2016年01月16日

【悲報】「Twitterクソ重い!バルスのせいだ!!」と憤る人続出

まあその通りだと思いますわ(・ω・)こんな事もあろうかと僕は加担しないと決めていたのだ、ラピュタという作品に矛先向く事も危惧して。

ていうか最も迷惑に感じてるのは他でもないツイッター社のような気もするが(笑)

【Twitterユーザーのバルス離れか?記録更新ならず】

一体何を目指してるの?って話だ(苦笑)そもそもそういうのは誰言うとなく自然発生的に起こってこそ面白いんであって「さあやりましょう!」となるとタダの公式の悪ノリである(今回まさに)

そもそも禁忌の言葉なのだから←

ていうかおじさんウルウルしちゃってそれどころじゃないんだよねあそこ(´;ω;`)子供のくせに死を覚悟しちゃってさあ…

話の流れとか空気とは無関係な、最悪は作品の印象をもブチ壊しかねない、言わばニコニコ動画のノリを、今回テレビ局自身が率先し推奨したというわけだ(・ω・)そういう悪ノリはフジの専売特許と思っていたが←

日テレ「さあ!みんなでバルスしよう!」
ハヤオ「(・・・)」

幼さというものは凡そ無力であるがゆえ、こういった形でも「何らかの影響を及ぼす/及ぼした」という実感を得る、達成感というか一種の快感を得られるのだけれど。ある程度成熟した向きにしてみれば「何を今更」となるのもまた無理はない、いや無理はある。それが用意支度されたなら温度差は尚更開く。

ちなみに前回(2013年)の僕だが…
うん、既に反旗を翻しているね(笑)

ぶっちゃけた話、まだ恥を知らぬ乳児幼児がうんこを漏らすのは生物的に未熟であるのみならず、原初の自己主張、僕は私はここにいますよモノを産み出しましたよというプリミティブなアイデンティティの擁立なのだ、わんこが糞尿をもって怒りの抗議をするがごとく。

(・ω・)もううんこは漏らせない、ゆえに、「さあどうぞ!盛大にしかぶってください!」と言われれば「しかぶるわけねーだろバカ」ともなるわけだ(笑)とにかく金ローは反省すべき。

や、でもホント、バルス離れとか言ってるけどね、あの公式の煽り/悪ノリで冷めた萎えたって人も少なくは無かったとおもうよ、それまではその気であったとしても。自ら滅びの呪文を唱えてしまったという皮肉。 #失策