もあるし。それどころか「ギターばっかはウンザリだ!」くらいに、一切ギター無しの曲もちょいちょい作るし(笑

・・・で、ここで今回は、「その反動」っていうか、「ひねくれものの仕業」←



主要なパート(※)を全てギターに置き換えたバージョン、アウトテイクをUP!(この経緯や意図などについては別途、詳細に記します。)

※もちろん「不要」なんてありません、あくまで「旋律的な」というイミで。

・・・RRcherrypieさん、「こっちのほうがよかった!」とか思ったりして(笑




さて、長々と語ってきましたが、とにかく今回は「楽しかった!」これにつきます。

実は、コラボについては、ちょいちょい海外の方から申し出されてるんですけど…言葉の壁もさることながら、ぶっちゃけ「意味を感じない」ことが多くてですね。"ただのコピー"はもちろんですけど、音楽的なマッチングとか。あと、こう言っては傲慢ですけども、敢えて申し上げますと、「…や、一緒にやる域ではないでしょう…」ってなことも、しばしば。とにかく、"ギターだけ"なコラボには興味がないんですね元々、「フツー」過ぎてちっとも面白いと思えない。例外はIBのときだけ(その辺は別途まとめてあるので、ご興味あれば。)

だから今回は、本当に面白かった(だから食いついた)。

ユニークな企画にお誘い下さったRRcherrypieさんに、厚く御礼申し上げます。また、それを受け入れ楽しんでくださった皆さんにも、深く感謝を致します。

またいつか一緒にやれたらいいね(^ω^)なんて思ってんの俺だけかな?(笑


いろいろ書き漏らしたこともあるような気がするけど、とりあえずこのへんでノシ


<了>


で、翌日思い出した「書き漏らしたこと」



CBFにまつわる余談

これはホント、今回またあらためて痛感しましたねえ(苦笑