2013年10月17日

場当たり主義は伝統芸

【「原発の新増設を」 経産省がエネルギー基本計画会合:日本経済新聞 】

直ちに代替可能なモノが無いのが事実(現実)としても…経済界、何より、それでメシ食ってる人達は、そりゃそう言うわな万事(・ω・)ことこれに限らず。雑なたとえだが、新聞屋は新聞不要論を、テレビ屋はテレビ不要論をぶち上げたりは、まあまずせんだろ?つまり、そういうことだ(笑

そんで経産省ったら、ぶっちゃけ金を産み生やすのが仕事の人達なんだもの、実のところ科学的根拠やら将来的視点やらなんやらかんやらは、そこには無いに等しいと思っている。そこで大きくモノをいうのは、良くも悪くも、目先の損得勘定(感情)だろ。

で、「けど本当にそれでいいの?」っていう。