2017年02月15日

満身創痍の卍さん(参)


『弐』は此方






そして凛ちゃんなまらかわいい件(´`*)これは護らざるを得ない
C37iWRYVcAEbQJC

(なお、"シャケの娘"と知った時の僕の驚きについてはここでは割愛)


いや〜いいぞこれ!
C37i_vVUEAAWBwC



もう、端から『また実写化か』&『キムタク』という二大色眼鏡を装備されてしまう宿業を背負ってるわけだが…もしもそれら色眼鏡の無い(しかしむげにんは在る)世界でこのビジュアルを出されたら素直にハッとするはずである(・ω・)偏見は人生の損である。

僕は、たとえ推しが出ていようとも「ダメなもんはダメ」というタチ。色眼鏡かけない一方、ファン補正もとらない(それも一種の色眼鏡だから)。もちろん、作品としての出来は未だ云々出来るもんではない(ところが観るまでもなくダメ認定する人の多い昨今ではある)が、少なくとも、この二人のビジュアルは、原作ファンの僕を高揚させるだけの佇まいが有る。

かく言う僕も数年前までは、役者としての木村拓哉については多少なり偏見あったかもしれない、特に積極的に見ていなかっただけとはいえ風評に全く侵されていなかったかと言えばそれは嘘になるかもしれない。しかしそれが偶々内容に好奇心ひかれて観た安堂ロイドで『積極的に見たい役者』になったのだ。



ここで、予告編を繰り返し見ているうちに発見したこと。


ほらね?前に言ったとおり、そういうとこ期待を裏切らないでしょ(笑)もうちょい分かりやすく言うと、「二時間に纏めるためストーリーは大きく改変しても、小道具的な見せ場いわば必殺技的な部分は異様なマンガっぽさ(←好意的に)でもって再現して見せてくれる」ってことねw

たとえばこれもそうだね
C38WWPDVUAEZBS4

すととととととんっ!



【映画「無限の住人」沙村広明が「これ以上のものが無いと言い切れる」と太鼓判】

もちろん映画だから「観てみないことには」だけど、少なくともビジュアルは、変な色眼鏡を通して見なければ「現状そうだな」と納得の次元だぜ(・ω・)僕は裸眼で見るぜ。

そりゃあ読者各々の中にイメージが在るもんだから「この人はちょっと違う」とかあって当然なんだけどね、僕にだってある、名を挙げはしないけど「○○はもっと他にいたんじゃないかな」っての現時点ではあるし。でも(・ω・)僕は実写だからとかキムタクだからってなとこで色眼鏡な脊髄反射はしない。

なお、「現時点では」って言ったのは、実際に映画を観たら「いやーよかった!」ってなるかもしれないからだ(・ω・)そういうの往々にしてあることだからね。

今一度、主役に関して言うと。万次=木村拓哉と聞いた際「マジかよ!!キムタクが演ってくれんの!!?」と僕は興奮し「現状誰より適任適役かも」とも思ったクチ。むしろ、もしも他の誰か(よく知る顔)だったら「うーん」だとか「いやそれなら○○さんのほうが」だとかきっとムダに想っただろう(笑)なんていうか『不測の事態』ってカンジで驚きだったね、好い意味で(そのへんの『理由』は改めて綴るのも面倒だから"一連御参照")



【キムタク、血まみれ!『無限の住人』MIYAVIが主題歌】
ああそうそう、昨日はトレイラーに興奮するばかりで(笑)触れてなかったけど、僕も"その道の端くれ"として、MIYAVI氏について少し触れておこう。もう十年以上前の話だけど、初見は(外見と名前から)「またV系か」くらいだったのね、当時ってビジュアル先行型がウジャウジャで辟易してた頃だったから。けど実際にプレイ見て「あ、こりゃカッコだけじゃないわ」と、「誤解してすまなんだ」と(笑)彼は"本物"だと思うよ。


なお。


俺どんだけ好きなんだよ司戸菱安

てか、まあ、そんな予感もしてたけど、やっぱ偽一っちゃんは顔見せ程度の登場なのかなあ(´・ω・`)トップにいないもんね(百淋いるのに)…で、偽一をさしおいてまさかの??wwwww(ほんとどんだけ好きなんだよ)

や、あの偽一っちゃんめっちゃカッコいいから見せ場を望んでるんだけど。

それと天上天下←