2014年03月07日

懐剣にバッサリやられた侍(自称)の会見

「私の指示に忠実に〜それが皆さんにお褒めいただいて」ってもの言い…つまり「自分には(音楽的)才能がある」って、この期に及んで暗に主張してるわけだな(笑)

この男、物腰柔らかく「反省している」と口では言ってるが、どうも誠意が見えない。物言いが全体的に(ハンデを傘に着てたこと同様)弱者・被害者を気取ったその実傲慢、つまり『嘘吐き』の態度にしか見えない。

>>「あり得ません科学的に」
このセリフで「懲りてないぞこの男」と確信した(``)お前は科学者でもある(脳内)のか?

それにしても、腹立たしいのはマスコミ。佐村河内と告発者、どちらが『より悪い』のかって裁判気取り。むしろ告発者のほうに、より矛先を向けよう向けようとしてるフシすら感じる。

そこには、どちらも悪いには違いないのだから等しく扱おうといったバランス感覚などではなく、この話題を引っ張ろう(長引かせよう・複雑化させよう)というマスメディアらしいあざとさを感じる。さらには、結果的に【美談商法】の片棒を担いでいた(いる)自分達自身に世間の矛先が向くことを避けるための、ある種のスケープゴートに仕立てようという意図も感じる。

己が責には一切言及しようとせず、あまつさえ告発者叩きにスライド気味な発言の目立つ、コメンテーターという名の飼い犬(給料いくらだ)の様子を見るに、後者のセン強い…かな?

思うんだけどさ。あれだけ大きなプロジェクトになり、ヒトもカネもたいがい大きく動いてるわけでね。『あの二人以外、誰も何も知らなかった(気付かなかった)』なんてワケが無いんですよ。それこそ見て見ぬフリも、暗黙の了解も、少なからずあったはず。

それから…事件発覚直後から高橋選手の名をあげては「(告発の)タイミングがおかしい(悪い)」と言ってるが、そんなんで論点曲げようとか、バカかと思う。「ずっと迷っていた?ならばもっと早く(曲の使用が決まって直ぐ)言うべきでしょう(キリッ」とか嗤わせる、結果論もいいとこだし、そもそも、他人のタイミングなんてもの分かるわけないだろ。

当の佐村河内も「協力的だったのになぜ突然」みたいなこと言ってるが…本音と建前、内面の葛藤無視で上辺の態度だけで人の情動を量ってどうすんの(笑)

その感想は、足元を掬われた側の感覚でしかない。昨日まで何事もなく仲良く付き合ってると思ってたのに今日突然別れようって言われた(何故?)ってなもんだ。人には、こちらの都合通りにはいかない、そして隠された情動もある。

ていうか、この期に及んでまだ美談・善意(な自分)ごっこか?と、なにかと高橋選手が可哀相的な…本当はタイミングなんてどうでもいいんだろ?そんなんどうでもそれなりに盛り上げちゃうんだろ?

最も信用ならないのは、どんな片棒を担いでもイザとなったら知らぬ存ぜぬ我関せずな、マスコミという存在だぞ。

>>「(義手外して出たら)感動しませんか?」
ああ、もう性根が駄目だと思った、なるほどその行動原理がよく分かった。そして「昨今多くのマスコミも根本は同じだよな」とも思った。

だから【感動・美談・泣ける商法いいかげんにしろ(ありがたがる側も)】と常々言っている(``)そういうのに飼い慣らされるってことは本物・本質を読み取る感性や情動がどんどん萎えていく、そして本質そのものも安くなり下がるってことなんだ。ここ数年で『絆』って言葉が随分と軽くなったように。

って書き殴ってるうちに会見終わったらしい。影武者訴えるんだって?またぞろ社会的弱者というカタナを大上段に振りかざして挑む、『情に訴える』んだろうな。最後は手話でシメだって(``)どこまでも芝居がかった男だな、マスコミみたいだな。
IMG_20140307_235154

【追伸】
その点については解決した模様ですが念のため。
左がリンホラ、右がホラです。
法螺

おすぎ氏に似ている?佐村河内氏の変貌ぶりにネットで驚きの声 | 東スポWeb

既におすぎコラが出来上がってそうだな…
「ワタシにダマされなさい!」


《サムラゴースト3部作(まとめ)》
第一部【影武者】
第二部【鬼武者対影武者】
第三部【外様】

特別編【THE SAMURAGHOST】

異聞録【怪気炎】

番外編【其の一】
番外編【其の二】