2013年11月27日

小学生でもわかる『特定秘密保護法案の危険性』

【特定秘密保護法案、衆院本会議で可決…維新退席】

隠し事はこれまでも連綿と在ったから、ある意味その点は別に変わらない、何が成立したからって"よからぬ秘密"は消えない無くならない(笑

問題は今後、その"よからぬ秘密"を明かしたり暴いたりした人物や企業(報道機関)が、国家によって是非もなく重罪人扱いになっちゃうかも?ってことだ(・ω・)こないだ例として「尖閣ビデオはそれに当たらない」とか言ってたけど、所詮はアト出しじゃんけん。たとえあれ同等のことでも、今後はどうなるかわからないね。

国民にとっては英雄的でも、国家にとっては逆賊って形でしょっぴかれる構図が、目に見える形で展開されるかもしれないってことだね。

ならいっそ『捏造』も厳しくしょっぴけばいいのにと思うかもだけど、それを厳にしちゃうと自由な発言の一切が取締りの対象となりかねないんだよ。極端に言えば、想像も憶測も、フィクションでさえもお縄の対象になりかねないんだよ(・ω・)って想像を逞しくするんだよ。

で、そうなると、お上に都合のイイあることないことしか書けない・言えない『大本営発表』社会になるかも?って懸念なわけですよ…多分←


まあね、常々、何を置いても国民のこと優先で考えてくれてるのなら、ナンボでも秘密裏にやってくれたっていいんだけどさ(笑)「とてもそうは思えない」から、不安になってる人がいるんだよ。

フツーに考えたら「自国(民)の利益にならないことわざわざするわけがない」んだけど、たとえよかれと思ってやった(やってきた)ことでも、やっぱ必ずしもそうじゃなかったからね。

だから「(独走は怖い)先ず何をするのか聴かせろ」ってこと。まあ、それも「聞くだけムダだった」ってことが多いのが現実なんだけどね。


でもね、俺はこうも思うんですよ。「この大勢の人達は、何故その勇ましさを日常で奮ってこなかったのか?」と。

たとえば、末端置き去りで物事が上の方で勝手に決まっていく理不尽は、会社の中でもありますよね?『大は小に伝染り、小は大を映す』、会社って社会の縮図なんですよ。まあ、これは一例というか喩えですけど。そういうことを「仕方がない」と諦め従いきってきた皺寄せって気もするんですよ、この社会の現状って。

そんな身近の、自分の生活においてはるかに直結してる目の前の敵にも牙を見せなかった牧畜が、文字通り歯も立たないほど上のほうに牙を剥いてもね…殴り返されないこと分かっててケンカ売ってるように見えなくもないんだよね、群れて。日常への不満を非日常にぶつけてるだけなんじゃないのか?なんて感じなくもないのですよ…それこそ、匿名ネット感覚のような。

巨大な敵を討ち滅ぼすのは「各々の日々の小さな戦い、その積み重ね(交わり)」だと思うんですよ、俺はね。小事を成さずして大事を成そうってのはちょっと夢想的というか、虫がよすぎるような気がする。