2013年08月27日

映画『ザ・バカッターズ』製作決定!

ってのはウソです(´・ω・`)今の邦画界じゃ風刺とか社会派とか、救いの無いノワールとかムリっぽいもの、強引にでも恋愛か綺麗な人死に要素盛り込んだ安定無難の感動しました商法が出来ないようなのは企画通らなさそう、なんか上の方が志し低そう。

それはさておき。

【なんで一斉にバカッターにバカが出たの?】

近い見解が既に出てるけど、俺なりに付け加えさせてもらうと…無能な人物ほど、自分以外の誰かが先にやったことに対して「自分のほうが」っていう幼い嫉妬や対抗心に燃えやすいから(なお、無能ゆえ当然、そこに独創性などは無い)。

何件か続いたとこまでは偶発、同時多発的な、それこそシンクロニシティの類かと思ってたけど、あまりに続き過ぎるので「これはどうやら違う(模倣のようだ)」と。それでそう思った。燃え上がることも想定、そこんとこも込みで「俺ならもっとうまくやれる」みたいな意識、謎の自信が介在してるかもしれない。

若い…というか精神的に幼い男って(自分の能力とか度外視で)他者への対抗心(※)、言わば自尊心だけは妙に強いのよ基本的に(実際、幼児の頃とかおよそ皆そんなもん)。だからもう必然的に、つまらない(センスない)のが大半以上になるの、ただの模倣は。

※まあ、オスの本能的には「闘争心」と言えなくもないけど、この場合そんなカッコいいもんでもない。

全く事の質が違うけど、少し前に台風みたく過ぎてった『マカンコウサッポウ』。あれも二番煎じ続出だったけど、特に男のは、つまらない二番煎じが多いと思わなかった?俺はそう思った、女の子のほうが良いバカセンス持ってんのなーなんて思った。…で、今夏の一連の台風は、そもそも一号からして「つまらない」んだから、そりゃ、お話にならないよね。