2014年11月09日

この国の美談脳いいかげんヤバいとおもう

●羽生結弦、公式練習で中国選手と激突転倒●

テレビで「またドラマが生まれた」みたいなこと言っててアホかと思った。そうやってまた美談語りする前に選手の心配しろよ、こういう事態招く現場環境・慣習やらについてなんか言えよ…と思った。

自分が欲する感動/美談に、赤の他人を勝手にキャスティングするな(``)ましてや当人にとっちゃ『不幸』だぞ、あれ。さもなきゃ 「大衆はそういうのを求めてる!」とか思ってる(自分はその発信源だとか驕ってる)から、軽はずみにああいう発言が出るんじゃないのか。

ちょっと前の、これもそうだった。軽薄。

あと、これも挙げておこう、"お花畑"が凝縮された一件。なお、そういう感覚が蔓延した結果かなと思う、こういう気持ち悪いCM

セカチューあたりから連綿と続く『感動!泣ける!』商法(ある種の洗脳)は言わずもがな。311を経て、さらに悪化したような気がする。『絆』の大安売りとかね。


しかし、よりによって相手中国というのがな…絶対疑心をもってあたる人も少なくないだろうな現在の世風からして。でもあんまりそういうこと言わないほうがいいと思う、そこはそれこそ「お互いさま」だろうから(色んな意味で)。悪意の介在が明白でない限り、むしろそれは自ら品位を貶める行為。

なんかスポーツ周辺ぐちゃぐちゃしてんね。

【追記】
予想どおり現れた。