2014年02月05日

影武者

うわあ…(´・ω・`;)鬼武者じゃなくて影武者やないか、大変だこりゃ。

【佐村河内守氏の曲は別人作 フィギュア高橋大輔のSP使用曲も】

俺は「鬼武者と、夢で終わらせないで終わらないほうのバイオ1の人だよね?」くらいの認識で、特別な思いとか無いんだけど、信奉してた人は、さぞかしショックだろうな…だがしかし、そこで、こうも思う。

『もし、これで楽曲そのものに対する評価・態度が変わるようなら、その程度のリスナー(評論家等含)だな』と。

純粋に楽曲そのものに価値を感じていたのなら、「実は」誰が作っていようが、そこは関係ないはずだ。

偽り騙っていた人物に対しての評価や態度はともかく、楽曲に対して掌返すような人がいたら、その人の審美眼(対象は音だけど)は信用ならないと思っていいんじゃないかな。「でもイメージは伝えていたんだし!そこには耳が不自由だからこそのイマジネーションが!」なんてヘンな擁護する人がいたら、それもまたアヤしいけど。

つまり、『音楽以外の要素で音楽を評価賞賛する程度の』ってことね。厳しい様だけど敢えて言うと、この場合ならば「身体的ハンデ」による追加補正ということ、あるいはまた、「歴史的・劇的要素」による感情移入過多(これは「歌詞偏重」にも通じる、近年の、特に邦楽が抱える問題点・課題だと思う。直接的「映像」も含めた、『イメージ』の随伴が過剰となり(★)純粋に「音」そのものを聴けない耳・世代が育っている)。

★劇伴などの所謂『効用音楽』については、また別のお話。念のため。

逆もまた然り。たとえば「無名の誰かさんではなく、実は、かの有名な○○さんが作っていたのです!」←途端に高評価・絶賛とかね。要は、ブランドやネームバリューに依るような価値観に同じということ。

「○○なのに、凄いなあ」ってのも、一種の差別的発想と取れなくもないとは思う(ていうか取る人は取るだろう…ってとこ)。でも、それっておよそ純粋・単純な感情(感心・感銘)であって、概してそこに他意(悪意)はない。ただ、必要以上の美化が生じてしまいがちなのも事実。

そこで最後に、ひとつ。

『不自由』は、本当なのだろうか?


昨日、『偽りの人気作曲家がゴーストライターを●す』という内容の漫画を読んだとこなので(´・ω・`)ちょっとビックリした。ちなみに『悪魔の花嫁』、その中の一編。←久々に読み返してたら止まらなくなった


《サムラゴースト3部作(まとめ)》
第一部【影武者】
第二部【鬼武者対影武者】
第三部【外様】

特別編【THE SAMURAGHOST】

異聞録【怪気炎】

番外編【其の一】
番外編【其の二】