2020年04月22日

サボりすぎたツケ

諸々溜まりまくってるんだけど取り合えず最近の、主だった音ネタをザッと纏めておくことにする。

各詳細(と呼べるほどのものか怪しいけれど)は、それぞれツイートのツリー上にあると思うので、そちらを御覧いただきたい(手抜きをしてすまない)。


追記
ツイッターのツイート埋め込みが上手く機能してない模様、ココ(livedoorブログ)のせいなのかツイッター自体のせいなのか・・・まあ、どちらにせよ、ちょっとツイッターとは距離を置くつもりである。このところ目立って多い不具合のみならず、個人的にも色々不満つのってる(お察し)その上このご時世、今のあそこは精神衛生上きわめてよろしくない、いやマジで。それが今ここへと戻った理由でもある。














これについては、少し。
古くからあるいくつかのアイデアを試しに組み合わせてみたもの、そのうちキチンとした形にしたい(アイデア個別に語りたいことは色々とあるのだけれど、それはその時にでも)。








これはね、なんということはない、「あの有名なキメフレーズをハモる」っていう、それだけ。練習(?)中によくやってた遊びのひとつをちょっと録ってみたというね。なお、これとはまた別に「自己流アレンジでカヴァーしてみたい」と昔から思っていたりもする、あくまで未定だけど。イングヴェイの曲に関してはそういう想いがいくつかある。









↑の竈門炭治郎のうた同様、突発的なもの。なお、これをベースに一曲でっちあげてみようかと思ったり思わなかったり。




PERSONA2最近またプレイ始めて「ああそうだ!これ好きだったんだよ!」と。


これは、そのオマケ。



そして、↑からの流れで着手、勢い通したのがこれ。大好きな曲でね、いつかやろう、やりたいと、ずっと思ってた。

最後泣きそうになってしまったのは僕のノスタルジア。このところ続けざまに大林監督作を再見したことの影響もあるかも。個人的ハイライトはギターソロ。原曲では"打ち込み"で、ギター実機/人が弾くことを想定して作られたのか判らないけど、とてもよく出来ててね。それを極力忠実に、且つ、人間ならではの醸しを。



原曲(ギターソロあり全長版)上がってたので貼っておきます(※PC版につきエロ画像あり注意)





以上!

駆け足のうえ雑もいいところでまことに申し訳ないのだけれど、ひとまずこれでご勘弁を(サボりすぎたツケをヒシヒシと感じています)