2013年06月01日

多勢に無勢、またはその逆

B'zのオフィシャルなんかもあったのねG+(・ω・)いま知ったわ、そんで参加人数の少なさに驚いたわ、AKBの"研究生"より遙かに、桁違いに少ないって、他のSNSじゃ幾らなんでも有り得んだろ。…というところから、SNSの在り方というか本質に迫ってみたいと思う(ってのは大袈裟だが


結局SNSって、使い勝手含む「居心地」というのが重要でね。いま現在のところ、ここ(G+)は本当に居心地がいい、そりゃ不満点もあるけど、それをも許容出来るレベルで居心地がいい。

でね、冒頭で言ったB'zの件(人の少なさ)で思ったんですよ、つまり「なぜ居心地がいいのか?」それは、"人が多過ぎないから"なのだと。もっとぶっちゃけて言うなら【ある程度以上のスキモノが多数派だから】。


ファンの人に対して失礼な言い方になるけど、敢えて例として挙げさせてもらいますと…「B'z最高!」くらいの人って、大方が言わばメジャー指向なマジョリティ=世の中の多数派じゃないですか。にもかかわらず、ここ(G+)では、マイナー/マニアックな存在(※)のほうが人を集めている。

(※AKB=国民的アイドルなんて言われてますが、実のとこアイドルってマニアックな存在だし、それを強く愛好する向きってのは更にマイノリティ=世の中の少数派です、それこそ大多数から「キモい」って蔑まれる存在です、いや自虐してるわけじゃないけど←)

てことはもう答えは簡単、ここでは"比率"が違うんです、一般的な、多数派と少数派・メジャーとマイナー・ノーマルとアブノーマルの人数が、単純に"逆転"してるんですきっと(実際のとこ確かにココはAKBファンがかなりの人数を占めてると思いますけど、これ決して単純な「類友」って話ではなくて)。


たとえばほんの10年前。インターネットって、まだ、ある程度"マニアック"寄りな人しかやってなかったというか、出来なかったですよね。パソコン持ってなきゃ/使えなきゃムリがあった(ケータイじゃまだまだキビしかった)し、回線だって漸くADSLが本格普及し始めたくらいの頃(事実、パソコン/インターネットってだけで「オタク」みたいな認識(偏見)まだヨユーで在ったハズです)。でも、今は違う、ホントに誰でも手軽に入れる(入るだけなら)レベルになってる(なお、個人的には2006〜7年あたりに大きな境界があったような印象)。

つまりね。"マニアックな空間"ってのは、マジョリティが入ってくればくるほど(その空間においてマジョリティが文字通りマジョリティに成るほどに)、当たり前のように"フツー"になってしまう。そうなれば当然、フリーキーな人間にとっては「居心地悪」くなるんですよ(笑

かつてのmixiが居心地よかったのも、要はそういうことだったと思うんです。あそこの場合は「招待制」や「禁18」という制限が、美味い具合に"垣根"を作ってたわけですが(それらを撤廃したことで人は飛躍的に増えたけど…あとはお察し)、ここは今「AKBとそのヲタクが集うキモSNS」くらいに思われてるのが功を奏して防波堤/防護壁、そして隔離壁になってるんだと思います、我々にとっては幸いにも/Googleにとっては不幸にも(笑


と、B'zページの人の少なさを見て思ったのでした。


ウソだと思うなら、たとえば顔本でも見てごらんよ(・ω・)確認はしてないけど、ココと比率逆転してる(つまりフツーの世の中どおりになってる)と思うよ、きっと。ついでに言うと、昔と全く変わってないってわけじゃないけど「2ちゃんは相変わらず2ちゃん」なのも、やっぱりそれなり/相応な奴しか寄りつかないからだよ(わりと好意的な意味で←

G+の比率 AKB>>>ミク>>>>>>>>>>>>>>B'z

但し、AKBファン=情強ってわけでもないことは念のため付け加えておく(・ω・)むしろやっぱりその内訳は「弱」のほうが多数派だよ、うん。



蛇足だけど、このごろはいわゆる『まとめ』でしか2ちゃん(的なもの)に触れたことない人もいるんじゃないかと思うんで、念のため。

あれらはあくまで「いいトコ取り」してるからね基本的には(・ω・)実際にはドイヒーなレスのほうが多かったりするからね。迂闊に本スレに手を出すと具合が悪くなるかもしれんよ(笑