2013年02月22日

あ、そうだ、クローズと言えば・・・・

マジすか学園クローズZEROにインスパイアされたものだってのは劇中演出でも明らか(前田の愛読書(?)が原作クローズ)ですが…ゲキカラの(一作目/設定段階での)モデルって、ZERO2に登場する"漆原凌"だと思うんですよ。不気味限度知らないとことか。だし。

725_large


あ、でも「ボロボロのビニール傘」が印象的だったのは芹沢ですけどね。ちなみに俺の一番のお気に入りキャラです芹沢。山田孝之くんの演技は素晴らしかった、「コイツホントにこういう奴なんじゃなかろうか」と思わせる(「実在するんじゃなかろうか」と錯覚させる)ハマリ/成りきりっぷり、画面に現れると空気を一変させる程の存在感/オーラが凄い。で、それはゲキカラ/松井玲奈にも当てはまる。

PDVD_189


で。ゲキカラのモデル、玲奈さまが「演じるに当たって参考としたと思われるモデル」ってことですが・・・

俺の知る限り、具体的に「この中の誰」と語られていませんが、おそらく最もインスパイアされたのではなかろうか?と思われるのは、このキャラクター。

匂宮出夢

さておき。あれだけの「マンガ/アニメ的魅力」(としか形容のしようが無い)を「現実に」醸し出せるってのは、やっぱりただ者じゃない。決して「可能性を限定」するわけではなく言うんですが・・・「それを可能とする(出来る)」ってのは、あるひとつの「方向性」だと思うんですよね、誰にでもは出来ないことですから。