2017年08月28日

今年もやります(ました)

そういやマラソンランナー()は発表されたんか?なんか引っ張ってたけども(``)ついに事前から数字稼ごうとするか…と、その釣り根性がいよいよ気に入らんので一秒たりとも見ないことにした、ひょっとして慈善と事前をかけた小粋なチャリティージョークなの?くらいに思った(というのは嘘だ)

まあハナから誰でもいいっていうか企画そのものまったくもってどうでもいいけどね、どうでもいいね!だけどね。自身の本道本懐と関係無いことやってるさせられてるヒト見て感動するほどアホでもなければサドでもないわ(``)それが「頑張る姿」?おかしいわ

まあ、そういう歪な根性論というか、やりたくありませんと断れん空気とか、「ああ日本社会の略図だな」とは思いますわ(意味深)

セツ子それ頑張りちゃう我慢や辛抱や!と小一時間諭したい(``)脇目もふらず直向きに己が道を突き進む姿にこそ本当の本物の感動があるんやで、すなわち『邁進』や。脇道逸れて苦しむ姿見て「感動」とか、なんかいろいろ気持ち悪いわホンマ。

なんとなーく共通点を感じるわ(``)歪んだ美徳観

なお、これはもうテンプレにしよう



翌日

【24時間テレビで「私は実の母じゃ無い」と告白させる企画に批判殺到】
有言実行して一秒たりとも見ていない、見ていないのに批判だけはするってのもアレだなーと我ながら思うけどそれでも敢えて言おう、本当に気持ち悪い番組に成り果てたな。なんかもう出演者もさ(``)たとえ"仕事"でもこんなんに「感動しました」だの「心震えました」だの言ってたら感性疑われるよ?むしろマイナスイメージになるよ?とすら思うんだが…


【日テレ「24時間」歴代2位視聴率に局関係者も驚き】
この数字が本当なら「皆なんだかんだ言いながら見てる」に他ならず、低評価押す/批判コメするために開くYouTube動画と変わりない"アンチは養分"の構図(僕は一秒たりとも見ていない)

これで完全に来年も継続決定だな(笑)つまるところ中身に対する評価はどうでも、数字だけが物質的評価の対象だもの(・ω・)エンドレススパイラル

思えば珍しい事だ、テレビ点けていながら、ながらテレビしていながら、24時間(以上)日テレを見なかった/或るチャンネルを意識的に選ばなかったのは(笑)

「数字は正義」だからな。たとえどんなに低俗でも低次元でも、クソであろうとゲスであろうとも、数字を獲ってしまえば「成功」と見做され、以後それに倣う、それを"有効"と据えた姿勢が醸成されていく。その様にして凝り固まり或る種「傲慢」へと変じた結果凋落した局があったが、日テレは大丈夫か。

そう思うと"ユーチューバー"ってまるで「縮図」だよな(・ω・)いや拡大図か?まあどっちでもいいしどうでもいい