2013年09月08日

きたか…!(aa略

【2020 東京オリンピック開催決定】

決まったからには素直に祝うぜ、それ自体はめでたいことだ。だが、だからこそ言っておきたいことが2つある。

政府はこの結果を「日本は安全安心ですと世界が認めてくれました」だとか、そんなプロパガンダに利用することのないよう、目の前の現実問題を全力で解決すること(`・ω・´)2020年には本当に誰もが安心して訪れられる状態に必ずしなければならない。それが、灰色の現状をも受け入れ推してくれた世界に対する誠意であり返礼だ。

勿論、我々国民も、浮かれず慢心せず向き合わなければ。


もうひとつ…俺の中では、これも割と重要、「やるからには」っていう話。

「もし決まったとして、そこが不安だな」と思ってたんだけど…プレゼン映像が案の定だった。日本て、ホントにそういうセンス悪い(´・ω・`)映像そのものは決して低レベルではないが…

なにあれ、どこの国?なんでガイジンさんや外国の風景、過去のオリンピック大会の映像を差し挟んで「カッコよく」見せようとするの?自国に対する誇りって無いの?それが『グローバル感覚』とでも思ってるの?古臭い西洋かぶれ感覚としか思えんわ。あと、笑顔とハートが飛び交うとかクッさいわ、それはいつもの国内向け感動商法の域を出てないわ、相手が違うでしょ?

まあ、『オリンピックというイベントそのもののグローバルイメージCM』として見れば悪くもないかもだけど、日本・東京を表す『顔』としては最低評価。断じて、あの映像・演出が功を奏したなどとは思わないほうがいい。

…というカンジでね(´・ω・`)もし、決まったとして【開会式・閉会式がクソだっさいシロモノになりやしないか不安】っていうお話。あのプレゼン映像で確信、不安倍増。

『グローバル』ってのは先ず『ナショナル』ありきでこそ真に成り立つものなんだぜ?『世界に誇る』なら、尚更だ。あと七年ある。妙な西洋気取りはもう要らん、いま一度足下を見直し、既開催国の、風土感に溢れたセレモニーも見返し、よーく考えてみてほしい。日本にも独特の、誇れる歴史と文化があるんだから。