2017年11月09日

神社仏閣とか

多くの人間その想いが交錯している以上そういう場所ってむしろ吹き溜まりとも考えられるのだけれど(笑)それを包んで上回る独特の澄んだ空気を感じるのは事実(・ω・)ヒトだからこそ、俗世と隔絶された境界面、そんなものを感じるのかもしれん。


慣れてしまえば、それがたとえどんなに変わった環境であろうとも結局「日常」だ。幼い頃は日常が新鮮の連続だった(・ω・)非日常を感じることは童心的清廉を取り戻すことに繋がる気がするのだ。で、それは、別に遠出などしなくとも、わりと身近な場所でも出来るのだ。

実は自分探しなんてどこでも出来るのだ、何しろ何処に居たって、此処に至って自分は自分だからな。

何事も、お金よりも時間をかけたほうが、よりよい。まあ悲しいかな生きるという事はその二つを天秤にかけ帳尻合わせ仕合わせしている様なものだけど。しかし少なくとも物事の習熟成熟において、大枚はたけばその時間をも短縮出来るなどという考えは愚かで浅はかだ。「時は金なり」これをどう捉えるか。


や、なんかね、「キミ、それ騙されてるよ」って言いたくてね(意味深)そりゃま、大枚支払うことで(或る意味「元をとろう」と)必死になるってのも、あるとは思うけどね(・ω・)しかし、そうでもしないと必死にならない/なれない程度のことならば、もうハナから「止めておけば?」とも思うのだ。