2013年11月16日

ゆとりねーな

【20時で退社するゆとり社員が問題化、「キラキラ20時退社」】

そもそも、そのキラキラ20とかいうやつが、ゆとり叩きしたい前世代による捏造の感(・ω・)ゆとり世代がどうこうってより、要は、いつの時代にも在る、若手・若者叩きやろ。

てか、俺もおっさんだが…社畜根性のほうが気持ち悪いし、間違ってる(歪んでる)と思う。こうして生かしてもらってる以上、現代社会を完全否定するつもりは無いけど、「常態化してることイコール必ずしも正しいことでは無い」これは断言出来る(する)。

卑属・隷従が肥やすのは何であるか?考えるまでもない。

割に合わないことを義務や貢献と思い込んで自分を誤魔化したり盲目的に酔い痴れたりってのは、誰かに都合よく搾取される社会をよしとするようなもの(・ω・)それのどこが正義なのか?むしろ、「よくないことを『常識』として定着させてしまった」、元凶だ。

まあ、それによって幸福感や安心感を得てるなら、それはそれでいいけどね、それがその人なりの幸せだから。で、その上で言わせていただこう。それをそうとは感じない他人に強制・強要するのは、どうかな。それは本当に『平等(な社会)』か?それぞれがそれぞれの幸せの形を求めては、いかんのか?

どうしてもその場所が『多彩な幸せの形』を許容出来ないのなら、予め「ここはそういう場所だから」と、おことわりしとくべきだな。労働において『暗黙の了解』なんてのは本来、通るべきものでは無い、それは説明責任を全うしていないと言える(でもそれがまかり通ってるということはつまり「歪んでる」ということだ)。

ひょっとすると、ゆとり世代は、現在の理不尽を『バブル世代の負の遺産』と思ってる…というか、気付いてるんじゃないかな。『負の遺産』、それはどういうことかというと(このあと長々と『その理屈(立証)』を書いてたんだが、わかる人は皆まで言わずとも解るだろうし、わからん人は筆舌つくしたとこで分からんだろうな…と思い至ったので割愛)。