2015年01月22日

カエルのうたがきこえてくるよ

※当記事は以下ニ篇よりのつづきであります。これらを先に御覧いただきませんと何が何やらサッパリのおそれがあります、っていうか真意が伝わらないので(・ω・)御手数ですが必ず先に御覧いただきたい、特に壱。





では、その上で。

※8分の12表記です、ご注意。
frog's tab HAYATEBUNE


そう、つまり『A』がペタペタ。ただ鳴らすだけなら、これでOKってやつ、もちろんポジションはこれに限らず(ギターには異弦同音がありますからね)。

で、『B』が今回俺がとったアーティキュレーション/解釈ってわけです、ご参考までに。AB突き合わせて見てもらえば分かると思いますが"Full"って箇所がベンドです、FULL=全=全音、つまり当譜例中のベンドは総て1音ベンドです。そして先ほど述べた異弦同音も活かしていること、お気づきでしょうか?またユニゾンベンドも出てきてますね。

あ、ひとつ注意というか念のため。2弦11フレット(B♭)これ誤表記ではありません、ここは普通2弦12フレ(B)半音ベンドでCがセオリーですが、全音ベンドにしたかった(半音ベンドじゃ「吹き上げ」感がもの足りなかった)その結果です。よって、特にここは素早く瞬発的に上げないとスケールアウト感出ちゃいます、まあ音価短いから実際ゆっくり上げてる時間も無いんですけどね(笑)

もうひとつ、大事なこと忘れてた!!今回の動画全弦半音下げチューニングです!一番先に言えよってね(笑)

といったところで…

所詮はこれもザックリに過ぎません。実際には(譜面には)表し切れない微妙なニュアンス、ゆっくり上げたり下げたり速く上げたり下げたり揺らしたり揺らさなかったりミュート気味にしたりしなかったり等々そして小技(いわゆるチョッピングは使いまくってますね我ながら)が多分に含まれておりますので、重ねて「ご参考まで」ってカンジです。目より耳、そして感性で(・ω・)お試しあれ&アナタのアーティキュレーションをいや音を探してみましょう。

まとめにひとつ言うなら

(・ω・)カンタービレ!(歌うように)