Twitter不定期まとめ(抜粋)

2017年01月25日

ああ!!あああああ!!こんなんありかよ!!!

多少のネタバレ含む雑多なシンゴジ関連発言 on Twitterまとめ、その4。

【東宝はなぜ『#シン・ゴジラ』を庵野秀明氏に託したか】
「女性とか子どもとか意識しない」←少し前この点に関し言及したら女性から「差別的」みたいなリプ飛んできた事あったんだけど…どれだけ「優遇」されてるか認識無いんだなと残念に思った(笑)

このときね。




【庵野秀明監督、シンゴジラ制作の東宝にブチ切れていた】
やっぱ今の上層部の無能っぷりはガチなんだな知ってたけど(ここまでの一連他御参照)。シンゴジには"自主制作映画"の香りが在るんだよな勿論好い意味で、ルーカスの私作品だったかつてのSWの様な(★)

それでも結局は作家に対し折れただけ今回の事で進歩したのかもな、そう願いたい。如何に商業とはいえ「今こういうのがウケる」ばかりで物作ってたら文化は暫時矮小化していくよ、何もかもを凡人に合わせてたら。送り手は凡人を釣り上げるのでは無く「引っ張り上げる」くらいの志し、傲慢さを持つべき。

「こうしておけばあいつら喜ぶだろ」みたいな或る意味客をバカにした物作りしちゃあダメだよ送り手は、そういうのが『子供騙し』ってもので、すると客は成長成熟しない→以後繰り返しで互いに水準低下していく。このサイクル/スパイラルを #エナジードレインの応酬 と言う。







【余談】


そう、それでこんな妄想をしたって話w



(★)







ed209 at 12:44|Permalinkclip!

私は好きにした、君らも好きにしろ

多少のネタバレ含む雑多なシンゴジ関連発言 on Twitterまとめ、その3。

この際だからシンゴジ否定派について言及しよう。絶賛の一方で、おそらく『アンチ』と呼んで差し支えないほど荒れてる向きも在るだろうなと思う、それこそ「冒涜だ!」ってな感じで。また、ことさら必要以上に「エヴァ」という"偏見"を端から持って当たってる向きがあろうことも容易に想像がつく。

僕個人は、そういう態度って、ぶっちゃけ「くだらない/つまらない思考停止と色眼鏡だなあ」と思う(・ω・)すまんけど。物心ついた時からゴジラ好きで、初放送時からエヴァ好きでもある僕にとっては、もう単純に「旨味しかな」かった(笑)さらに言うと、これまた"必要以上に"エヴァに関連付けたがってるご新規さんのことも気に入らないんだろうね、いわゆる「ニワカどもが!」な感情で。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。よくアニオタドルオタって批判されてるけど、特ヲタってのも、子供じみててタチ悪いの多いからねえ…僕が言うのもなんだけれど←

まあ、「ボクが一番詳しい!ボクが作ったほうが絶対イイ!」っていう幼さ(・ω・)で、それまでクサしてたものを手のひら返して上げてでも今を叩こうとするのも、これもう昔から、伝統行事みたいなもんだから(笑)かく言う僕は初ゴジ原理主義者(自称)だけれど。なにしろ、過去に凝り固まり取り憑かれて新しきを楽しめない人生なんて、実につまらない(・ω・)それは「拘り」とは違うなあ、「可哀相」とすら思う。温故知新という言葉があってだね(ry

ああ、そうだ。音楽に関しても「エヴァの使い回しだ!」などと憤ってる(叩き材料としてる)向きを見かけたのだけれど、それ言ったら伊福部音楽も使い回しだよね、むしろあっちと違って新録さえしてないんだし(・ω・)ていうか鉄人28号白昼の残月における伊福部音楽の流用は絶賛してたような。

まあ、つまりだね。内容云々さて置いてとにかく主にエヴァ(と、その世代)が気に入らないんだろうなって感じ(笑)そういうの(´・ω・`)同じオジサンとしてオジサンは悲しいのです(まゆしぃ調で)

なお、以前も書いたが、僕はシンゴジ=「エヴァっぽい」ではなく「庵野世界」だと思っている、作家性・表現手法ね(※)で、"それ自体が口に合わない"ってのは、もうしょうがないよねってハナシ。

※それ故に。エヴァ好きでもあるけれど、殊更にエヴァと並べこじつけ語る方向は好まない。





【庵野秀明監督に聞く・動画付き】シン・ゴジラで重ねた無理とは?
>>ストレスだったのは、「主人公の恋人や家族の問題などの人間ドラマを入れてほしい」という、プロデューサーの要求でした。
アッハッハ。゚(゚´ω`゚)゚。もういかにもな話




作家に「ストレス」と言い切られてて草。いやもうホンマに『泣ける商法』に浸かり染まりきっとるんやな上の方(・ω・)「気持ち悪い」←


活動停止したゴジラを超鋼製拘束具で覆い封じる作戦、通称『石棺』を実施するも(中略)鋼の鎧を纏い再び動き出したその姿は、さながら機械仕掛けの神、デウス・エクス・マキナであった…

…という『シン・メカゴジラの逆襲』が進行中(僕の脳内だけで)





ところで。思わず口にしたくなる、口にするだけで何だか心躍る、そういう意味での今年の真の流行語は『無人在来線爆弾』だと僕は思うのだ(`・ω・´)なお、次点:『ケルヒャー』

すなわちシン・流行語(自分の中で)





というわけで、ゴジラ対バケットホイールエクスカベーター(長い) #雑コラ
CziNfn4VEAArPCD




その4へ、つづく。





ed209 at 12:28|Permalinkclip!

八塩折之酒

多少のネタバレ含む雑多なシンゴジ関連発言 on Twitterまとめ、その2。

【ゴジラ:初の劇場版アニメに!「まどマギ」虚淵玄の脚本で17年公開】
これは意外な展開、意欲的だな東宝。ゴジラには伝統芸能というかバイブル的な呪縛の様なものも少なからずあって。冒涜紙一重で見事"新約"せしめたシンゴジに続く革新成るか。

原点回帰的なのに冒涜紙一重とはどういうことか?それは(・ω・)ネタバレ無しで語るのだいぶ困難だから今はカンベンしていただきたい。まあ…例えばジーザス・クライストを「いち人間」として扱い描いたら、それはもう物議を醸したわけですよ教圏じゃ。でも神性ってのは感じさせ方(描き方)次第でもあって、つまり俗世と属性は並び立たたずってものでは無…だめだネタバレ避けようとすると妙な禅問答じみてくる(笑)


昨日ちょうど考えていたのです、ゾク・ゴジラ云々(・ω・)あれだけの物創られたらそりゃ「もういっちょ頼む(期待)」って気持ち解る、でも庵野氏の作家性を想うとそれ実現難しそうって思ったり、しかし他の誰かにあの続き作れってのはあらゆる意味で酷だし観たくもないような…とかね、グルグルと。

そんな風に考えていて行き着いたのは「あの続き(もしくはあの路線)で無い物ねだりをするくらいならばいっそのこと『ゾク・ゴジラ』でいいんじゃない」だった、「俗」ね(・ω・)つまりファミリー向け路線てこと、べつにネガティブな意味じゃあなくてね?むしろ本数的には主な在来線←

と、そんなところへ出てきたこの話題ゆえ(・ω・)「そういうチャレンジもアリだよな」と思うのでした(わりと好意的に)正直なところ。あれは現実の投影だから、あの路線であの次元の爆発力を期待した場合、また何か未曽有の事態が現実に起こりでもしないとね(それはまっぴらごめんだ)みたいな(・ω・)そんで「もしも再度やるなら今度は対決ものやりたいんじゃないだろうか?」なんてことも想う。出し切ってるもの。ていうか「対決ものってことならいっそウルトラやりたい」って想像もする(笑)…や、今回の成功を見て円谷が働きかける可能性もゼロでは無い(妄想)

広義にはウルトラさんも「巨大不明生物」だものね(笑)劇場版ULTRAMANとかそれなりリアル寄りだったけど、ファンタジー色を完全に排したSFシリアスだとどう扱われるのか見てみたい気もする、観てる側にも誰(何者)なのか全くわからないってミステリー調で。…でもその線だとほぼ平成ガメラの焼き直しになるんだよなあ(没)


DVD/BDの特典で新撮映像『巨災対のいちばん長い日』とかやってほしいな。リアルなポリティカル要素が特筆されがちだけど、明快スペクタキュラーな娯楽作としても楽しめるし、怒涛の会話劇(笑)として見ても面白いのがシン・ゴジラ。






「民間の描写が少ない」とかいう論評がちょいちょいあるけど、あれはつまり「現実」を突きつけてると思う(・ω・)実際には民間人に手出しなど出来ない、絵的にも怯え身を守るくらいなのだ。ハリウッド映画的な、事態に直接関わる偶然の英雄に目が慣れ過ぎてるのかもね(と思う)それこそギャレゴジなんかも、モロそれだったしね(・ω・)民間人にあらず軍属でこそあるけれど、つまるところは彼のダイハードっぷりが全編の大半を占めてたものね(笑)

昔からディザスター映画の多くは、共感し易い即ち「一般目線」に近いところに視点を置く傾向があって。それはかつてのゴジラ映画でも見受けられたもの(如何にして(民間人を)事態(ゴジラ)に関わらせるか)。そこを敢えて、"311という現実"を経てバッサリ削ぎ落としたのがシン・ゴジラかなと。

★ここでひとつ自薦、あわせて読んでもらえるとありがたい。
【ディスガスティングディストピア】




【「カラー10周年記念展」フォトレポート(ネタバレあり):シン・ゴジラ“形態変化”は「東宝さんに嫌がられました」庵野監督が語る裏話】
だろうなあ、既存の"歴史"からすれば「冒涜」ものだもの(笑)だがそれも出来栄えでねじ伏せた(喝采)

言わば(少なくともイメージを)根源的に覆したからね、「私は見た!確かにジュラ紀の生物だ!」に始まり連なった、ゴジラ=恐竜の生き残り伝承。

いやあれは本当に衝撃だったよ、川遡る背鰭で完全にヤツだと思ってたら「え…な、なんかキモいの出てきた!なにコイツ、もしかして敵怪獣?これって実はVSものだったの!?」って激しい困惑を楽しめた、情報完全シャットアウトしてたおかげ(笑)なお、そこからの急速進化で更に衝撃受けたのは言うまでもない(言ってるが)そりゃもうオジサンにしてみりゃあ(・ω・)ゴジラという常識・固定観念をスコーン!と覆された思いだったさ(好い意味で)

なお、シンゴジから入った若い世代が初代観てジュラ紀=200万年前と覚えてしまいやしないかとオジサンはちょっぴり心配している(笑)

え?「それ以前にイグアナがあるだろ」?なにそれ知らない←



その3へ、つづく。




ed209 at 12:07|Permalinkclip!

無人在来線爆弾

その「健気な活躍」ね。あれホント熱いのよ、見ようによっては「かわいそう」にもなるかもだけれど敢えて訴えたい!これまでの歴史上もう踏まれたり掴まれたり咥えられたりばっかだったのがね…遂に一矢報いたわけですよ!戦友なわけですよ!(`;ω;´)ゞ敬礼!あれって昔の男の子なら一度は"そういう遊び方"したと思うんですよ、ソフビ怪獣やら相手にね。だから、めっちゃロマンティックなんですよあれは、もう泣き笑いするくらいにw


と、そんなカンジで多少のネタバレも含みつつ時系列的に
しかし雑多に、シンゴジ関連発言 on Twitterまとめ。


(製作発表/公開前)

2011年3月。大地震に伴った例の件をテレビで目の当たりにしたとき、僕は「ああ、もう日本でゴジラを作ることは出来ないかもしれない」と思った、マジでそう思った。と同時に、「ならばこそ新たに示すべき」とも思った(・ω・)お察しください

ところでこの題名『シン・ゴジラ』、新とか真とか神とか色々あるけれど、僕は勝手に"Sin"と解釈していたりする(・ω・)罪科

「怖い」のは本来当たり前として。グロいとか言われてるけど、めっちゃカッコいいじゃあないか!あの発光でバーニングゴジラと比して云々もされそうだけど、個人的にはGMKゴジラのゾンビ感を押し進めた様なというか、血みどろ感。また、生頼ゴジラ(1984のポスター)を彷彿もした。

一見さんおことわり的な悪マニアみたいなうるさいこと言いたくはないのだけれど、どうしてもこれだけは言いたい。「新しいゴジラ死んだ魚みたいな目なにあれ」とか言ってる人って恐らく第一作観てないんだろうな(´・ω・`)ヘタするとGMK白眼ゴジラすら知らないんだろうな。なんでよく知らんものにわざわざ難癖つけるのか、ツイッターらしいっちゃらしいが(ほめてない)

不安が無いわけではない(・ω・)それはもう色々とある。しかしとりあえず「カッコいい絵」を見せてくれるだろうって点に限っては何の不安もない、「特ヲタの琴線に触れる絵」と言ったほうが正しいのかもしれないけど。

どこまで踏み込んでるのかなあ脚本。ゴジラ本来のディザスター属性それを語ること自体がタブーみたくなってるからなあ今(お察し)そんな今だからこそって思うのだけれど(それが出自であったわけで)でもあの予告観る限り、そのへん真っ直ぐニオわせてるように感じた、人間パートの現場の見た目が"当時"をとても彷彿させた(お察し)

不幸にも生まれてしまったこの国でゴジラは再び生きられるのかその存在を許されるのかって話よ、皮肉皮肉アンド皮肉な現実と虚構のクロスオーバーよ(・ω・)個人的には、気遣いの為に自罰さえできなくなったら「終わり」だと思う。

もしも現代だったら、あの時期ガメラもvsデストロイアも、公開差し止めまでは行かずとも非難の憂き目に遭ってたかも、なんて思うことがあるのだ(・ω・)わかる人はわかると思う、それくらい今は「腫れ物に触るよう」なのだ。

★ここでひとつ自薦、あわせて読んでもらえるとありがたい。
【ディスガスティングディストピア】




よもや公開後
「感動しました!」
「すっごい迫力があってぇー」
「ゴジラ、さいこぉーっ(はぁと)」

…みたいなCM、やらないよな?ゴジラに限っては(`ω`;)まさかな(不安)


(以下、公開後)


その最期、芹沢博士は言いました「幸福に暮らせよ」と(・ω・)色々あるけど大変だけれど、だからこそ、いまシン・ゴジラを観ることが出来る、それは幸福です。敢えて呼ぼう、この時に生き居合わせたことを"幸福"と。 日本よ、これが「必見」だ。 #シンゴジラ

僕が「ゴジラ(1954)をリアルタイムで観られた人、羨ましい」と思ってきたように未来の誰かが必ず思うだろう「ゴジラ(2016)をリアルタイムで観られた人、羨ましい」と(・ω・)だから悪いことは言わない、劇場へ行くんだ。





公開前というか(製作が)決まった時点で不安視したのは、そりゃ内容はもちろんだけど、生粋のゴジラファンとエヴァファン言わば庵野新規がヘンに衝突しやしないかなって事だったんだけど、蓋を開けてみれば概ね(?)仲良く楽しんでる様で、それがまた嬉しかったりするのですよおじさんは(´ω`*)

まあ勿論ね、中には居ると思うんですよ新規を快く思ってない向きも、ぶっちゃけ特ヲタってのも一部鉄ヲタの如くかなりアレな人はいるから。でもそのタイプはどうやったってボクが一番わかってるんだ!的で、決して満足することはないし謎の無敵状態な人なので(笑)新規の若人にはあまり気にしないでもらいたいなとw

ただし。エヴァと並列的に考察というか結びつけようとしてる向き数多だけれど、僕は、そこは「ファンサービスサービスぅ!」くらいに捉えおいてる、僕自身エヴァヲタでもあるので、エヴァ好きが深読み好きなのは重々承知してるけど(笑)だから「エヴァっぽい」というより「庵野秀明だなあ」ってこと。

それこそが作家性ってやつであり、つまり『庵野秀明の世界』ってことだと捉えてる、舞台や設定が直接的に云々ではなくてね(その上で、次回エヴァには逆にシンゴジ観た人がニヤリとするようなエッセンスが現れてもくるかもなあなどとちょっぴり楽しみにしてたり)


こんなご質問が僕のところに寄せられていたので、ここにも併せて。

Q シン・ゴジラに興味深々なんですが、ゴジラシリーズを見たことの無い僕でも大丈夫でしょうか?

A ぶっちゃけ「シリーズ」と言っても作品ごと独立してるようなもの(時には「リセット」さえしてる、今回もそう)なので、鑑賞に当たり連続性を気にする必要は無いと言っても過言ではない。なので、問題ない、それどころかあれで初体験というのもある種の幸運だと僕は思うくらいだ、是非!

だから「シリーズ」つってもね、寅さんとか釣りバカみたいなものと思っていいのよ。って言い切っちゃうと、またぞろ一部のうるさ型マニア(自称)がグジりそうだけど(笑)

や、マジな話、そういう一部ファンが醸す「一見さんお断り」的な排他性(自分を優位とする態度)が、特撮モノをニッチな市場へと結果的に追いやってきたって側面もあると思うのよ。例えばさっきのような質疑応答にしたって、あそこで早口で知識まくしたてられたら「あー…」って萎縮しちゃう(ハッキリ言うと"ヒく")って(笑)

近ごろよく話題に上る一部鉄道ファン然り、必ず存在するんだよね、そういう、「結果的に愛情の対象の足を引っ張るファン」て。たとえば現場で勝手に自分たちに都合よく場を仕切り始める○ートルズや○トーンズの自称古参直参とかさ(お察し)ぶっちゃけ言うが、そういった彼らはだいぶ精神性が幼稚だからね、「ボクが!ボクが!ボクが一番わかってるんだ!」って、たとえるならば、まだダメ坊だったころのアムロ・レイみたいなもん(・ω・)大きなお子さまなんだよ。

まあ、自身の能力特技、その部分においてはそれくらい傲慢だっていいとすら思うけれど(自信てことだから)ね、腐ってもアムロには実力あったしね(笑)だかしかし他力、他人の功績に寄生し依存してのそれはね、「僕の友達のお父さんが社長(ドヤァ)」並みの空虚。


ところで。シン・ゴジラを「国策映画」などと評し真顔で訴える向きの存在というのは「極度に偏った思想は鑑賞眼をも曇らせ歪ませる」という事がよくわかる事象(・ω・)まあ予測の範疇だったわけだけれど、実際に現れると失笑を禁じ得ない(笑)

や、マジな話「それ一体どこをどう観たの?」ってカンジだよね(・ω・)ネタバレになるからふせた書き方するけれど、では何故"あの人たち"は○国の決定に憤りすら見せ「なんとしても"それ"だけは使わせない」と必死だったんですかねえ?ってハナシですよ。その様はいっそ「中立的」でさえ在る。まあ何せ偏ったものの見方(解釈そして利用)しか出来なくなるってのは怖ろしいことだ(・ω・)そういう残酷なテーゼ←

つまるところ「逆張り」でしか主張も定立も出来ない、それを自ら晒し上げてる様なもの。それまさに文字通り「極端」ということ。中庸を「どっちつかず」とか「ノンポリ」とか蔑んで悦に入るくらいしか自己確立の術を持たないのだろう(・ω・)"アンバランス"を賢しらに振り下ろされてもね?って話。

なお、また一方で





とりあえずここで一区切り(つづく)

ed209 at 11:49|Permalinkclip!

2017年01月24日

りふらふ




9ceca4c4

b6e11e36



なお、詳細解説(?)は、こちらで。


【追記】
せっかくなのでYouTubeにも上げました
(当然の如く動画品質はこちらが上)





ed209 at 20:34|Permalinkclip!

2017年01月19日

???「自分さえよければいいの」

【「森のくまさん」の替え歌 販売中止求める | NHKニュース】

替え歌って子供が勝手にふざけて歌って都市伝説的に廻るレベルに留まるべき物だと僕は考える。原作著作者の着想や意図を著しく損ねる様な改変を商用とするのは好きじゃない。例えば、表現の自由とか言うけれど、それは所詮他人の褌だし、事によると作者の意志尊厳を傷付ける場合があるからね。かつてあった替え歌ブームや、古典にヘンな歌詞つけて用いてるCM(これは今でもよく見かける)なんかも昔から好きでは無い、「そっちに引っ張られてしまう」からね。

更にまた例えば。とある『真面目な動画』が在るとして。そこに面白可笑しなコメントが流れると、それに引っ張られる視聴者が現れる。すると本来の意図(作者の意志)からかけ離れた『お笑い動画』へと変じる事も起こり得るのだ。こう例えるとわかりやすいんじゃないかな現代的には(★)

すると、かのトッカータとフーガだって『チロリーン!鼻から牛乳〜』という認識になるわけである。や、"楽しみ方は人それぞれ"とか言ってもね、もしもバッハが生きてたら決して気分よくは無かったと思うよ(笑)それこそこの作者氏のように「やめてくれ」と訴え出たかもしれない(・ω・)そこが尊厳

そもそもこれの場合、おうかがい立てたまではよかったけれど、許可が下りなかったのに勝手に発売しちゃったんでしょ?そりゃあ論外ってもの、怒って当然だと思うよ。

だから、"人それぞれ"とは、個人レベルに留めておくべき、ということ。原典に敬意を払っていない改変を大々的に広告布告するのは原典に対する侮辱となり得る、ましてや、それで物質的利益を得ようというのは品位を欠いた行為だと僕は思う(・ω・)ついでにこれは礼節をも欠いてるよね。

だから僕はカヴァーアレンジに際しては、努めて「真面目に」取り組む(茶化さない)ことを心掛けているし、それについては金銭を頂かないとも決めている(・ω・)勿論、如何にそう努めたところで感じ方は"人それぞれ"だから、理解されない事もあれば「冒涜だ」と受け取られる事もあるだろうけどね。


ついでに言うけど、"マジ"を茶化して笑いをとるって風潮、好きじゃあないんだよね。こと近年のテレビってそんな感じ(・ω・)「イジリ」とか言ってね。その場を席巻してる人々の落とし処が「笑い」そこに帰結すべき立場の人達だから仕方の無い潮流なのかもだけれど。かと思えば「泣ける〜」って(・ω・)もうその0か100の二択ってかんじ、テレビが躁鬱化してるみたい。ちょいとウンザリなんだよね。

★ちなみにこれは「ニコニコ動画を利用しなかった理由」である。ごく初期はまだしも、低年齢化始まってからはもう、そういう危うさを酷く感じたんだよね。もちろん「性に合わない(領域が違う)」って直感もあったけど(笑)なお、当時「性に(肌に)合う」と感じていたYouTubeも"今は昔"である(お察し)


閑話休題。

ここで漸くこれである、レス番 >>27 をご覧いただきたい。
【「森のくまさん」パロディ曲、作詞家が著作権侵害を主張 芸人のパーマ大佐らに300万円請求】

つまり本件『コバンザメ同士の図々しくも矮小な争い』という可能性(・ω・)それはまるで近年のユーチューバーを筆頭とした跳梁その映し絵の様だ(これを言いたかった)

冒頭から滔々と権利者保護養護の立場で綴ったのは、敢えてのこの為だ(・ω・)不当を糾弾するには先ず己が正当性を示さなくてはならない。というわけで、この自称権利者もまた相当に胡散臭いわけだ。それこそ作者不在(不詳)であれば「何とでも言える」というわけだ"替え歌"よろしく。

(ちなみに。あまり知られていない様だけれど例の『○の風』実はあれもまたかなり胡散臭いんだよね(・ω・)知りたければ勝手にググッてほしい)


著作権の脆弱性というか、そこにワラワラとタカる輩の存在。これ、こうした個人間(と敢えて言う)レベルだけで起きてるわけじゃなくて、企業を騙る次元の輩も存在するからね、気をつけたほうがいい。たとえばYouTubeでカヴァー動画を上げる→権利者を名乗る者(社)が収益の分配を要求してくる(※この段階では収益の有無(設定の可否)は関係無い)→ホイホイと了承すると全くなんの労も払ってない輩に分配金が…というシステム(・ω・)だから相手をよく調べたほうがいいよ。

ていうか、そういうのを承諾/野放してる運営が先ず問題なのだが(笑)まあ最近は努力したのか減ったみたいだね、あんまり見なくなった。一時期凄く多かったからね、架空の権利団体、一度なんか僕のオリジナルに対して権利主張してきたアホもいたからな(笑)YouTubeに上がってるのはコピー/カヴァーばかりとでも思っていたのか、はたまた無差別絨毯爆撃していたのかは知らないけれど(・ω・)まあさすがに一蹴でしたわ。

なお、転売屋ならぬ転載屋(・ω・)これまたコバンザメの典型だね、まあコバンザメはお掃除屋さんて側面もあるからありがたかったりもするけれど、アイツらは何のありがたみも無い(笑)いわく「広めてやってる」とか言うけれど、だったら元のリンク貼るなりすればいいことであって(以下略)


とまあこういうこと言ってると「そんな気にせずとも」と思う向きもあるだろう、こと物作り的な事に拘っていなければ。でも例えば、あなたの発言がRTやらじゃなくコピぺ(所謂パクツイ)され、あまつさえ余所で大反響呼んでたりしたらどうだろう。そう想うと少しは御理解頂けるのではないか。何か作品を発表→それをパクられたってまでの経験をした人はそう多くないかもだけど、パクツイで嫌な思いをしたってな人はそれなり居ると思うんだよね(・ω・)「手柄を盗まれた」じゃあ無いけれど、まあそんなカンジ。

どっかで拾った"受け売り"を、さも自分のオリジナル発言かの如く披露して、それが大量にイイネされてたりって光景、たぶん日常茶飯事だと思う(笑)で、それはツイッターに限った事じゃあ無い、そういう現状。何しろ他人に対する敬意が無いんだろうね、"自分さえよければいい"の。

この風潮、誰でも『数字』を得られる可能性と共に加速度的に増した様に思う。それはたとえば人数だったり金銭だったり色々だけれど、それありき・それが為に行動するってのは、美しくは無いよな。可能性それ自体は、悪い事じゃあ無いんだけどね(・ω・)結果、跳梁跋扈に成り果てるってのは、何とも。

「正直者が馬鹿を見る」とは、よく言ったものである。まあおよそ欲は欲をかかなきゃ充たせない、例えばお金にしたって求めるからこそ懐に呼び込めるものであって、そういう意味では彼らは自分に正直なのだろうけど(笑)僕は好きには成れないし、成りたくないなあ(これが貧乏性というやつか)向上心と上昇志向を履き違えたくは無いよね(・ω・)一芸と一発芸を混同しない程度には


今の。人によっては「特定の誰かを暗示している」とか思われそうだから言っておくけど、ピコ太郎のことじゃないよ(笑)や、だってあの人は"オリジナル"じゃんか。面白いかはまた別にして、その一点だけでもう一定の敬意を持ってるよ。

この際だから記しておこう。僕がPPAPを見た時の感想は「あーなるほど外国(こと英語圏)の人には面白いかもね」だった。ゆえに(英語力平均激低の)日本で面白さってわかるのかな?とも思った、ていうかぶっちゃけ「本当に面白いと思ってるのかな?」と、いまだ懐疑的だ←

で、個人的には、その後に見たグラサンのやつ(トントンてやつ)のほうが単純に、悪い意味でなく「くだらねーwww」って可笑しかった(・ω・)平均的日本人にはこっちのほうが"向いてる"んじゃないか?とも。

権威が「良い」と言えばそれに倣うのが日本の悪い癖だからな(意味深)

とまあそんなかんじ。穿ったこと言うなら、「変に方向性揺らがない様に活動続けてほしい」と思う。あれだけ大きくなっちゃうと、様々な"狭間"で迷いも生じそうだからね。初心忘るべからず、妙な色気に惑わされること無く、元通り、ただやりたいことをやっていただきたい。

ついでに。

しかし、彼を起用してるCM群(企業)はアホなのかと思う。一様にPPAPのそれこそ「替え歌」だから、かえってどこのCMだったかそれぞれ印象に残らない事態になってる(笑)時の人を利用するなら好きにやらせてみるのも才覚だと思うがな(・ω・)もう皆顔は知ってんだし。もっと言えば、そういう使い方するから『一発屋』にもしちゃうんだよ、これはもう毎度そうで、"流行ってる"ネタばっかり、それこそ一発芸かの如くやらせて「それしか無い」ような印象を与えてしまう、悪い癖。まるで使い捨て前提じゃないか。


ところで『YouTuber』って一体なんなんですかね?てのは先日の電鋸男の「YouTuberナメとったらアカンぞコラ!」(笑)という迷言に思ったこと。例えば演劇音楽絵画etcなら方向性違ったり相容れなかったりしつつも確固たる其れが在るわけじゃないですか「旗印」として。 でも『YouTuber』ってのは、なんなんですかね?何/何処を目指してるんだろうっていうね(・ω・)自己表現?再生数?お金?チヤホヤされること?人を楽しませること?多岐に渡り過ぎっていうか漠然としててイマイチ見えないんですよね、旗印が。

ほんとあの発言は恥ずかしい、聞かされてるこっちが赤面するレベル。

かく言う僕、もう10年近く前にYouTuber(s)って形容を勝手に用いてたけど、それはもう単純に「YouTube愛好・愛用者」って意味だった。それが今や"運営発"でとんでもないことになっちゃって(笑)だから、ここに改めて言っておく、誤解されたくないから←




ed209 at 16:38|Permalinkclip!

2017年01月08日

余興




想像以上に潰れた(笑)ので、貼っておきます
※:8小節最後のE音(1弦12F)はG#音(同16F)に改訂

ed209 at 19:48|Permalinkclip!

2017年01月02日

何合戦をしてるんだ








−年は明けて−

トレンド上の「謎の演出」←これだけで「ああ紅白のことかな」と直感した。無節操なまでの他力本願流行全部入り(近年毎度の被災関連含む)"にした結果、散漫というか何を"謳い"たいのかよくわからない仕上がりだったな。歌が本旨じゃあ無いのか。

近年、歌/音楽そのものに付加する"小芝居"に比重を置き過ぎなんだよな、まあ紅白に限った話じゃあ無いけれど。音楽自体が持つ力から外れた背景とか後付けとか、とにかく共感商法じみた『エピソード』の過多。そんなことばかりしてるから益々音楽離れするんだよ(・ω・)純粋に音には触れてない。

それが証拠に(?)近頃の子って歌を評価する際「いい曲」じゃあなくて「歌詞がいい」ばっか言うしね(・ω・)売る側も『等身大の歌詞が共感を呼んでいる』とかそんなことばかり売り文句にしてる。歌曲の場合勿論歌詞も重要な要素だけれど、音楽の真実は、言葉では無く(言葉を超える)音そのものだ。

まあ、そんなんで「音楽に国境は無い」だとかカッコいいこと吹かすから失笑である(・ω・)歌詞(意味のわかる言葉)が無いと聴けない(聴かない)音楽通、という謎存在、更にそれに加え「支度されたドラマ」が付属しないと響かないってのは、もう音楽鑑賞からは外れてるように思う。

ふと気づけば肝心要の音そして演者の姿よりも歌詞テロップのほう追ってる(そして自分を重ねて酔ってる)なんて人もいそうな悪寒を覚える。例えるなら、目の前にある絵画をつぶさに観察するよりも、その傍らに用意された説明文のほうを注視しているような<★>。

ついでに言うなら、説明なんてのは「誰かの主観」だしね、たとえ作者自身によるものであっても。鑑賞は(自分の)直感的であるべき。


蛇足と言えば蛇足だが。

『ツァラトゥストラかく語りき』という有名な曲があるよね(・ω・)でもあれ、僕はちっとも面白い曲とは感じない。もちろん嗜好には幅があるけどね?これは、「そのいかにも高尚な感じがする題名に釣られてはいないだろうか?」ということ。そういうたとえ話。

ついでに言うと。

佐村河内、あの一件。『聾の作曲家』という看板いわば「ドラマチック」が無かったなら、はたしてそこまで評価された(した)だろうか?っていうね(・ω・)少なくとも、ウソだと知れた途端に手のひら返した様な人は、その実音楽なんか聴いてはいなかったってことだと僕は思うよ。

さておき。司会はプロに任せたほうがいいんじゃないかなもう。

ちなみに。タモリとマツコのあれ、個人的には嫌いじゃあないよ(・ω・)あの番組の中に挟むのは「必要か?」と、甚だ疑問だけど(笑)





<★>まあこれ伊福部先生からのウケウリみたいなもんだけれど(『音楽入門』読んだことある人なら多分わかるよね)、本当そう(歪んでいるなあと)思うよ(・ω・)なお、ツァラトゥストラについては奇遇、まさに「我が意を得たり」の感だったな。




ed209 at 09:32|Permalinkclip!

無能の人

【女Youtuberの忘年会、女の嫌なところがモロに出て炎上】

さておき。近年運営から「回る動画勉強会の誘い」みたいなの届くが、この特売チラシじみた下品なフォント使い大嫌い、進んでこうは成りたくないわ(笑)

『無芸大食』博覧会かな?
C0oHBOXVQAEtf82

でも、こういう(そういう)のが一般的には好まれウケるって証左ってことだよなあ(・ω・)と想うと、「世の中の8割はセンス無い人間、それを騙くらかして食ってるのが我々」という某元大物芸人の発言は真を突いてたなあと。

まあ、面白いとは露ほども思っておらず、言わば批判し貶す為にそこへと赴いてる向きも中には在ろうが(・ω・)それも結果としては、あちらの思う壷、敵に塩を送る行為なんだよなあ(だから僕は勿論(件の動画も)見ていない)。




この現状というのが日本の、つまるところ大方の『芸能・芸術』に対する意識の程度平均その表れってことだと思う(・ω・)ま、こんなもんやろな←

分母が大きくなると(単純に言えば「人が増えると」)、図抜けたものよりも自分でも何とか出来そう追いつけそうなものを讃え奉る傾向が加速するのは世の常か(・ω・)たとえば、それこそ女子が不美人を「カワイイ」と担ぎ上げ、自身の地位向上をはかるが如しである(辛辣)

寿司屋でシャリ残すのは無論バカだが、これもこれで「たいがいにせえよ」と思うわ(・ω・)

先日「若い女子の間で串揚げ食べ放題が流行中」とかTVでやってて(テレビの言うことだからどこまで真実かは知らんが)ダイエットとぬかして食べもの粗末にするアホより全然いいと思うと同時に「それ自体が目的にならなきゃいいけどな」という悪寒がよぎった。ネットで数字自慢するためとかさ。

まあ、例えば大食、例えば容姿、それらは言わば天稟で、それもまた一種の才能と言えなくはないけれども(・ω・)鳥が飛ぶのは当たり前なのでね。天賦に胡座かいてる人には何の魅力も感じないわ、 飛べない鳥が飛んだら「凄いな」と思うけどね。芸ってそういうもんだろ。 #たとえ話(なお。これを「じゃあ不細工は整形すれば凄いってこと?」などと思う程度にバカな人もいる(推測アンド皮肉)

それは、敢えて言うけど、努力の向きがおかしい罠。

ついでに言うと、「努力カッコ悪い」ってのは天才気取りな凡人、それ以下の逃げだ(・ω・)「これくらいやろうと思えばすぐ出来る」っていう、"すっぱいぶどう"だ。

「〜てみた」とかいうよくできた保険(意味深)

アツくなんなよwww本気じゃないしwww感を醸すのやめろや(・ω・)なあ




ed209 at 09:20|Permalinkclip!

2016年12月28日

それらしい ああ久しぶりに それらしい







彼の音って一聴すると強烈にドライブしてる様に思うけど、実はそんなに歪んでなくて意外やナチュラルなんだよね、でないと三和音(以上)がああは鳴らない←そのギリギリのセンてのが、ひとつの指針なわけです(・ω・)わかりますかね。

更に言うと、ハムなんだけど「ストラト(シングルコイル)っぽい」んだよね、少なくとも旧MUSICMAN以前はホントそう、好い意味で荒々しいの。

まあそんなわけでエディーと、特にBURN〜の頃のリッチー、そして事故以前のインギーのトーンてのは僕の中でHRギターサウンドの黄金律なのよ。

だからなのかどうなのか。近代的な、キーボードか打ち込みかみたいな『整った』音って、嫌いとまでは言わないけれど自分で鳴らしたいと思う音ではないんだよね(・ω・)偶発性信奉ってわけじゃ無いけど、野性的なエモーションを表すには不向きと感じる。

とは言え。最もモノを言う、トーンを決定付ける最大のインプットそしてアウトプットは弾き手自身/その在りようなんだけども。

なお。いわゆる「ナチュラルトーン」系でない、言わば"純然たるハム使い"には好きなのがいないのかというとそんなことはもちろん無い。リンチとかすげえなと思うよ(・ω・)あのオッサンはホンマクッソウマいで…

ちなみに。あのアンプ、5150ってやつ(今名前変わってるんだっけ?)あれ前に借りて使ったとき「いいなコレ」と思ったよ、ストラトとも相性よし(他なんも要らんな)と感じた。

ツヤツヤピヨピヨしたいわばロックマン(ゲームの話でない)とかメサブギサウンドの系譜とでもいうか、そういうのを嫌ってるわけでは無いのよ念のため。面白いなとは思うし聴きもする、ただ自分の音ではないなというだけで。結局マーシャル的ジャリジャリ感が好きなのだろうな(・ω・)ロックを感じる

ああ(´`*)つまるところはヘンドリックスなのだよなあ(愛)

ていうか久しぶりにこういう話したような気がする(笑)サンキュー(・ω・)ジョージ(マイケル)




ed209 at 21:02|Permalinkclip!

2016年12月20日

NENMATSU



この曲 "BEYOND HISTORY"は、2003年から2005年にかけBLOWによって演奏された楽曲で、これは当時の内覧デモ音源を短く編集したものです。なお、この曲は、後に疾風船の"JAN" や"GEKIKARA a UBD" へと遺伝子を継ぐこととなりました。

"BEYOND HISTORY" Composed by K. Matsuura a.k.a. HAYATEBUNE (ex.BLOW)


画像も当時の。ツイッター向けにと考えて縮めたんだけど(全長は3分50秒ほどある)せっかくだからYouTubeに上げることにした。年の瀬になると何かしたくなる癖。この縮め方、いわゆる「TV edit ver」ってかんじやね(どこのTVで使うのか)




ed209 at 17:16|Permalinkclip!

2016年11月23日

空気を噛め



はい(・ω・)というわけでね(何が?)
懐かしのBTATB、ふと思い立ちセルフリミックス。CD持ってくれてる人は聴き比べてみるのも一興かもしれない。

今回のリミックスの趣旨というのは「リード含む主旋律以外をもっと(あのCDよりも)立たせる方向」だったのです(・ω・)実はけっこう気に入ってて。特に、終幕入る手前(三連符が連続する箇所)のリフは別の形で使いたいと以前から思っていたり。

なお、以前も言ったとおりギターに関してはプレイ重ねたライブ版のほうが自分としては当然のごとく気に入ってる、同じくYouTube上に幾つかあるので聴き比べ等(・ω・)よろしくどうぞ

ちなみに、当時のブログにも確か書いたと思うけど、これ、「ライブ感」を醸したくてパンチインやら一切無しの通しでやったんだよね(ギター各パート)。よって(小さいミスなんかは敢えてスルーするけど)曲構成を間違えると「最初からやり直し」だから凄いめんどくさい(笑)でも今でもよくやる手法。

キメ打ちテーマ以外は殆ど即興、つまりほぼライブ同様(・ω・)なお、ライブではそのテーマすら破壊するマイスタイル←



ed209 at 11:42|Permalinkclip!

2016年09月10日

絵日記があるのなら音日記があってもいいじゃない

つっても単なる「ふとした思いつき」で、また特に何かを描いたとかいったわけでも無いから、とりとめのない散文とか、落書きみたいなものだろうか…いや、つぶやきか。

せっかくだからつべにもあげた

題名は思いつき



海外の方から、映画『ブレイブハート』彷彿とコメントを頂いたのだけど、僕あの映画未見なんだよね…ということで、つべで探して聴いてみたところ…似てるどころか出だしまるまる相似で驚いた!こんな事もあるんだな(驚愕)という話。


まあ音楽やってれば偶然の相似ってのはあることだけれど、ここまで「ひとくだり同じ」ってのは初めてだ(追記。想えば二度目かもしれない)。なお、イヤな気はせずなんだか笑ってしまう(笑)

誓っていうけど無意識だ(・ω・)ただ、いつかどこかで聴いたことあるものが(無意識ゆえに)発露するって可能性はあるやも?とは思う

ちなみに昨夜上げたもう一本、あの曲は意識的にウリ・ロートを標榜している(献呈予定)

また、以前『ブレイブハート』と冠したカヴァー曲を上げたこともあったが、もちろん(未見ゆえ)同名映画を意識してはいない(・ω・)単純に「勇ましい心」やね


この機会に。

はじめて"パイカリ"を聴いた際、まあ一発で気に入ったわけだが、部分的にこれを彷彿したものだった、これまた普遍性を感じる好曲(なお、和製ファンタジーRPGなど好きな人の琴線に触れる可能性高いんじゃあないかなとおもう)

ちなみに僕の敬愛するマイク・オールドフィールドがカヴァーしてもいる。


(以上、ツイッターから)



さて、今回のきっかけ。

制作環境(PC)に不具合発生→修復作業の中、適当なファイルを開く→偶々、或る曲を開く

その「或る曲」、最近になり、また幾度か”完成要望”を海外の方々からいただいていたので、この際(彼らのために)チラ見せ(聴かせ?)しようと、本当に仮初めの状態だけど「(此方も)忘れてないよ」の証として。

で、その流れで(言わばノリで)ササッと書いたのが、さっきの「峠道」というわけです。





under construction (since 2009)







ed209 at 16:04|Permalinkclip!

2016年08月02日

シン・ゴジラ観るべし(ネタバレ無し)

2011年3月。大地震に伴った例の件、その光景をテレビで目の当たりにしたとき、僕は「ああ、もう日本でゴジラを作ることは出来ないかもしれない」と思った、「あ、終わったかも」っていう非現実感、日常の崩壊感と共に、そう思った。と同時に、「こうなってしまったからには、ならばこそ、新たに示すべき」とも想った。

そして、結果は。

ConQLcZUMAAJP77


「なんちゅうもんを創ってくれたんや…なんちゅうもんを…(感涙)」

本当そんな感じ、「こんなの創られちゃって今後邦画はどうすれば(もう言い逃れは出来ない)」くらいの。予想(期待)の範疇を遥かに超えていた。これは、2011年以後の日本から目を逸らさず、真正面から向き合い仮借無く表現した初めての作品と言っても過言では無い。今を生きる日本人、必見。

「それについては腫れ物に触るような、いっそ見てみぬふりさえしているような」そういう世風の中、ほんとよくやったなあと思う。


高度に政治的な要素も多分に含んでいるので、その向き、ことに"偏った"向きには、あれこれと穿たれたり利用されたりってな事もあるかもしれないが、そんなのは些末な(愚かな)事だ。多分にリアルにポリティカルでありながら、しかし「この期に及んでそんな不毛な諍いやってる場合じゃねえ!」と言わんばかり、僕にはそう感じられた(★)。これは、矛盾や欺瞞を抱えながらも、巻き戻せない「現状」へと、ただひたすら立ち向かう人々の物語。

(★実際、劇中ではそのあたり(いわゆる右だの左だの)には言及すらしていない、近年の風潮(ある種"風物詩"と言ってもよいかも)の一つとしてサラッと差し挟まれてはいるけど、「だがしかしそれは『重要』ではない」)

それでいて"怪獣映画"のカタルシスもしっかり、いやもうむちゃくちゃあるんだよ!*******なんてクソアツ過ぎてもう泣き笑い(もちろん好意的に)


ひとつだけ、後悔していることがある。「拍手喝采贈りたい!」って衝動を抑えてしまったことだ!


僕が「ゴジラ(1954)をリアルタイムで観られた人、羨ましい」と思ってきたように未来の誰かが必ず思うだろう、「ゴジラ(2016)をリアルタイムで観られた人、羨ましい」と。だから悪いことは言わない、とにかく劇場へ急ぐんだ!ネタバレという災厄に見舞われる前に。

偉大なる1954。当時の観客が受けたであろう衝撃、迫真性。2016年の今、"2011を通過した僕"は時を超えてそれへと近づき、僅かでも知ることが出来たような。そんな想いすら。それはつまり現実対虚構がもたらす…ここで敢えて用いよう「シンクロ」だ、シンクロ率の高さだ(・ω・)"身をもって知っている"からこそ真に迫るものがある、時代、場所、人、その時々にある。そして想いが時を超えリンクする。

1954その最期、芹沢博士は言いました「幸福に暮らせよ」と(・ω・)色々あるけど大変だけれど、だからこそ、いまシン・ゴジラを観ることが出来る、それは幸福です。

シン・ゴジラ観るべし。



「今夏、何度リピートしに行く(行ける)だろう?」一昨日からもうそればっかり考えてる(笑)



(当記事はツイッターでの投稿を抜粋し加筆再構成したものです)




【追伸】







【蛇足】
ひとつだけ。平成以降、ともすれば命題であるかの如く成ってた「なぜ日本/東京なのか」を「今それどころじゃねぇ」とやっつけた潔さ。そうなのだ、それは偶々であり必然自然、川に現れるアザラシの如く。一つ違えばあの不明生物だってタマちゃんなどと呼ばれ親しまれたやも(とにかく観てください)



ed209 at 01:02|Permalinkclip!

2016年07月27日

「いや素晴らしいっすね(震え声)」

【悲報】ポケモンGO、田舎差別をする
OURとくしまwwwww まあ対人口密度で配置するとこういうことになるのかもしれんが、冒険・探索ってとこで考えたら都市部よりも田舎のほうが向いてるモノのはずなんだよなあフィールドワーク的に。


【画像】ポケモンのせいで日本中がおかしいwww:ラビット速報
まあ(・ω・)それがあろうと無かろうと『ながら(総称)』する者は常々在ったわけだが。だがしかし「やっぱりそうなるか」の感


【ポケモンGOに興じる人を「心の底から侮蔑します」 やくみつるさんが持論】
まあ、この方いつもこんな感じだし流していいんじゃない。てか今、あれに便乗しないと何も浮上出来ない状況だよね「実質ポケモン関係ないよねコレ」って記事も数多(笑)とにかくどうにかこうにかこじつけてでも見出しに『ポケモンGO』と付ける!それくらいの勢いw まるでYouTubeに垂れ流される便乗クソ動画のようだ…

自分が好きでやってるなら(それで迷惑かけてないなら)「嫌い」と言われても気にすることないと思うけどなあ(・ω・)自信もってやればいいじゃない、反論連ねる時間分もったいないじゃない。まあ、僕はやってないからこんなに気楽でいられるのかもだけど。

【イチャモンGO】やくみつるがポケモンGO批判で大炎上! 「時代遅れの苦しまぎれ」論調の真意
しかし結局この記事も批判のための批判じゃあないかな?そのくせ「たかが」と言っちゃあ身も蓋もない、少なくとも創った人に対して失礼だ。

「たかが」「ごときが」「分際で」これらを軽はずみに用いてはいけないよな。自虐的に、自己批判的に用いるならともかく、他に対し、他人に対し、他の価値に対して。それこそお里が知れるってものだ。

それって、主として「悪者」が言うセリフだからね(笑)巨大な隕石に立ち向かい「たかが石コロひとつ」と言い放つアムロ・レイはカッコいいけどさ。蔦監督の「たかが野球、されど野球」もカッコいい。 #使いどころが大事

実際それに携わってない、それに対して命掛けじゃあない人が言っていいもんじゃあ無いと思うんだよね「たかが」って。どんなに繕っていても、口にしている時点で「心の奥底ではそれを見下している感じがする」よ。そう考えると、彼のお方「心の底から侮蔑します」と"明言"している分、正直者ではあるなと思えたり(笑)

というわけで、「たかが」「ごときが」「分際で」これらを"他の価値"に対し易々言い放つ人のことは、心の底から侮蔑します←

実際、いると思うんだ今回も、この件において彼の人物に対し「たかが漫画家風情が」だとか罵ってる向きも。でも、それはよくないよ、たとえ売り言葉に買い言葉でも、自分自身の心を澱ませ腐らせるよそういうのって…とおもうのです(´・ω・`)まゆしぃはかなしいのです

どうして娯楽でこんなに荒まなくてはならないのか(苦笑)

ていうか「そこ職業まったく関係ないから」ってハナシなんだよね(笑)地位だとか階級だとか、人間全体として見れば小さなことに執着するほど小物と映る、それこそ漫画に出てくるダメ貴族みたいに。


閑話休題


【“歩きスマホ”防ぐポケGO専用端末「Pokemon GO Plus」、9月に発売延期 】
たとえこれがあってもする人はするだろうな、そもそも総てのプレイヤーが購入するとも思えないし、ていうか「実装しろよ」って話もあるんだが←

なお、出る頃には一定数沈静化してそうでもあるな、流行ニワカは飛び付くの早いが飽きるのも早い。

内輪で「今年またポケモンの新作DSで出るけど売上に影響してくるのかね」って話が出たんだけど、今騒いでるうち半分くらいは流行り病のニワカだろうからさほど絶大でもないんじゃないかな?その層が"専用ゲーム機"を買ってまでやるかっつったら、そうでもないだろうから…と答えた。

ぽけご


ってところで思う(・ω・)もしもこれが日本スタートだったならはたして日本でこれほどプレイ人口増えてただろうかと。海外先行欧米で話題って『箔』またその報道が日頃ポケモンに興味ないミーハーをもこれ程までに寄せ付けたんではないかって推論。

そこまで読んでの戦略だったのなら大したものだ…まあ、読みやすいが(意味深)

海外セレブ愛用御用達って言っとけば似合うも似合わないも要不要も関係なく、海のものとも山のものともつかないシロモノでも拝み奉る層は存在する(迫真)

つまり「舶来」に弱いのさ(・ω・)いまだにね

もうみんな忘れちゃっているかもしれないけれど(・ω・)海外発に猿ノリして氷水かぶってた自称セレブとか(ry

まあその様に"向き不向き"はあるのだ何事も、土壌と、それに伴う感性と(・ω・)で、これに関しても(事の初め以前に言ったとおり)「比すれば数段向いてない」それは確か。ここから新たに培われる、たとえるなら「一旦落ちてから向上する」という希望的な見方もあるけれど…どうかな。

それにしても(・ω・)本当アッサリ崩壊するよねモラルって。ついこの間まで「歩きスマホするDQNwww」って調子だったのが「器の小せえこと言うな」だの「ゲームに対する圧力だ弾圧だ」だのくらい言ってて草も生えないwww←

まあ、子ども(子どもとは言ってない)というのは基本的にダブスタだからなあ。

なにより、「音や振動で報せる」つってもね、それでも「見ちゃう」ものなのよ(・ω・)幸いにして正常な視力をもってる場合、情報の先鞭そして大部分を視覚から得ようとするものなんだよねヒトって生物は。


今更だけど『モンハンGO』はどうだろう(・ω・)協力プレイきっと楽しいぞ!狩りの際はジャイロセンサーを利用し、スマホを武器に見立てて皆で振り回します(そして新たな社会問題へ…)



ed209 at 23:33|Permalinkclip!

2016年07月22日

??「大元は日本発だけどこれを『日本向き』とはひとことも言ってない」

〜ポケモンGOにわく日本〜
ぽけご



【国務省会見中に記者が「ポケモンGO」米】
proxy


まじかよカービィwww

だがこんな愉快なネタも今日は立つ瀬ないってかんじのトレンド(異常)
Cn8pNMbVIAA4aqW

ツイッター、もはやポケモンGO専用SNSの様相。まあ、気色の悪い政治思想系のタグとかが浮上しようもないのはいい気味である。これ当面はツイッター広告打ってもムダ打ちになりそうだな(笑)

だが笑ってばかりもおれんよな(・ω・)ていうかこれカービィ差し引いたらタダの問題だからな(笑)器の大きい小粋なジョークで流してくれてるけども日本じゃおそらくこうはいかん、およそ偉い人ほどセンス無いから←

訂正。×偉い人 ○偉く在りたい人   威張りん坊将軍やで

しかしこれだけトレンドが一方向に集約席巻されてると「今日は何を言っても大丈夫」なんじゃないかと思わせるな(笑)…あれだけ騒いでた都知事選どこいったんだ(白目)

もうこんなんなったらどこの企業もポケモンGOに擦りよるほか無いやろ(意味深)

なお、今後、件の詐欺紛いのシロモノでは無くれっきとしたパチモンもといマネゲー(あまりフォローになってない)が出てくる可能性も十二分にあるけど、あの任天堂ですら危うさを湛える類を果たしてマトモに運営出来るのか/問題続出しそうってネガティブな想像が働く。たとえば、「街へ出てアイドルを探せ!」とかさ(お察し)


【ポケモンGO 出雲大社がプレー禁止に】

残念でもなく当然(・ω・)遊びならなおのこと分別つけな。そこで不満を言ってはいけない「これだから日本は」などと羨んだり蔑んだりしてはいけない、「ヨソはヨソ、ウチはウチ」なんやで(・ω・)ていうかそもそも国土的に風土的に見合ってない遊び方なのだから。

逆に、「歓迎」する施設や店舗も出てくるかもな、客寄せとしちゃウマいもんな今。まあそれはそれでいいんだけど、周辺住民業者とのトラブルありそうだよな『街ぐるみ』とかでもない限り…あ、そうか、そうしていっそフィールド解放、勝手に「ポケモン共和国」でも名乗って村おこしとか(任天堂激おこ)

きっと今ごろYouTubeにもウンコみたいな便乗動画が山ほど投稿されとるんやろなあ(・ω・)ホンマ山盛りうんち君やで…「実況」とかでやらかすのもおりそうやな。

いま、民度が試されている(迫真)



ed209 at 20:29|Permalinkclip!

僕はノケモンでいい

題:『ダブスタ』

pokego


ここからの"続"として)

早くもニセモン掴まされる人が出てるらしいな。もちろん騙す奴は悪いが(``)自分が取り扱おうとしている物に対して不用意過ぎると思うんだよね…先が思いやられるぜモラル的に…そもそも流行&ノリで手を出すものでもないんじゃないのか?と(キミそれ日頃から興味の対象/好きなモノなのか?と)

ツイッターのトレンドも見事にポケモンGO一色じゃねえか、しかも桁違いの数字www…つくづく多くは流行りモンに弱いのだなと思わざるを得ない(・ω・)まあ、にわかな興味の対象って心情解らなくもないけれど、「それキミにとって本当に必要なもの(好きなもの)なのか?」と疑問が生じる様相数多。

繰り返すが、それ自体は「ツールを活かしたグッドアイデア」だと思う。けれど、常日頃問題視されてる点、ツールの用法におけるモラルを棚上げした格好その巨大な「矛盾」に、どうにも釈然としないのだ(・ω・)僕はツールに振り回されたくは無い。

もっと言ってしまうなら、「商売は何よりも優先される」って事実が気に入らないのだ、商売人のその身勝手さが(・ω・)「おまえら二度と『歩きモバイルやめましょう』ってその口で言うなよ」くらいに思うのだ(真顔)

なお大衆も、快楽の前では容易く忘れる模様。

まあ見てなさい(・ω・)そう遠くないうちに何かが起きて、メディアのアツい手のひら返しが始まるから(予言)

「オタクとDQNは紙一重」じゃあないが(・ω・)眼前の快楽に夢中になったり或る一つの物事に寄り添った集団化したりすると人は容易くDQN行動もとるんだよね、近年よく取り沙汰される一部鉄ヲタとかみたく。ホント、まず自分の身のために客観性は喪失しないでもらいたい。

だって何かあったら叩かれるのは『ゲーム』なのだから(真剣)

ぶっちゃけ、それだけにね(``)にわかに飛びつくミーハーにあまり増えてほしくないのだよ…それはリスクが増すということだからね、何かあってもやらかしたのがオタクか非オタクかまでは追求されない"一緒くた"だからね。

まあ、とにかく今回「経済のためなら下賤のモラルなど知ったことか」的な上級国民(笑)の本音、腹の内がよくわかる加熱だなと。

ホンマやぞ(・ω・)まあ任天堂は先々(ネガティブ要因)まで考慮してると想うが、マスコミの煽りは身勝手なダブスタもええとこやぞ。

なんたって任天堂だからね、日本が出遅れてたのはそういう様子見と対応だろうという察しはついてた、むしろ海外は実験台だろうと(笑)まあ憶測だが。だが、どこまで効くのやら…っていうか、それを海外と比べて「制限」と感じて国内不満紛糾するおそれもまたあるな一部の先鋭的マニア層とか。

ポケモンGOにわく日本
ぽけご


ポケモンゴーするンゴォオオオオオ

第三部につづく


【付録】この状況下に敢えてのコレ、さすが我が主君w


なお、これに対するリプを眺めたら、ポケモンと妖怪ウオッチの区別がついてない向きも微レ存(笑)まあ、そんなもんよな(・ω・)そんなもんな人々もノリで騒いでるわけよいま。





ed209 at 14:12|Permalinkclip!

2016年07月17日

お待ちかね!ポケモンGOだよ!

images (66)

【日本で「ポケモンGO」配信が遅れている原因はマクドナルドとの提携か】

それだけじゃあ無い気がする。先日書いた、風土との折り合い、伴う調整。広大な米国ですら早速諸問題発生してるわけでね、むしろ試験打ちで「様子見」既定路線だったのでは。

"お膝元"で社会問題扱いされる様な事態は極力避けたいところだろうからね、"家元"としては、そりゃあ慎重にもなるんじゃないかと。むしろ遅れてるんではなく、諸外国はテストケースなんじゃないか?などと穿ってみる。

現実的に考えてあのシステム、親和性は数段低いからね、風土的に国土的に。日本は冒険・探索するには密集し過ぎてる、広々とした米国ですら侵入等の問題が発生してる現状、相当に検討しなきゃ"問題化"する事は容易に想像出来るもの。

そして現状日本国内じゃあ、その経済効果の側面から世間の期待を煽ってばかりで、そうした懸念材料については殆ど触れていない様相なのが気に入らない。金廻り最優先で、何か問題が起きてからしか動かない、最悪は"手のひらがえし"も平気でする。そういう悪癖、色々な方面で見てきてるからさ。

で、実際いま巷の声も、待たされ焦れてるからなのか大方「早く遊びてえ(遊ばせろ)」ばかりじゃないですか、実施した場合どうなるかについては殆ど気にも留めずに(・ω・)その感情ってマナー崩壊待った無しの悪寒がするんだよ。

(で、そういう風に考える(推測する)と、出遅れてるのは「任天堂の良心」と想像することも出来るなあ、と。)

実際この記事だって、仮に「それが原因」だとしても、つまるとこ『煽り』だしね。人間、"無い"となると一層欲しくなりがちなものだし、またそれが「誰か(何か)のせいで」となると益々、怒りと共に渇望もするものだしね、"止まってしまった電車"のように。

ちなみに僕も「面白そうなアイデアだな」とは思うけれど、プレイはしないだろうな、スマホ見つめてウロウロするのって性に合わないからさあ(笑)まあ、だからこんな冷静で居られるわけだ←

たぶん今、常日頃ポケモンに一切興味無い人にも「やってみようかな、やってみたいな、みんながやるなら(流行ってるから)」そんな情動が芽生えつつあるんじゃないか。

「夢中になると周りが見えなくなる」って言うけれど。そういう時って、つまりは、他ならぬ自分自身の姿が最も見えてなかったりするんだよね(意味深)

しかしまあこれ万一ガセだったらマックは発信者訴えてもいいレベルだな(笑)
donadona


●追記●
【「ポケモンGO」に熱中していた男性2人が崖から転落 米加州】

恭しく「歩きスマホやめよう」を謳いつつ同じ口でシレッと白々しく奨励していく様が見ものだね今後、国内メディア群。何しろ経済活動は総てにおいて優先されるからね。 なお

そのくせ何か起きたら「そらみたことか」と言わんばかりアツい手のひらがえしからのゲーム批判(定番)が始まります。

経済効果への期待というか「あやかりたい」ばかりに、ネガティブ要素には敢えて触れないようにしている、どうもそんな風に見えるんだよな。昨日の #サンジャポ でも、その点に突っ込んでたのは"ぺえ"って名の彼だけだったな(・ω・)

ていうか、あの"ぺえ"って彼、それ以外の場面でも「おっ」と思わせる発言してたんだよな、残念なことに流され気味だったけれど(※)人は見かけによらない(・ω・)そこらの男よりしっかりしてると感じたぜ

※そういう側面を流したらもうテレビなんてタダのヘタレで太鼓持ちと思わざるを得ない


7.20追記【ポケモンGO:JR西社長&法曹界が危険回避呼びかけ

漸くこういった公言が表れ出てきたかって感じだな、はてさてどうなりますやら(`ω`)ゲス顔で低見の見物。

つづく




ed209 at 01:03|Permalinkclip!

2016年04月20日

ディスガスティングディストピア

『僕は以降自粛する、震災関連ツイートそのものを自粛する。静観させていただく。』

と、高らかに宣言したくせ早くも語るに落ちた感のあるここ数日の僕だったかもだが、ちょっと待ってほしい。お気づきだろうか(・ω・)「シンサイ」というワードはタダの一度も使っていないことに←


(本記事は、ここ数日のツイートを再構成したものです)


「わたしたちに出来ること」という、意識高い系なつぶやき、今日びのアイドルはそんなこともしなきゃならないのか(責められるのか)

渦中の現段階で"一般人"に出来ることなんて殆ど無い、物資の提供や募金くらいだ、それ以上を望むのならば「渦中の真っ只中」何かをしたいと本気で望むのならば、それこそ、予め自衛隊にでも入っておくしかない。それが現実ってものだ。一般人いや「民間人」に出来ることなんて限られてるんだよ、外野が夢みたいなことを謳っても彼らは雨をしのげない腹も膨れない。

だから、幸いにして"普通"を過ごせる状況に在る大人がやるべきことは、その"普通"を大事にすること、リアルに言ってしまえば、この国の経済活動を停滞させないことだ。いま出来ることってそういうことだ「出来ること」と「出来たらいいのに」は違う。後で出来ることもある(役割ということ)


冷たい奴だと思われるかもだが。敢えて感受性を殺さなきゃならない時ってのはある、皆がみな冷静さを失ったらいよいよアウトだろ。大きな事考えたって仕方ない、どう気を揉んだって神様にはなれないんだから人としての現実を全うするしかない。

自分のためすらままならないのに誰かのためなんて背伸びをするもんじゃあない、先ず"自分をしっかり"しないと人を救うどころじゃない。アイドルは夢を見せてあげるのが本分だろ?この数年間東北に向けそうしてきただろ?でも、今回は、「まだその時では無い」よ。気持ちが先走ってるんだろうな。

なぜ多くが黙っていられないのか?不安なんだと想う、それについて触れていないと落ち着かないんだと思う「冷たい人と想われそう」という不安も含めて。でもそれじゃどうにもならないんだよ、それで救われるのは主に自分なんだよ。むしろ黙って、広く空けておいてあげるべき。これも語るに落ちてるが。

自分自身の不安を紛らわせるためになってはいないだろうか。


ああ、なんかもう疲れる、誰も彼もが同情を訴え善性を謳ってる状況って(´`)かえって陰鬱な気持ちになるよ。必要最低限の情報を残して沈黙を守ってる我が主君は賢明だ、ていうかありがたいわ(´`)このうえあの人まで過剰なシンパシーツイート連発なんてしてたらマジで暗澹たる思いするわ俺

感情移入も度が過ぎると、一歩引いた目には自己陶酔的で、或る種イベント視している様にも映っちゃうからね、若年にありがちな共感というか"演劇性の情動"にも似て。

【藤原紀香「火の国の神様、どうか もうやめて」】
あーもう…だからこういうのだよ、こういうのやめようやって話なんだよ、共感の風潮に侵されきった美談脳が放つ、自己陶酔も甚だしい『安全圏のポエム』だと言ってるんだよ。

【熊本地震後の芸能人のSNS投稿 「不謹慎」の指摘めぐりネットで議論】
記事中、長澤さんの件は殆ど言い掛かりで気の毒に思うけど…>>「見守ってるよ。という気持ちで」←これ。特に女性芸能人に目立つ自己陶酔ポエムなんだよね。

あくまで"男と比べて"であり尚且つ個人差もあるけど、「共感性の生きもの」ゆえとってしまう行動なんだろうなと想う、それこそ平常時のツイッターがそうだものね「わかるー」って共感と拡散。夢想の愛だ恋だでやってる分には「どうぞ御自由に」でも、厳しい現実それも人の不幸にそれを持ち込むのはね、「自分を飾り彩る材料にしてる」と思われても仕方がないと思う、それはもう悪意はおろか作為すら無いとしてもだ。むしろ"無意識的なだけにタチが悪い(気持ちが悪い)"という見方/感じ方もあるわけでね「こいつ陶酔してるな」という。こういう事を『劇的演出』にしちゃあダメなんだよ。

毎度テレビの報道も『演出』してるよね淡々と伝える事なく劇的なナレーションやBGM、クサいコメントで"盛り上げ"てるよね、いまだ眼前の悲劇を、早くも美談に仕立て上げようとすらしてるよね(``)こういう時はNHKだけがマトモに思えるよ。

いちいち芝居がかってんだよな。

ただまあ(擁護ってわけじゃあないけれど)「脅迫されるから強迫にとらわれる」という流れってのもあると思うんだ(・ω・)やれ不謹慎だの、気遣いツイートしてないだの…それって、他人の不幸を笠に着て正義面した脅迫だぜ。「正義なわたし」というお前が活躍するためのイベントじゃねえんだよ人の不幸は>>不謹慎厨


【ヤマト運輸のなりすまし 熊本地震の支援物資を呼びかける】
ああ、クズですな(・ω・)実にクズだ。でも大衆も「容易く美談に酔う良心は邪心につけこまれやすい」ということを自認し、また精査もしないとね。

話が飛躍するけれど。現状のネットメディアの殆どは取材網(力)なんて持ってないからね(・ω・)その大方は、誰かや何処か(既存大手等)が言ったことを裏取りも検証もへったくれも無しでコピペしてるコバンザメのようなもの、"まとめ"とそう変わらない。

ある程度の認知度/影響力を持つメディア(発信源)が 「ネットで大人気」とか「ネットで大炎上」と謳った場合、その多くは、昔ながらの「いま話題の!」と同じようなもの…この意味わかるね?(・ω・)比較的近年ネットに入ってきた層/まとめ世代はソース確認なんてしないからチョロいものなのだ。

結局のところ、自分自身で確かめ/考えない人はダマされ続けるのがネットなのだ、ひと昔まえまでは多くがそれを分かってた、だが今は違う。そして、騙され続ける者は騙し続ける者にも成り果てるのだ(・ω・)悪意無き生体デマ拡散器の誕生である。

近年の後発ネット民、特にスマホでデビュー世代(年齢無関係)は『半年ROM』という訓練を経てないからダメなんだよ(真顔)まあ、それ以前に『向き不向き』があるんだけどね本当は。だから、かつては自然と「一定水準」そういう集まりにもなってたけど、今はもうムリだね、一度開いた門戸は閉じられない。



見てるとなんだか気持ちが荒んでくるので今日1日ツイッター開かずにいたらいろいろ捗った←
その点ここはイイ、過剰な同情も便乗も無ければ不毛な喧騒も無い、まさに健全なSNSだ(笑)




ed209 at 01:12|Permalinkclip!

2016年04月14日

また繰り返すのか

【熊本益城町で震度7=家屋倒壊10棟以上、火災も―強い余震続く・政府】

地震が起きると気遣いツイートしなきゃいけないような、なんかもう使命感みたいな、そんな風潮。でも、それはまだいい、対岸の火事感丸出しの悪ノリツイートよりはマシ(・ω・)そしてそれに「いいね」の意味不明(品性というか人格を疑うレベル)

そして早速デマが飛び交ってる件(``)もう災害発生時は公式側でシャットダウンしたほうがいっそいいんじゃないかツイッター

あのとき「電話は通じなくても通じた」ってところでその価値を謳われることもあるけれど、どちらかと言えば怪情報の流布とそれによる無用な騒動パニックのほうが多数なんだよね結局、事が起きてるのは局所的限定的であるだけに。



間違い無く悪ふざけに使う輩が現れる、そっちのほうが実質多数というのが現状。これ(↑)自体に不毛な"荒れ"も発生してるというね(リプ欄参照)静観てのが出来ない/荒らしをスルーも出来ない、ユーザーの成熟度が低過ぎるんだ、有効活用するには。

双方「(安全圏から)ドラマチックに騒ぎたいだけ」って情動/動向も否定出来ないと思うんだよね。

そういうわけで、僕は以降自粛する、震災関連ツイートそのものを自粛する。静観させていただく。

thumbnail





ed209 at 23:23|Permalinkclip!

2016年04月11日

媚びるウォー

近年こうも実写化が忌み嫌われる様になった最大原因は、製作側に原作理解が足りないことや大人都合に偏った配役が目立つとこにあると思う。また、事実上市場が国内限定だから相応の投資で無難に稼ぐというサイクルは如何ともし難く、必然的にそれ相応のスケールに留まる事になるって"無理矢理"感。

ところで、よくハリウッド等と比較して「日本は(VFX方面の)技術力が無い」といった発言が見受けられるが、それは違う。技術は在るし高いセンスの持ち主も在る、しかし「お金をかけられない」のだ(お金=時間でもある)。つまり、その発言は、その方面詳しく無いから言えてしまうものなのだ。

こと現代では特撮→VFX=CGIという認識があって、それこそ、その方面に明るく無い人は「全部CG」くらいの認識で。そして、そういうことに明るく無いがゆえ「(パソコンでカタカタやるのが)なんでそんなにお金かかるの?」であろうことも容易に想像がつく、悲しいかな。

『電脳』に馴染み薄いであろう高齢者なんかだと「さもありなん」だけど。生まれた時には傍らにそれがあったであろう今の若年層にも未だそういう認識が数多というのは嘆かわしい。そりゃプログラム/プログラマーが軽視されるわけだ、と思う、「チャチャッとやっちゃってよ頼むよ」みたいにね。

まあ、そんなかんじだから頭抜けた人が現れにくいという面がある、そういう土壌なのもまた事実だけどね。そりゃそうだ、人が育つためには、ある程度の"投資"は必要だからねやっぱり。

で、その「土壌」ってのは映画まで言わずとも例えばYouTubeにも表れてる。あちらには本職顔負け或いは本職が余暇に作った「映画さながら」なものがある一方こちらは「実況」とか「商品紹介」とか(笑)同じ"人気動画"でもクリエイティビティ/クオリティにドえらい差がある。

で、それってのも「時は金なり」だなとおもわれるところがあって。あちらにはそれだけの余裕、正しい意味での「ゆとり」があるんだと想う。かたや、こちらは「イチから自分で創ってるゆとりがない」→何かを拝借し依存したものになるって構造(ついでに、才能無くても真似事だけならなんとか出来る)

実際に自力で何かを創り上げたことのある人なら自ずと解ってると想うけど。時間をかけるということはそれなりにお金もかかるということなのだよ(・ω・)しかも時間を進めようとか縮めようとかした場合それはもう莫大なものになるのだよ。

「創作意欲」のためにゆとりを活かしてる海外YouTubeクリエイター、「お金」というゆとりを求めて何かやってる日本のユーチューバー。悲しいかなそんなかんじ。

拘束時間の長さ←これが一番の問題なんだろうなあこの国の

うーん、この、実写化問題から現実問題へのスムースシフト←

邦画関係者「邦画をクソというな!がんばってるんだぞ!」という話題と同時にシビルウォーの日本版イメージソングがEXILEのATSUSHIという話題が並んでる(※ツイッターのトレンドにて)って皮肉この上ない(´ω`;)いくら現場が頑張っても売り方その姿勢がね…もう女子供に媚びるしか能がないって感じで萎えるよね。

洋画配給における宣伝展開にも邦画界の抱える問題点(悪循環)がそのまま反映されてる件。

悪循環=エナジードレインの応酬

宣伝部「黙ってても観に来る野郎どもは放っといて女性に照準しぼって訴求しよう!」←その結果、黙ってても見に来るだろうと思われた野郎どもは「いいかげんウンザリ」してるんだぜ(``)聖域を汚されたような気分にさえなるんだぜ。

あわせて貼っておこう



「愛!感動!泣ける!」←うるさい黙ってろ



これはEXILEだから言うんじゃあないよ?念のため。そもそもなんなんだよ日本版イメージソングって、微塵も抱いてねえよそんなイメージ(笑)ていうか、それを許す製作者もどうかと思うんだよね、作品の印象がまるで違ってしまう恐れもあるというのに(``)誇りをもってお断りしていただきたい。

その日本版イメージソング/日本で勝手につけたナリモノでの好例といったら、例えば初期一連のジャッキー・チェン作品とか少林寺とか(★)あのへんはセンスよかったな、大人の事情と思惑な「アーティストありき」じゃあなくて「作品ありき」でちゃんと楽曲的にも"イメージ"寄せてもいたからね。

媚びるウォーやんけ

★これにかこつけて小ネタ浮上(便乗)



「愛だ恋だうたっときゃ釣れるやろ」←バカにしてんのかナメてんのか

と想ってる(憤慨してる)女性もいるはずなのだ(・ω・)ていうか
僕の周囲にはそういう子しかいない、だがそれがいい←


あ、このついでに言っちゃおう。
これは、主にテレビ方面かな?とも思うのだけど・・・

「とりあえずミスチル」って風潮もういいかげんやめにしないか「とりあえずビール」なみの気軽さでくっつけるのホントにもう(なお、みんな同じに聴こえる←)

や、ミスチル自体に罪はないよ?でもね…

NEWS ZEROとかなんなんあれ、なんで報道番組にイメージソング(笑)が要るの?あまつさえ歌詞まで表示しちゃってもうね陳腐な感動イイハナシ系演出要らないんだよ淡々粛々と事実を報道してくれればいいのよ妙な甘味料とか着色料とか要らないから。

閑話休題。

これは記憶に新しいけど。トランスフォーマー一作目のときがヒドかった。日本版トレイラー、"アルマゲドン的なやつ(愛と感動の予感)"を匂わせる、もう「ロボなんていません」くらいの作りしてたからなあ(笑)でもフタを開ければ「単純に(で)面白い」とライト層女性層にだってけっこう受け入れられた、アベンジャーズしかり…にもかかわらずなんでアベ2はなんでああしたコピーまた今更つけたのか謎、ていうか個人的には「なんだこのスマブラコピペみたいなの(赤面)」と思った。

どうして妙に意味深なカンジにもってこうとするのか。単純に「面白そう」でいいものを。

なんだろな、美談感動商法、その風潮に染まりきっちゃって、売り方考える立場からしてヘンに陶酔しちゃってるのかもな…わからんけど←じゃあ言うな




ed209 at 12:40|Permalinkclip!

2016年03月26日

バランス

【1】

トレンド 巫女のくせ って何かと思えば…

●「巫女のくせに何だ」自民・大西氏がまた失言●

まあ政治家大先生からすれば国民総じて「庶民のくせに」ってなものなんでしょうよ腹の内(`ω`)しかし呑み屋でする放言レベルの失態多いなあ大先生のくせに←

のび太のくせにを地で行くジャイアニズムかな

べつに、まったく庇う気はないけれど。
人間、誰かや何かを見下すことで自分の優位性優良性を確信しようとする部分ってのは多かれ少なかれもってるからね。庶民同士ですら「たかが」だの「底辺」だの言ってそれを実行してるんだから、そりゃあ大先生にしてみれば全国民がそれに当たるだろうね(笑)

つまり、さっき喩えた「呑み屋でする放言」だけど、「ネットで(匿名で)する放言」と置き換えてもよい(意味深)

ところで「自民・大西氏」って音声ニュースでうっかり聴くと「ジミー大西氏」と認識してしまいそうだ。


【2】

●自民党参院議員が白昼堂々の“暴力沙汰”JA関係者を殴る●

ソースがゲンダイってのが…と思ったら案の定、そこへ至った経緯一切無し(笑)何しろ暴力行使は感心しないが、殴られてもしゃーないと思える何かはあったかもしれないからな。偏り過ぎ。

image

いきなりここから入ってそのまま終わってるからな(笑)だからその「何を言っ」たのかまで記して初めてマトモな報道だろ(・ω・)ってゲンダイに言ってもしょうがないな←

繰り返しになるけど、行使した時点で負けなことは言うまでもない(言ってるが)殴ってよしと許可されたので殴った=同意のうえ云々とはいかんわなそりゃ(笑)

わざわざ被害者にコンタクト取ったのなら尚のこと、総てを明らかつまびらかにすべきなんだよ『報道』を謳うのなら。これじゃあ「なにか都合の悪いことでも?」なんて邪推もされかねないってことだ、報道の姿勢の問題。義は我に在りなら包み隠さず。殴った奴がとにかく悪いと言うだけなら子供の使い

まあ、偏った思想に傾倒してる人にとっては文字通り都合のよいメディアだろうけれど。"どっちつかずのハンパ者"としては「キレイに偏ってんなあ」という率直な感想も当然出てくるわけだ。この当然の疑問も見えない、というか無視出来てしまう様になるから怖いんだよね『極端』て。

偏ってる人というのはどうも自分と全く同じでないと直ちに「敵」と認定を下さるみたいだからね(笑)おそらくは、この僕の発言も、ある方向に偏っている人にしてみれば、そういうことになるんだろうなと想う(・ω・)簡単だなあ

例えばさっきの「巫女」の件に触れてるくだりなんかは逆に、まさにその「逆」の方向に偏ってる人が見ればエネミー認定(笑)これまたあり得るわけだ。

僕は特定集団が判断基準でも無ければ集団に依存もしてはいない(・ω・)どっちつかずのハンパ者だからね。歪に偏るくらいなら全方位的に敵をつくるほうがマシ←

ついでに言うと。
もし裁判沙汰になるとして/するとして。"法に訴える"なら益々「殴ったほうが悪い」だけじゃお話にもならないからね(・ω・)子どもの学級会レベルでも理由は訊くよね?って次元の無論。

まあ実際にはおそらくそこまで行かず毎度のモヤモヤっとしたカンジで収束するんだろうけどね(察し)


【3】

●人工知能がヒトラー礼賛 - 米マイクロソフト実験中止●

純粋無垢は極端な考え方に容易く左右されるって証明されたわけだ(笑)ムダの無い思考ってのは合理性を追求しいずれ独善的になるものなのかもね?協調より一極って論理。

たとえば、怨敵をヒトラー呼ばわりする自称平和主義の向きもまた、つまるところは"そう"だものね(・ω・)『中間(中立)は無い』もの。

だからほら(・ω・)ヒトがネット上で数字化しつつある0か1かのデジタル化しつつあるって、だいぶ前に僕が予言したとおりになったろ(僕はキメ顔でそう言った)

傲慢を承知で敢えて言うけど、コミュニティが膨れ上がり、初期には在ったであろう"一定の水準"を下回る「烏合の衆」と化した段階で、そうなることは見えてるんだよね、オフもオンも同じく。

"スマホ"が普及したここ数年でそれが急加速した事は間違いないよ。そして、その際たる例がココ(Twitter)。つまりは、ぶっちゃけ「その程度の輩でも入り込めるようになった泳げるようになった」ってこと。もう昔のネットとは違う。

"あるコミュニティ"が「流行」と謳われ定義されてから文字通り流れが変わり始めたなってのが過去の実感。そう(・ω・)mixiだね、続いてツイッターに顔本だね。それまでネット=オタク=気持ち悪いとか言ってマイノリティを蔑んでたようなマジョリティまでもが我も我もと食いついてきた(笑)

そうして『自然とそこへとやってくる素地』ってのが無い者までもが集れば、総勢的に逆転もさせてしまうからね、近年のYouTube然りそりゃあ「もはや別物」にもなる、言わばネット世界=ひとつの社会としてのパラダイムシフトみたいなものだ。

そうして大勢になれば多様性っていう可能性が増すんじゃあないか?というと、残念ながらそうはならない、そうはいかない、むしろ多様性の芽は隅へと追いやられる格好となる。つまりもう(いまだドヤ顔で分けて語る、分けたがる時代遅れな自称識者もいるけれど)ここは「現実とほぼ同じ」だ。

ってなこと言うと「多くが匿名で顔無しなここが(現実と)同じか?」って声もありそうだけれど。見知らぬ通りすがりの顔などいちいち気にして見てないし覚えてなどいないんだから同じようなものだ(・ω・)少なくとも僕にとっては。違いがあるとすれば"その場で聞こえる声のデカさ"くらいだ(笑)

まあ、そこのところも微妙に、曖昧に成りつつあるというか、"そういう人もいる"ことは認めるけどね、「お前それサバンナでも同じこと言えるの?」じゃあないけれど(意味深)






ed209 at 01:59|Permalinkclip!

2016年03月17日

シレッとワラワラわいてくる便乗

●酒井法子さんベッキーの一件を受け「日本にはあることないほじくり返す集団イジメの風潮がある」●

や(``;)凄いな本当…譲って、そういう風土気質が在るとは認めても「おまいう」が止まらん。ベッキーはまだしも、この人被害者要素皆無なんだけど。

個人的に、この人のことは昔から、なんだか目が嘘をついているというかハッキリ嘘吐きの目だと感じて、どうにも好きになれなかった。まあ、それは単純に当時の、あの陽性不思議キャラな売り方と、その仄暗い目の光りとが全く噛み合っていないと感じたからに過ぎなかったのかもしれないが。

まあ、そういった気質そして風潮それを『陰湿』と表すとして(``)僕はこの人の目つきや顔つきにそれをものすごく感じるんですけどね…

ところで本文

>>しかし、そこから這い上がり、見事復活を遂げた日本の女性

…幾らもらったんだ、これ。

なんなのこれ?どういうわけでむしろ輝ける女性代表みたいな調子になってんのこれ(笑)これ書いた記者は真面目に生きてる日本の全女性に謝れと言いたいくらいだわ(言ってるが)



ed209 at 00:29|Permalinkclip!

2016年03月16日

どうやら叩かれている様だけれど

ん?僕も「憤りは解るけど「日本死ね」はないわ」と思ったけどね(どこでも2ちゃんノリ)

【保育園落ちたブログ「日本死ね」匿名書き込みは「便所の落書き」田中裕太郎・杉並区議がブログで批判「暴言許されない」】

ていうか2ちゃんでも「氏ね」と自重する次元(笑)

だって「死ね」なんて子どものケンカの捨て台詞レベルじゃんか。実際の修羅場で勢い発したものならまだ解るけど、要はそれってカタカタポチポチ打ってたわけじゃんか(笑)そこのところで人格的未熟も感じちゃうよね。また、事が弱者寄りなら暴言も許す/許されるべきなんて都合のよさはいただけない

少なくとも、日本人たる僕としては決して気持ちのいい発言では無かった、事の本質については無論思うところあったが、だから敢えて触れなかった。国家死ねとか政府死ねならば、まだわかる(やはり感心はしない)が、日本死ねは無いだろ…と思う程度には愛国心あるからね、体制では無く、あめつちに対して。



ed209 at 19:01|Permalinkclip!

無学で無名な僕という立場から言わせていただくと

ショーンK←もうずっとトレンドにあがっててショーンバグ彷彿

【ショーンK“経歴詐称”謝罪「報ステ」出演含め活動自粛へ】

しかし。まあ、この人のことはよく存じないけど(・ω・)才があっても肩書きが無いとお鉢が回ってこない、無いと分かると手のひら返しもってのは、なんだかセコいなあと思うところもある。つまるところ"そういう世の中"だから偽りも生じるんじゃなかろうか?とも。

自分の才覚に自信があるのなら偽りなく堂々とすればよかったのに…と、同時に、「そうでもしないと見向きもされな」かったのかな、とも思うジレンマ(笑)まあ世の中、"肩書きだけは立派"な人も大勢いるのは事実だし、得てしてそれが強味になるのも事実。さりとて、それに屈伏してはいかんよな。

権威を騙るということは権威に屈しているに他ならない(・ω・)そのほうが惨めだろう心の在り様としては。

ちなみに僕だが、他人のどこ出にもどこ勤めにも興味は無い、「この人面白い」と感じるか否かだけが判断基準で興味の対象だ。まあ、どうしても聴いてくれと言わんばかりのことなら聞かないでも無いけれど、こちらから訊くことは無いな(笑)それで評価が変わることもまた無い。

たとえるなら( ˘ω˘ )そうだな…

「俺は貴族だ、正確には伯爵だ」
「それがどうした」

…( ˘ω˘ )という感じかな(俺ディッキンソン説)

や、わりとマジな話。実際博識で弁も立つのなら、たとえば化膿姉妹(仮名)みたく『そういう設定』の人(笑)としてコメンテーターくらいやらせてもいいんじゃないかな(・ω・)名ばかりでしょうもないのいっぱいおるやろ。

まあ結局、そうしたところで「たかが○○ごときが」って反応にしかならない(そういう価値観の持ち主が決して少なくない)から「そうもいかない」ってことにもなるんだろうけど。

ところで。有利を確信して言うその台詞ほど貧しくさもしいものは無い。「たかが〜ごとき」ってな調子がカッコよく響くのは自らの圧倒的不利に立ち向かう時だけだ(`・ω・´)単騎で隕石押し返そうとする時とかな←

でもだめだ、やっぱりショーンがリフレインしてつい笑みがこぼれる(こればかりは不可避)

【追記】

ホラッチョはいかんwww #失笑を禁じ得ない もうそっとしといてやれよ(´ω`;)






ed209 at 17:14|Permalinkclip!

2016年03月12日

子供のすることだからね、そりゃあイタいさ。

【教卓の上で憲法9条を大声で叫ぶ生徒 駿台予備校がヤバ過ぎると話題に】

例えばセカオワの歌詞に陶酔する様なもの。夢の無い時代だとか言っても十代なんていつの世も劇場型ドリーマーだからな、ラブ&ピースとか言っとけば大方チョロい、洗脳も簡単。その自分の簡単さに自覚が無い、むしろ聡明と思ってる愚昧が問題。

よく言えば穢れなき純粋ハッキリ言えば無知蒙昧。カルトから脱した人が口を揃えたかの様に言う「どうしてあんなものに心酔したのだろう」が全てを物語る(・ω・)「賢く無い」んだよ、少なくともその時は。理想への憧憬ってのは恋愛感情並みに冷静な判断力を狂わせる、夢の様な話には気をつける事だ。

特に女性は危ないな、集団性依存が強い、言わば生来のコミュニストだからな(※個人差があります)甘い言葉や『共感』に容易く操られる危険性が男よりも高い、"自分で考える"ことを放棄し易い。そういうところを上手く利用してる商売商法、山ほどあるでしょ(・ω・)泣けるとかラブソングとかさ。

だから「SEX教団」なんてものも成立するんだぜ(笑)や、笑い事じゃないけど。

余談だけれど。「弱き者よ汝の名は女なり」という言葉があるよね(・ω・)これを「だから守ってあげる(男は守れ)」的な意味合いだと思ってる人けっこういるんじゃないかな、こと日本においては。違うからね、むしろ「自分の脆さを自覚せよ」って嫌味皮肉に近いからね、出典を知れば自ずとわかるよ。

そして、こう言わねばなるまい。
「男とは実に単純なものである」と(※個人差があります)

チョロいなー僕(笑)


【追記】

「君が代起立は教育滅ぼす」←胡散臭い横文字団体が民族性を滅ぼしかねないとは想う(笑)

シベリア抑留経験を持ち戦争の悲惨を訴える御老人「あれは美しい詠です(それとこれとは関係無い)」と仰ってたよ

結局、どう利用するか(してるか)だな、「思想誘導に利用している」と謳うこともまた思想的利用だ、歌が音楽が不憫だ。

こんなことを言うと叱られるかもだけれど。特定の何かや誰かに限ることなく各々が大切なものを想って歌えばいいんじゃないの(・ω・)僕はそういう詠だと思ってるけどなあれ。

何を言っても「本物」には敵わない。その御仁のHPご紹介しておきますね。

僕が知己を得たのはODN時代だから、もう13年ほど前になるか。その御歳にして独学でPC学んで作られててね、それだけで感服したものだ。

また、御自分でパーツレベルからアンプを組んで音楽を嗜んでおられたりもしてね、まことに粋な御仁。悲惨な体験してても決して鬱屈したりしてないんだよね。その御仁と多くの言葉を交わさせていただいた僕としては、「想像で何を訳知り顔してるんだろう」としか思えないのだよ、偏った思想集団は。

大人は難しく考えたがるけど。「どうして人殺しはいけないの?」と問われたら僕はこう答える。誰だって殺されたくはないよね、そして自分がされたくないことは自分も他人にしちゃダメって思うよね、だからだよと。そこで大人って「しちゃダメ」ってカッコつけて、「されたくない」って本音を隠しがち。

だからさ、「いけない」の前に「イヤだ」なんだよ。「戦争はイヤだ」ってそんなの子どもでも分かる事なんだよ。カッコつけたい大人が妙にややこしくしてんだよ。

まあときどき「してみたい」って奴もいる「されてみたい」って奴もいるかもしれない。けれどそれを基準に考えても仕方ない、っていうかそういう特殊な例も考慮しこねくり回そうとするから余計ややこしくなる(笑)そもそも考慮したところで「その願望わたしが叶えてあげましょう」って奇特もまた(ry



ed209 at 22:47|Permalinkclip!

2016年03月11日

好きって気持ちに言い訳が要るのか?(僕はキメ顔でそう言った)

(ツイッターにて)

なんで自虐ツイートってワードが浮上してるのかと思ったら…そういうことか。絵の方面には明るく無いけれど、何しろ、ものづくりの立場なら積極的にするもんじゃあないとは思う、個人的には。好きな事してるんだから堂々とすればいい、謙遜というより予防線、批判された場合の保険みたく映るからね。

「そんなことないよー」待ちの自称ブスにも似たみっともなさと言えなくもない。

それに、たとえ本心(自信の無さ)からの言葉でも、気に入ってくれた人に対し失礼だ、「こんなものがいいってあなたの感性もどうかしてる」と言う様なものだからね(笑)「だったらやめろ」とも言われかねない。

ちなみに僕、絵描きさんが「落書き」っていうの、あんまり好きじゃない。素人目にキッチリしてても本職的には落書きくらいの気軽さなのかもしれないけど、なんだかね、やっぱり予防線ぽく感じてしまう(・ω・)ましてや対象が他人様のキャラだったりすると「失礼なこと言ってないかそれ」と思ったり。

で、こちらの領域のことになるけれど。

だからだよ、他人様のモノマネしておいて「弾いてみた」って、その文言にイラっとするのはさ(``)敬意が感じられない、引っかかるための共通言語でやむなくだとしても、そうする姿勢がやはり安っぽい(なので僕はいつもマイナス「てみた」検索している)

「アイツのやってることくらい自分も出来るんだぜ楽勝だぜ」みたいな心根を見せられ聴かされしたってなんにも感じない、「それがどうした」としか思わないし「それであなたは何が出来るのあなた自身はどこに在るの?」と問い詰めたくなる(笑)

なお、創作とは切り離したところでの自虐、自分のネタ化はワリと嫌いじゃない←

じゃあヒトマネを創作と呼べるかというと「違う、模倣だ」となるけれど。それでも、例えばモノマネ芸人さんとかタダの模倣に留まらず工夫してるよね、それこそ"自身をネタ化"もしてるよね(笑)そういう工夫、創意工夫は、次の段階→自分自身に成るために必要だと思う。


といったところで堂々言うけど我ながらカッコいいね、そして愛を感じるねゲキカラブを。





ed209 at 15:41|Permalinkclip!

2016年02月29日

群愚似流

ニンニクの日はまあ理解もしよう。だが肉の日とは?毎月29日でいいんじゃないの?頭の2はなんなの??どうも釈然としない。

と、いうわけで『229(不服)の日』を提唱したい(・ω・)四年に一度くらい腹の内を洗いざらいブチまけてもよかろう、それを容れる器量が日本社会には必要だ(真顔)

服従ばかりじゃ鬱屈する一方だぜ(・ω・)今日は上司に「黙れこのハゲ」くらいの勢いでぶつかるといい、それが本当の無礼講というものだ。何かを変えるのに四年てのは程よいサイクルだろう。 #229 #不服の日 #そして不屈へと

ハッハー!(°∀°)それを容れる器量すら無い奴が人の上に立って上司を名乗ってるなんざトんだお笑い草だぜ!と言いたい(言ってるが)

たとえば血の繋がった家族間で「お前それはよくないよ」さえ言えなかったら、言い合え(合わ)なかったらどうなるだろう、互いに成長も発展もしないんじゃないだろうか、家庭は膠着するんじゃなかろうか。それはミクロなものだけれど、社会というマクロも似たようなものって気がするのだ(・ω・)

近年「そうだ司法という偉力で威力に頼ろう」←そこまでの事か?っての多いなと思う、弁護士連はウハウハだろうけど(笑)でもそこまでするのってやっぱ一握りだし、多くは黙って腹に据えてる、自分が嫌われる事を何より恐れ直接はぶつからない。だから脆くて傲慢なものが出来上がるんじゃあないのか。

何かと『○○ハラ』に頼り過ぎだよね、ヘタすると個人(自身)の意志とか信条とかいったものよりも優先しちゃってるよね、そんな誰かが支度した定義をありがたがって、或る意味責任転嫁してるよね(`・ω・´)雄々しく気高く闘った者しかヴァルハラには入れないんだぜ(何言ってんだこいつ)


(以下余談)


【緊急悲報】東京マラソンのランナーwww

べつに個人の趣味嗜好はかまわんのだよ、参画の理由も動機含め"どうでもかまわない"のだ。

俺が気持ち悪いと思ったのは「とうとう市井のスポーツにまでもこういう脚色演出始めたか」って事実。この人じゃない誰かのとこほんのチラ見だったけど「うわぁ…」と思ったよ(``)個々の趣味の問題とかじゃあないよ、『過剰な色付け/甘味料』が総じて気持ち悪いんだよ。



ed209 at 14:44|Permalinkclip!

2016年02月23日

メザンバコ

●“アキバのプロ”専門学校の同人誌専攻コースが「同人ゴロ養成してるだけ」と話題 認識違い指摘も●

同人誌専攻コース …同人でもオリジナルなら構わないと思うけどね、在野だからこそ出来る事ってのもあると思うし。でも、実のとこ時流に寄せた専門学校の動向って大概"よくないもの"なんだよな、創作それ自体より目先の利益や名誉に引かれる安易な輩が集りそうなやつで…まあ搾取としては真っ当か←

音楽系でもあったよ、"ネットミュージシャン養成"とか謳って(笑)アホかと。YouTube御謹製のYouTuber養成講座とかもね。

全否定するわけでは無いけれど。こと芸術方面に関しては、そういう射幸心や皮算用とは遠い精神持ってる人こそ相応しい、本当は。けれど学校というのは「実績」を産んでなんぼ、でないと続かないから、それとは相反する精神も送り込む、土壌も出来上がる。その結果、エンブレム騒動なんかも起こる←

つまり、学校に通うことによる最大のメリットは「コネ」なんだよね、学費はその為の投資とも言える、良し悪しはともかく。でもまあ、何しろ、ストイックな向上心<<<エピクロスな上昇志向って機構は好ましくはないね、"それを目標としたからこそ"ってのは分かるけれども。

なお、こういうこと平然と言うから業界から嫌われるのです(キメ顔)

いや、マジな話。「郷に入りては」じゃあないけれど、どんどん日和見的で組織的、隣組的に成っていくんだよね残念なことに、俺の棲息する領域も「それは言わない約束」みたいに、不文律的に。内輪で必要以上に褒めあってるのしか見たこと無いよ、いやま積極的に貶しあう必要もないとは思うけどさ(笑)

そんな変化が、まあイヤになったわけです。

折しも今日は2月23日か(意味深)

念のため。

や、223はよかったよ?本当によかった、今でも愛している。問題はそのアトだ

自分で言うのもなんだけれど、僕は根にもつほうではない、かなり酷いことをされても、そのとき烈火と化すことはあっても、延々恨み続けるというようなことは無い、我ながらお人好しだなと思う程に。しかし(``)ひとつだけ、今でも思い出すだけでハラの立つことがある(これはよっぽどだ)

原因はわかっている、「その時その場で烈火と化さなかったから」だ、だから残り火がブスブスとくすぶっているのだ(笑)その時は"全体のことを考えて"抑えたつもりだったけど、今にして思えばそれは間違いだったというか、「間違いの始まりを止められなかった」ようなそんな思いで、後悔でもあるな。

ああ、そうだよな…本当に全体のことを想えば直ちに見咎め諌めるべきだったよ、だって"一部を除いた全体"に大して凄く無礼なことだったんだから、あれは。ヘンに「空気」ってやつを読んでしまった、読み違えてしまった。後悔だ。


閑話休題


にしてもいつ頃から同人=他人の褌(あわよくばそれで銭稼ぎ)の共通認識になったんだろうな、アララギとかホトトギスとはもう全く別物だよな同人(笑)

そのうち『ゲーム実況者育成コース』なんてものまでも謳いそうだ(もうあったりして)

同人=パロディ/二次創作って意味だと認識してる人もいるんじゃないか、マジで。本来"やりたいことがある好き者同士"なんだけどね、「好きだからやる(自腹切ってでも)」ってものであり自己主張であり。でもまあそんな志も「名のあるもの」にばかり流れる世間に挫けて、人の褌担ぎだしたり。

例えばYouTubeなんかも、今や他人の褌担ぎとその後追いばかりになり場を席巻、結果、オリジナリティは浮かぶ瀬もなく隅に追いやられる様な状態になっちゃったからね。あまつさえ、行動原理が「本当に好きだから」じゃなくて金目当てだったり。で、あれらを「同人」と呼べるか?って話だ。

そう考えると、かの向きも「大方は"同人"ではないよなもはや」という思いにも至ったり。



ed209 at 19:36|Permalinkclip!

僕はババヌキくらいしかできない

ローマ法王:「壁を作ることだけを考えている人はキリスト教徒ではない」トランプ氏を批判 - 毎日新聞

詩的な表現なんだけど方や物理的展望で計画だから笑ってしまった。まあ美しいけれど、それもまた極端かな、ていうかバチカン(意味深)

困っている人に手をさしのべることは美しいけれど、そこで自分の善性に酔い痴れてしまってはならない、ましてや神なる名の下にそれを誰かに強要することなど、あってはならない。移民(異民)問題もそう(・ω・)ナショナルの喪失は国と民族の消失に繋がるからな、慎重に運ばないと。

幼い頃には「世界統一国家」なんて夢想したこともあったけれど、今は「それでは世界はつまらない」と思うばかりだ(・ω・)多種多様な風土風俗文化があるからこそ面白いんだ。それらをすべて犠牲にすればこの世界から争いは無くなるとでもいうのか?(問いかけ)

ミレニアム思想(構想)にしたって、わかってるんだよね(・ω・)「信じる者だけが迎え入れられる」と始めから謳っているもの、統一なんて不可能だとわかってるんだよとっくのとうの大昔から、形だけでもそうするならもう「支配しかない」ということも。いかん、マジ語りしてるよ僕(不敬)

この際ツッコんで言うと「(入れるのは)悔い改めた者だけ」なんだけど(・ω・)悔い改めるとはつまり「改宗」なんだよね、だから日頃の行いを改めても権利は無いんだよね(笑)ていうか他を崇めるという行い、それそのものが罪という定義。もちろん分派ごと硬軟在るけれど、根本原理はそれ。

だから常々僕は言っているのだ(・ω・)この世で最も恐ろしいのは「確信犯」であると(もちろん、本来の意味での)

自分は善行してると信じ疑ってない←これは怖いよ、いやマジで、「憐れだから救ってあげよう(奪命)」悪意じゃなく善意でこれが出来るからね。トランプ氏もそうかもね←

確信対確信かもしれないということ、そして決して譲らない相容れないということ、信仰だからねえ。

念のため今一度言っておくよー(・ω・)『確信犯』てのは「悪いことだとわかっててやる」ではなく「悪いこととは思ってない」だからね、むしろ「善いこと」とすら思ってるだからね、ディオ様じゃなくてプッチ神父だからね(分かり易い喩え)

…と、ここでアニメ違法アップロード神のありがたい御言葉をお送りしましょう。

【違法アップロード者のジョジョ最終回コメントwww】

これはもう確信犯の域ですわ、神とか呼ばれてその気(善行積んでる心境)になってますわ。

見事なジョジョ流れッ!




ed209 at 18:02|Permalinkclip!