2014年02月06日

【完全版】鬼武者対影武者ファイッ〜そして落武者へ〜

昨日、最後にひとつだけと杉下右京みたく穿ったことが的中してしまったようだ、俺の邪推、下衆の勘ぐりで終わってもらいたかったのだが。

【「佐村河内氏の耳は聴こえていた」新垣隆氏が会見】

作詞いや策士としては実に有能か…まあこういう場合は詐欺師と呼ばれるのだが。いっそ佐村河内あらため佐村ゴーストを名乗り、影のプロデューサーとして暗躍してみてはどうか(・ω・)影策士。

しかしながら…くれぐれも、俺が問題提起したいのは「どうせ他にもゴーストライターなんてよくあるだろ」とかではなくて「音楽以外の要素を最大要点に音楽を聴く・評価するという態度」なのです。これは音楽のみならず他の芸術、いやもうあらゆる事において再考されるべきこと。本質よりも看板や肩書きが拝まれているという歪み。


なお、彼を擁護するつもりは全く無いが…「楽譜を読めない・書けない」そういう音楽家も珍しくはない(彼の場合は作曲していたとは言えなさそうだが)。なので、その点を殊更取り上げて叩くのは、あまり感心しない。まあ、「楽譜を読めない・書けないなんて音楽家(作曲家)としては認められない」という価値観もあろうことは理解する。が、それもまた、たとえば「音大を出ていなければ認められない(出てさえいればとりあえず認める)」といった、またも看板や肩書きに依存する『権威主義』に繋がる危険を孕んでいると思う。

個人的には、たとえ鼻歌であろうと「自力独力で紡ぎ出したもの」であればそれは作曲だと認めたい。もちろん、ただの出鱈目・出任せは認められないけど(もちろん、人任せも)、しっかりとした「これは、こうだ」が在る(出来る)なら、手法はどうあれ、それは認めないと。

喩えだけど、「豊かな語彙を持っているが文字が下手(あるいは書けない)」からって、その人の感性を認めないわけにはいかないからね。それに、自身の方法論(拘り)と他者の取る方法は、また別だから。必ずしも体系化された学問や教則に則り従っていなければならないなんてことは無いと思う。それって、芸術的には最もつまらない態度じゃないかな。

まあ、俺も「作曲をしない人は音楽家(MUSICIAN)では無い、演奏家(PLAYER)だ」という拘り(という名の偏見かもしれないもの)は、持ってるけどね(笑



【追記】
『指示書』については「アーティスティック(高尚)したくて仕方がない虚実綯い交ぜな中学生のノートみたい」と思った。

なお、


受難
運命
魔の怒り
魔の誘惑
混沌

不安


なんとなくこれ彷彿で失笑

IMG_20140206_220445


喋って/動いてる姿って今回の事で初めて見たんだけど…「なんかいちいち挙動が芝居がかってるなあ」というのが、率直な感想。あの企画書からしても演劇症候群的な性格を感じた。敢えて正直言うと、往年の麻○をなんとなく思い出した(そういえばあの男も障害を装ってたよなたしか)。

まあ、人前に立ったり何かを表したりする人間てのは多少なり芝居がかったところ、ナルシシズムを持ってなきゃいかんとは思うんだけど…虚像と実像の間に『偽り』が在る人、己が理想像に対して『実』が伴っていない人ってのは、どこか不審に映るものだ。


《サムラゴースト3部作(まとめ)》
第一部【影武者】
第二部【鬼武者対影武者】
第三部【外様】

特別編【THE SAMURAGHOST】

異聞録【怪気炎】

番外編【其の一】
番外編【其の二】