2013年05月21日

プッハッハ( ^ω^)

【石原慎太郎「橋下市長、ツイッターやめたら?言いたいことあったら論文にまとめなよ」】


プッハッハ( ^ω^)これは同意ですわ(過去ログ参照

なお

>>「なぜTwitterでやっているのか位はわかってると思ったけど…。長々と書いた文章をゆっくりと読む若者がいないんだよ」

それはちょっと(・ω・)若者をバカにしすぎじゃなかろうか、「ゆとり」と一緒くたにしすぎじゃなかろうか。

っていうか…その程度(「長文だからマンドクセ」)の人は見なきゃいい、というか「見られない(見てられない)」→ってことは「意見出来る立場に無い」わけでね、本来は。

「短文じゃなきゃムリ」とか、そんなもんは…言わば「"5分でわかる"動画を観て行う映画評」並みの、あるいは「発売前のアマゾンレビュー」並みの(ry

ツイとかやたらハードル低いから"その域に達してない"者までムダ絡みしてくる…ってのは、あると思うぞ?高感度はノイズもまたよく拾うからね(そんでいちいちそれにまで噛みつき返してたら、そら泥沼ドツボにもハマりますわな)。

そりゃたしかに「論文で(内々の限られた人のみ閲覧可能)」ってんじゃあ、いかにも前時代的というか民主的じゃないけども(・ω・)それこそいまどき、ツイ以外にも民主的公示方法は、あると思うよ?それを「見る」かどうかは"閲覧側の興味と程度に依る"だけでね。

たとえばこれにしたって、俺に対してそれなりの興味がなければ、ここまで読み進んでないと思うんですよ、早々に「3行で」って去ってると思うんですよ(笑

「それ自体が商売」ならまだしも…"内容(本質)"そのものより「とにかく大勢に見てもらおう」って"手段"のほうが優先になるのは、ヘンでしょ?それこそ"道具に使われてる"でしょ?



…さて、ここまで全部読んでくれた人の話なら聴こうじゃないか
なお( ^ω^)いちおうツイっぽく小分けにしてみたんだが←