2013年11月15日

かつての子供たちは文句を言うしか能がない大人になってしまったのか

[STAND BY ME ドラえもん]ムービー 予告編


ドラえもんはともかく、のび太ほかのキャラデザが妙にアク強いというか(;^ω^)アメリカンというか(何年か前のハリウッド版CGアトムを初めて見たときの感覚)。子供達「ニセモノだ!」みたいに感じちゃうかも?でもま、動きでしっかり引き込むことが出来れば、それも些末な問題になるかな。

…実は意外と大人のほうだったりするんだよね、「ニセモノだ!」ってのは。たとえば「のぶ代じゃないと認めん」とか(笑)。これにしても早速「CGとかないわー」って、多くの大人がこぼしてるんじゃないかな。子供は「面白ければそれでよし」で、けっこう受け入れ認めちゃう。

そうすることの必然性(手法と題材のマッチング)はともかく…というかそれが未知数「わからない」からこそ、新規フォーマットを試すことは必要というか、時流の必然なんだろう。既存の作品財産の未来を穿つためにも。

昔は、マンガをアニメ化することにさえ反対論がフツーに起きてた、声が付くってだけでも「イメージが」って大いにモメてた。それが今じゃ「まず声優ありき」くらいの勢い(その良し悪しは置いといて)。「パソコンでアニメ(2D)を描く?セル描きじゃないと!」って言ってたのなんかは、まだ、つい最近のこと。まあ、だからこれも、「やってみないと(観ないと)わからん」よ。

ただ…声高に「大人も楽しめる」とか「大人のための」とか言うのは、あんまりカッコよくないなと思う。いや、実際ドラえもんは「大人になってから読む・観るとまた面白い」んだけどさ…でも、むしろ「子供たちのためのものです」って、誇りを持って言ってほしい。そりゃ商業的思惑=大人の都合とかも、あるんだろうけども(「泣ける」商法とかもね…)。

とりあえず、『発売前レビューで可能性を潰す』ようなマネは、したくない(・ω・)少なくとも、過去への妄執で未来の可能性を奪うような大人には、成りたくないよね。温故知新。

【原文(Google+)】

直近の関連記事(俺の中で)を、まとめておく。
『面白いじゃないか、安堂ロイド。』

『それこそ萌芽を手折る行為で危機かも』

『曇った眼じゃ純粋な評価なんて出来ないでしょ』