2015年07月29日

オウフwwwいわゆるストレートな質問キタコレですねwww

もしかしたら同タイトルの記事が以前にもあったかもしれないが…まあいいや。

【日本で一番上手いギタリストて誰??】

理屈抜きのマジレスすると、それは「日本で一番の美人て誰?」くらいナンセンス。競技じゃないからね(本来は)。「自分にとっては(の)一番」←これが大事(・ω・)恋愛みたいなもんよ。

こういうの、こと音楽/楽器方面に限らず『それに明るくない人が抱く素朴な疑問』として定番だと思う。が…やっぱりこの方面は目立って多いし、説明も難しくなるんだよね。おそらくそれは、実際に(一定以上踏み込んで)触れたことあるって人口が絶対的に少ない=感覚的に馴染みが薄いからだとおもう。

たとえばこれが絵画だったら「誰が一番上手いの?」と問われて「いや一番とかそういう物事じゃないでしょ」とフツーに思う人も少なくないんじゃないかな?いやそもそもそんな疑問を抱かない"愚問"を投げないかもしれない。更に言うと、それが歌(歌唱)なら、もっとその確率は上がるんじゃないかな。

つまり、楽器を弾くという経験は無くとも、絵を描いたり歌ったりというのは大概の人が(無論、程度の違いはあれど)経験してるから、"感覚的に知っている"…というわけだ(・ω・)

勿論、音楽にしろ絵画にしろ現実に技量力量の差ってのは存在するけど、それは言わば学校のテストみたいなもので"空欄の穴埋め"に過ぎない。大切なのは「何を表したいか(自分を表せるか)」であって、技量が目的/最優先では無いよ、それは手段に過ぎない。手段は目的に必要なぶんあればよい。

事実、"素人にも分かりやすい指針"として競技会的なこともやったりしてるけど、タイムや得点で雌雄を決する"競技"では無いからね根本的に。

で、ここで冒頭に戻る。「一番の美人」というのがあり、またそれが絶対的ならば、ぶっちゃけもう皆同じ顔でいいよね。でもそれは有り得ないと分かってるし「むしろ気味が悪い」とも思うでしょ?まあ、中にはそうでない向きもあるかもしれないけど。

だからですよ。既に分かってる人は「なんでそんなこと訊くんだろう」と、逆に疑問に思ったり、"自分にとっては当たり前"なことだから説明も難しくなったり。また、賢しらに知識や理屈や権威に頼って大上段から語りがちな人もいますね、教えるというより"ねじ伏せる"みたいな。あれはよくない。

その「よくない」タイプ、このテのスレには漏れなく降臨するけど(笑)何しろ鵜呑みにはしないことですよ。特に、○○はダメとか○○のほうがとか何か誰かを貶す方向で何か誰かをアゲようとする言は聴く価値無いです、およそ"自分の一番の押し付け"に過ぎないので。

まあとにかく、少なくとも、実際にそれに対し真摯に向き合ってる人というのは(例の国民的ヒットソングじゃあないけど)ナンバーワンじゃなくてオンリーワンを目指し追い求めてるものだと思いますよ(・ω・)はい

蛇足だけど。だから危惧してるんだよね、近年の『歌ウマ』とか、ああいう文化的風潮。もしもあんなの真に受けて育っちゃったら、それこそ本質の理解には"一番"遠いことに成りかねないからね…まあ「ジェイよりタカコのほうが好い」って感覚的に分かる人が多かったみたいだからまだ大丈夫かな(辛辣)

付け加えとこう。ナンバーワンじゃなくてオンリーワンって話だけど、その中その先にナンバーワンもまたあるんだと思うよ(・ω・)世界に自分は一人しかいないからね、そういう意味では、誰でも無い自分で在ろうと努めてる人はもれなく「世界一」だ。それが他人を認められる強さ"自信"じゃないかな。

つづく