2015年05月03日

今にして思えば

我ながら鋭い指摘/考察(自賛)

というわけで、こちらの延長戦(実際には前哨戦だったわけだが)として、当時の日付でここにも残しておこう。



ここからの流れを抜粋して、以下。


仕事人現代編てのがあったけど、逆をやれないかな、たとえば、マジすか学園江戸編とか(もうなんでもあり)

や、それこそゲキカラ(2以降)は市松みたいなカンジがハマると思うんだよね、哀愁漂う美形…いや、感情の起伏が激しい(特に初期)って面ではむしろ印玄寄りか?(笑)

てか初期は「起伏激しい」というかもう殆ど狂○だったか(笑)…俺が思うに初めのゲキカラは『こども』なんだよね、子供特有の無邪気という残酷。認識が子供のまま大人の力を持ったらどうなることか…っていう、だから怖い、そしてそれを表現して見せた松井玲奈は凄い(いっぺんで惚れ込んだ)

1でのモンスター的カッコよさから2ではヒロイックなカッコよさになった。けど2でのあの覚醒後も、その幼さは残ってるんだよね、特に優子との邂逅シーン(名場面)は顕著、あれ母に縋る子供ですよ。時折垣間見えるその幼さがまた魅力を倍増させるのだ。

いつの間にかゲキカラ賛美になってる(笑)

「2で普通の人になってしまった」という向きもある様だが、それは違う。たとえるなら、1のゲキカラは初代ゴジラ、感情の存在すら見えない破壊神。それが、2でいわゆる二代目ゴジラ(正義寄り)に成った…というのが個人的見解であり、見事な昇華であると思うのだ。

俺もあの(1の)狂いっぷりで既に魅せられたのは確かだし、それを求める向きが在ることもわかる。しかし、凶暴性だけだったら、ここまで多くに愛されはしなかったろう。

なんと言っても、その有無を言わさぬ佇まいである。カワイイは正義だが、カッコいいもまた絶対正義なのだ。 #ゲキカラ
IMG_20150724_080047