2015年09月16日

ところで

ワイもいま話題の自称ミュージシャンやで、いわゆる社会的所属/帰属が無いと等しく"自称"扱いになるんやで(^ω^)なお、そこに実際の力量や活動が伴ってるかはまた別の話やで(意味深)

これは極端なたとえだけど。そこらで鼻歌唄って「ミュージシャンです」って名乗っても"そうでないとは誰も言い切れない"くらい曖昧なもんだからなあ(笑)まあ『職種(稼業)』と限定すればまた話は違ってくるが、つまるとこ後ろ盾の無い肩書きなんてのは良くも悪くもその程度のものだ。 #芸事

これ裏を返せば、後ろ盾さえ強力ならシロでもクロにもなり得るということ(・ω・)これは白黒じゃなくてシロウト/クロウト的な意味合いね。たとえば近ごろ話題のデザイン方面とか(ry

自称といえば、神いっき容疑者。自称:声優(のアイコ)では無く"声優のアイコ"という唯一無二の独創的新ジャンル。 #但し褒めてない

まあなにしろ、自称:福山雅治のインパクトには遠く及ばなかった。 #フクヤマは職種ですか
images (1)

そして今、ふと気が付いた。自称のインパクトがデカ過ぎて、何をやらかしたのかはサッパリ覚えてないことに(笑)

(翌日)

なんかこう、流れが…「右か、左か」どちらかに属してないとならない理由でもあるのか(意味深)したところでこれはガチパラノイアやぞ(´・ω・`)インスタに在る、自作とおぼしき一連の画像が示しておる。

何故だか彼らは類型的・共通的な美観を発揮する。特に、一般人なら不安を覚える、繁華街裏の胡散臭い店の如きあのゴテゴテビカビカ配色を好む(スレ中でも言われてるが淡路5人●し犯の自作画も同質だった)

不安をもよおすあの配色。たとえば今はなき愛●会HPに「狂気を感じ」た向きは多いはずだ(笑)ちなみに、その配色を絶妙な安定感に仕上げてるのがGoogle Chromeのアイコン←