2015年07月04日

ウンザリ系が続いたので、ちょっとライトな話題でも。

【ドラマ「デスノート」のあらすじ公開、夜神月はアイドルオタクで「ミサミサ」の追っかけに】

こうまでするならデスノートってプロップのみ継承して全く別の話にすればいいのに、人気キャラの名前を戴くのは前提って印象がよくない。名前は重要だな←

まあ、「面白っ」ければ結果オーライだけどね、お手並み拝見てところか。

〜翌日〜

【朗報】ドラマ版デスノの月、2話から天才に進化

ソースが無い(画像自粛)という事で公式見たところ…二話どころか一話にしてそれっぽいぞ「1ヶ月後」とあった(``;)共感呼ぶ凡人設定とやらは一体なんだったのか…過程すっとばして超進化じゃん。

なんかもうそれ既に「やっぱり凡人では使いこなせない隠しおおせないから」って結論出してるみたいで早くも脚色の敗北宣言じゃないですかね…(``;)大丈夫なのかこの企画…これはいわゆる『迷走』というやつではないのか…

こうなったらいっそ逆転の発想でペン、デス鉛筆とかデスシャープとかどうだろう、もちろん書いても書いても磨り減らない、いつでもどこでも何にでも書ける、これは恐ろしい…!

月「うわあいつムカつくわーよっしゃ善は急げやこの壁に書いといたろ」

L「これ月くんの筆跡ですよね」

月「 」



月「よっしゃ試験がんばるでー!…うっ…!」

デスシャープ〜完〜


〜さてドラマ版デスノート第1話〜
発端の動機付けはベタだがまあよしとして、やっぱり性急というか「どうしてそうなった」感は否めない…が、主役の兄ちゃんの熱演が原作とは異なる『月とキラ』って二面性のせめぎ合いに一定の説得力を与えることに成功してた様に思う(・ω・)うん、そう悪くなかった。

Lの王子っぷりワロタ

ミサミサは…(´`*)おじさんはやっぱり戸田ちゃんがいいなあ←

松田のジョーカーっぷりが凶悪だったな(笑)

今後、その『怯えながら進む月(キラ)』って提示がどこまで活かされるのか、或いは"覚醒"路線に逃げるのか(そうなったらもう原作と変わらん)、脚色のお手並み拝見である。まあ何しろ主役の兄ちゃんの熱演には拍手を贈りたい(・ω・)すまんなアトで名前おぼえとくわ。 #デスノート

なおリューク。連続テレビドラマ(実写)中であのレベルのCGIキャラ扱えるようになったことに感慨、映画版やった頃ならまだ厳しかったろう(・ω・)悪くない。

まあ細かいこと言えば、座ったらベッドは沈んでほしかったけど。あ(・ω・)死神だから体重無いのかな?わからん

なお、真面目演技に徹する佐藤二朗さんは怖いな、突然いつもの調子でハジケるんじゃないかと逆にハラハラする(笑)

ああそうだ。連載当時や映画/アニメやった頃以上に『ネットの存在・反応』ってものがクローズアップされてもいいかもね。あの頃より更にはるかに一般化してる今、より多くが身近と感じるだろうからね、「神!」とか言われて歯止め利かなくなったり後に引けなくなったりって現実←

いまや神々ヤオヨロズですからね、違法アップロード神とか実況迷惑行為神とか(笑)

てなカンジでこの件、ちょっと飛躍する方向で続きます