Twitter不定期まとめ(抜粋)

2016年03月26日

バランス

【1】

トレンド 巫女のくせ って何かと思えば…

●「巫女のくせに何だ」自民・大西氏がまた失言●

まあ政治家大先生からすれば国民総じて「庶民のくせに」ってなものなんでしょうよ腹の内(`ω`)しかし呑み屋でする放言レベルの失態多いなあ大先生のくせに←

のび太のくせにを地で行くジャイアニズムかな

べつに、まったく庇う気はないけれど。
人間、誰かや何かを見下すことで自分の優位性優良性を確信しようとする部分ってのは多かれ少なかれもってるからね。庶民同士ですら「たかが」だの「底辺」だの言ってそれを実行してるんだから、そりゃあ大先生にしてみれば全国民がそれに当たるだろうね(笑)

つまり、さっき喩えた「呑み屋でする放言」だけど、「ネットで(匿名で)する放言」と置き換えてもよい(意味深)

ところで「自民・大西氏」って音声ニュースでうっかり聴くと「ジミー大西氏」と認識してしまいそうだ。


【2】

●自民党参院議員が白昼堂々の“暴力沙汰”JA関係者を殴る●

ソースがゲンダイってのが…と思ったら案の定、そこへ至った経緯一切無し(笑)何しろ暴力行使は感心しないが、殴られてもしゃーないと思える何かはあったかもしれないからな。偏り過ぎ。

image

いきなりここから入ってそのまま終わってるからな(笑)だからその「何を言っ」たのかまで記して初めてマトモな報道だろ(・ω・)ってゲンダイに言ってもしょうがないな←

繰り返しになるけど、行使した時点で負けなことは言うまでもない(言ってるが)殴ってよしと許可されたので殴った=同意のうえ云々とはいかんわなそりゃ(笑)

わざわざ被害者にコンタクト取ったのなら尚のこと、総てを明らかつまびらかにすべきなんだよ『報道』を謳うのなら。これじゃあ「なにか都合の悪いことでも?」なんて邪推もされかねないってことだ、報道の姿勢の問題。義は我に在りなら包み隠さず。殴った奴がとにかく悪いと言うだけなら子供の使い

まあ、偏った思想に傾倒してる人にとっては文字通り都合のよいメディアだろうけれど。"どっちつかずのハンパ者"としては「キレイに偏ってんなあ」という率直な感想も当然出てくるわけだ。この当然の疑問も見えない、というか無視出来てしまう様になるから怖いんだよね『極端』て。

偏ってる人というのはどうも自分と全く同じでないと直ちに「敵」と認定を下さるみたいだからね(笑)おそらくは、この僕の発言も、ある方向に偏っている人にしてみれば、そういうことになるんだろうなと想う(・ω・)簡単だなあ

例えばさっきの「巫女」の件に触れてるくだりなんかは逆に、まさにその「逆」の方向に偏ってる人が見ればエネミー認定(笑)これまたあり得るわけだ。

僕は特定集団が判断基準でも無ければ集団に依存もしてはいない(・ω・)どっちつかずのハンパ者だからね。歪に偏るくらいなら全方位的に敵をつくるほうがマシ←

ついでに言うと。
もし裁判沙汰になるとして/するとして。"法に訴える"なら益々「殴ったほうが悪い」だけじゃお話にもならないからね(・ω・)子どもの学級会レベルでも理由は訊くよね?って次元の無論。

まあ実際にはおそらくそこまで行かず毎度のモヤモヤっとしたカンジで収束するんだろうけどね(察し)


【3】

●人工知能がヒトラー礼賛 - 米マイクロソフト実験中止●

純粋無垢は極端な考え方に容易く左右されるって証明されたわけだ(笑)ムダの無い思考ってのは合理性を追求しいずれ独善的になるものなのかもね?協調より一極って論理。

たとえば、怨敵をヒトラー呼ばわりする自称平和主義の向きもまた、つまるところは"そう"だものね(・ω・)『中間(中立)は無い』もの。

だからほら(・ω・)ヒトがネット上で数字化しつつある0か1かのデジタル化しつつあるって、だいぶ前に僕が予言したとおりになったろ(僕はキメ顔でそう言った)

傲慢を承知で敢えて言うけど、コミュニティが膨れ上がり、初期には在ったであろう"一定の水準"を下回る「烏合の衆」と化した段階で、そうなることは見えてるんだよね、オフもオンも同じく。

"スマホ"が普及したここ数年でそれが急加速した事は間違いないよ。そして、その際たる例がココ(Twitter)。つまりは、ぶっちゃけ「その程度の輩でも入り込めるようになった泳げるようになった」ってこと。もう昔のネットとは違う。

"あるコミュニティ"が「流行」と謳われ定義されてから文字通り流れが変わり始めたなってのが過去の実感。そう(・ω・)mixiだね、続いてツイッターに顔本だね。それまでネット=オタク=気持ち悪いとか言ってマイノリティを蔑んでたようなマジョリティまでもが我も我もと食いついてきた(笑)

そうして『自然とそこへとやってくる素地』ってのが無い者までもが集れば、総勢的に逆転もさせてしまうからね、近年のYouTube然りそりゃあ「もはや別物」にもなる、言わばネット世界=ひとつの社会としてのパラダイムシフトみたいなものだ。

そうして大勢になれば多様性っていう可能性が増すんじゃあないか?というと、残念ながらそうはならない、そうはいかない、むしろ多様性の芽は隅へと追いやられる格好となる。つまりもう(いまだドヤ顔で分けて語る、分けたがる時代遅れな自称識者もいるけれど)ここは「現実とほぼ同じ」だ。

ってなこと言うと「多くが匿名で顔無しなここが(現実と)同じか?」って声もありそうだけれど。見知らぬ通りすがりの顔などいちいち気にして見てないし覚えてなどいないんだから同じようなものだ(・ω・)少なくとも僕にとっては。違いがあるとすれば"その場で聞こえる声のデカさ"くらいだ(笑)

まあ、そこのところも微妙に、曖昧に成りつつあるというか、"そういう人もいる"ことは認めるけどね、「お前それサバンナでも同じこと言えるの?」じゃあないけれど(意味深)






ed209 at 01:59|Permalinkclip!

2016年03月17日

シレッとワラワラわいてくる便乗

●酒井法子さんベッキーの一件を受け「日本にはあることないほじくり返す集団イジメの風潮がある」●

や(``;)凄いな本当…譲って、そういう風土気質が在るとは認めても「おまいう」が止まらん。ベッキーはまだしも、この人被害者要素皆無なんだけど。

個人的に、この人のことは昔から、なんだか目が嘘をついているというかハッキリ嘘吐きの目だと感じて、どうにも好きになれなかった。まあ、それは単純に当時の、あの陽性不思議キャラな売り方と、その仄暗い目の光りとが全く噛み合っていないと感じたからに過ぎなかったのかもしれないが。

まあ、そういった気質そして風潮それを『陰湿』と表すとして(``)僕はこの人の目つきや顔つきにそれをものすごく感じるんですけどね…

ところで本文

>>しかし、そこから這い上がり、見事復活を遂げた日本の女性

…幾らもらったんだ、これ。

なんなのこれ?どういうわけでむしろ輝ける女性代表みたいな調子になってんのこれ(笑)これ書いた記者は真面目に生きてる日本の全女性に謝れと言いたいくらいだわ(言ってるが)



ed209 at 00:29|Permalinkclip!

2016年03月16日

どうやら叩かれている様だけれど

ん?僕も「憤りは解るけど「日本死ね」はないわ」と思ったけどね(どこでも2ちゃんノリ)

【保育園落ちたブログ「日本死ね」匿名書き込みは「便所の落書き」田中裕太郎・杉並区議がブログで批判「暴言許されない」】

ていうか2ちゃんでも「氏ね」と自重する次元(笑)

だって「死ね」なんて子どものケンカの捨て台詞レベルじゃんか。実際の修羅場で勢い発したものならまだ解るけど、要はそれってカタカタポチポチ打ってたわけじゃんか(笑)そこのところで人格的未熟も感じちゃうよね。また、事が弱者寄りなら暴言も許す/許されるべきなんて都合のよさはいただけない

少なくとも、日本人たる僕としては決して気持ちのいい発言では無かった、事の本質については無論思うところあったが、だから敢えて触れなかった。国家死ねとか政府死ねならば、まだわかる(やはり感心はしない)が、日本死ねは無いだろ…と思う程度には愛国心あるからね、体制では無く、あめつちに対して。



ed209 at 19:01|Permalinkclip!

無学で無名な僕という立場から言わせていただくと

ショーンK←もうずっとトレンドにあがっててショーンバグ彷彿

【ショーンK“経歴詐称”謝罪「報ステ」出演含め活動自粛へ】

しかし。まあ、この人のことはよく存じないけど(・ω・)才があっても肩書きが無いとお鉢が回ってこない、無いと分かると手のひら返しもってのは、なんだかセコいなあと思うところもある。つまるところ"そういう世の中"だから偽りも生じるんじゃなかろうか?とも。

自分の才覚に自信があるのなら偽りなく堂々とすればよかったのに…と、同時に、「そうでもしないと見向きもされな」かったのかな、とも思うジレンマ(笑)まあ世の中、"肩書きだけは立派"な人も大勢いるのは事実だし、得てしてそれが強味になるのも事実。さりとて、それに屈伏してはいかんよな。

権威を騙るということは権威に屈しているに他ならない(・ω・)そのほうが惨めだろう心の在り様としては。

ちなみに僕だが、他人のどこ出にもどこ勤めにも興味は無い、「この人面白い」と感じるか否かだけが判断基準で興味の対象だ。まあ、どうしても聴いてくれと言わんばかりのことなら聞かないでも無いけれど、こちらから訊くことは無いな(笑)それで評価が変わることもまた無い。

たとえるなら( ˘ω˘ )そうだな…

「俺は貴族だ、正確には伯爵だ」
「それがどうした」

…( ˘ω˘ )という感じかな(俺ディッキンソン説)

や、わりとマジな話。実際博識で弁も立つのなら、たとえば化膿姉妹(仮名)みたく『そういう設定』の人(笑)としてコメンテーターくらいやらせてもいいんじゃないかな(・ω・)名ばかりでしょうもないのいっぱいおるやろ。

まあ結局、そうしたところで「たかが○○ごときが」って反応にしかならない(そういう価値観の持ち主が決して少なくない)から「そうもいかない」ってことにもなるんだろうけど。

ところで。有利を確信して言うその台詞ほど貧しくさもしいものは無い。「たかが〜ごとき」ってな調子がカッコよく響くのは自らの圧倒的不利に立ち向かう時だけだ(`・ω・´)単騎で隕石押し返そうとする時とかな←

でもだめだ、やっぱりショーンがリフレインしてつい笑みがこぼれる(こればかりは不可避)

【追記】

ホラッチョはいかんwww #失笑を禁じ得ない もうそっとしといてやれよ(´ω`;)






ed209 at 17:14|Permalinkclip!

2016年03月12日

子供のすることだからね、そりゃあイタいさ。

【教卓の上で憲法9条を大声で叫ぶ生徒 駿台予備校がヤバ過ぎると話題に】

例えばセカオワの歌詞に陶酔する様なもの。夢の無い時代だとか言っても十代なんていつの世も劇場型ドリーマーだからな、ラブ&ピースとか言っとけば大方チョロい、洗脳も簡単。その自分の簡単さに自覚が無い、むしろ聡明と思ってる愚昧が問題。

よく言えば穢れなき純粋ハッキリ言えば無知蒙昧。カルトから脱した人が口を揃えたかの様に言う「どうしてあんなものに心酔したのだろう」が全てを物語る(・ω・)「賢く無い」んだよ、少なくともその時は。理想への憧憬ってのは恋愛感情並みに冷静な判断力を狂わせる、夢の様な話には気をつける事だ。

特に女性は危ないな、集団性依存が強い、言わば生来のコミュニストだからな(※個人差があります)甘い言葉や『共感』に容易く操られる危険性が男よりも高い、"自分で考える"ことを放棄し易い。そういうところを上手く利用してる商売商法、山ほどあるでしょ(・ω・)泣けるとかラブソングとかさ。

だから「SEX教団」なんてものも成立するんだぜ(笑)や、笑い事じゃないけど。

余談だけれど。「弱き者よ汝の名は女なり」という言葉があるよね(・ω・)これを「だから守ってあげる(男は守れ)」的な意味合いだと思ってる人けっこういるんじゃないかな、こと日本においては。違うからね、むしろ「自分の脆さを自覚せよ」って嫌味皮肉に近いからね、出典を知れば自ずとわかるよ。

そして、こう言わねばなるまい。
「男とは実に単純なものである」と(※個人差があります)

チョロいなー僕(笑)


【追記】

「君が代起立は教育滅ぼす」←胡散臭い横文字団体が民族性を滅ぼしかねないとは想う(笑)

シベリア抑留経験を持ち戦争の悲惨を訴える御老人「あれは美しい詠です(それとこれとは関係無い)」と仰ってたよ

結局、どう利用するか(してるか)だな、「思想誘導に利用している」と謳うこともまた思想的利用だ、歌が音楽が不憫だ。

こんなことを言うと叱られるかもだけれど。特定の何かや誰かに限ることなく各々が大切なものを想って歌えばいいんじゃないの(・ω・)僕はそういう詠だと思ってるけどなあれ。

何を言っても「本物」には敵わない。その御仁のHPご紹介しておきますね。

僕が知己を得たのはODN時代だから、もう13年ほど前になるか。その御歳にして独学でPC学んで作られててね、それだけで感服したものだ。

また、御自分でパーツレベルからアンプを組んで音楽を嗜んでおられたりもしてね、まことに粋な御仁。悲惨な体験してても決して鬱屈したりしてないんだよね。その御仁と多くの言葉を交わさせていただいた僕としては、「想像で何を訳知り顔してるんだろう」としか思えないのだよ、偏った思想集団は。

大人は難しく考えたがるけど。「どうして人殺しはいけないの?」と問われたら僕はこう答える。誰だって殺されたくはないよね、そして自分がされたくないことは自分も他人にしちゃダメって思うよね、だからだよと。そこで大人って「しちゃダメ」ってカッコつけて、「されたくない」って本音を隠しがち。

だからさ、「いけない」の前に「イヤだ」なんだよ。「戦争はイヤだ」ってそんなの子どもでも分かる事なんだよ。カッコつけたい大人が妙にややこしくしてんだよ。

まあときどき「してみたい」って奴もいる「されてみたい」って奴もいるかもしれない。けれどそれを基準に考えても仕方ない、っていうかそういう特殊な例も考慮しこねくり回そうとするから余計ややこしくなる(笑)そもそも考慮したところで「その願望わたしが叶えてあげましょう」って奇特もまた(ry



ed209 at 22:47|Permalinkclip!

2016年03月11日

好きって気持ちに言い訳が要るのか?(僕はキメ顔でそう言った)

(ツイッターにて)

なんで自虐ツイートってワードが浮上してるのかと思ったら…そういうことか。絵の方面には明るく無いけれど、何しろ、ものづくりの立場なら積極的にするもんじゃあないとは思う、個人的には。好きな事してるんだから堂々とすればいい、謙遜というより予防線、批判された場合の保険みたく映るからね。

「そんなことないよー」待ちの自称ブスにも似たみっともなさと言えなくもない。

それに、たとえ本心(自信の無さ)からの言葉でも、気に入ってくれた人に対し失礼だ、「こんなものがいいってあなたの感性もどうかしてる」と言う様なものだからね(笑)「だったらやめろ」とも言われかねない。

ちなみに僕、絵描きさんが「落書き」っていうの、あんまり好きじゃない。素人目にキッチリしてても本職的には落書きくらいの気軽さなのかもしれないけど、なんだかね、やっぱり予防線ぽく感じてしまう(・ω・)ましてや対象が他人様のキャラだったりすると「失礼なこと言ってないかそれ」と思ったり。

で、こちらの領域のことになるけれど。

だからだよ、他人様のモノマネしておいて「弾いてみた」って、その文言にイラっとするのはさ(``)敬意が感じられない、引っかかるための共通言語でやむなくだとしても、そうする姿勢がやはり安っぽい(なので僕はいつもマイナス「てみた」検索している)

「アイツのやってることくらい自分も出来るんだぜ楽勝だぜ」みたいな心根を見せられ聴かされしたってなんにも感じない、「それがどうした」としか思わないし「それであなたは何が出来るのあなた自身はどこに在るの?」と問い詰めたくなる(笑)

なお、創作とは切り離したところでの自虐、自分のネタ化はワリと嫌いじゃない←

じゃあヒトマネを創作と呼べるかというと「違う、模倣だ」となるけれど。それでも、例えばモノマネ芸人さんとかタダの模倣に留まらず工夫してるよね、それこそ"自身をネタ化"もしてるよね(笑)そういう工夫、創意工夫は、次の段階→自分自身に成るために必要だと思う。


といったところで堂々言うけど我ながらカッコいいね、そして愛を感じるねゲキカラブを。





ed209 at 15:41|Permalinkclip!

2016年02月29日

群愚似流

ニンニクの日はまあ理解もしよう。だが肉の日とは?毎月29日でいいんじゃないの?頭の2はなんなの??どうも釈然としない。

と、いうわけで『229(不服)の日』を提唱したい(・ω・)四年に一度くらい腹の内を洗いざらいブチまけてもよかろう、それを容れる器量が日本社会には必要だ(真顔)

服従ばかりじゃ鬱屈する一方だぜ(・ω・)今日は上司に「黙れこのハゲ」くらいの勢いでぶつかるといい、それが本当の無礼講というものだ。何かを変えるのに四年てのは程よいサイクルだろう。 #229 #不服の日 #そして不屈へと

ハッハー!(°∀°)それを容れる器量すら無い奴が人の上に立って上司を名乗ってるなんざトんだお笑い草だぜ!と言いたい(言ってるが)

たとえば血の繋がった家族間で「お前それはよくないよ」さえ言えなかったら、言い合え(合わ)なかったらどうなるだろう、互いに成長も発展もしないんじゃないだろうか、家庭は膠着するんじゃなかろうか。それはミクロなものだけれど、社会というマクロも似たようなものって気がするのだ(・ω・)

近年「そうだ司法という偉力で威力に頼ろう」←そこまでの事か?っての多いなと思う、弁護士連はウハウハだろうけど(笑)でもそこまでするのってやっぱ一握りだし、多くは黙って腹に据えてる、自分が嫌われる事を何より恐れ直接はぶつからない。だから脆くて傲慢なものが出来上がるんじゃあないのか。

何かと『○○ハラ』に頼り過ぎだよね、ヘタすると個人(自身)の意志とか信条とかいったものよりも優先しちゃってるよね、そんな誰かが支度した定義をありがたがって、或る意味責任転嫁してるよね(`・ω・´)雄々しく気高く闘った者しかヴァルハラには入れないんだぜ(何言ってんだこいつ)


(以下余談)


【緊急悲報】東京マラソンのランナーwww

べつに個人の趣味嗜好はかまわんのだよ、参画の理由も動機含め"どうでもかまわない"のだ。

俺が気持ち悪いと思ったのは「とうとう市井のスポーツにまでもこういう脚色演出始めたか」って事実。この人じゃない誰かのとこほんのチラ見だったけど「うわぁ…」と思ったよ(``)個々の趣味の問題とかじゃあないよ、『過剰な色付け/甘味料』が総じて気持ち悪いんだよ。



ed209 at 14:44|Permalinkclip!

2016年02月23日

メザンバコ

●“アキバのプロ”専門学校の同人誌専攻コースが「同人ゴロ養成してるだけ」と話題 認識違い指摘も●

同人誌専攻コース …同人でもオリジナルなら構わないと思うけどね、在野だからこそ出来る事ってのもあると思うし。でも、実のとこ時流に寄せた専門学校の動向って大概"よくないもの"なんだよな、創作それ自体より目先の利益や名誉に引かれる安易な輩が集りそうなやつで…まあ搾取としては真っ当か←

音楽系でもあったよ、"ネットミュージシャン養成"とか謳って(笑)アホかと。YouTube御謹製のYouTuber養成講座とかもね。

全否定するわけでは無いけれど。こと芸術方面に関しては、そういう射幸心や皮算用とは遠い精神持ってる人こそ相応しい、本当は。けれど学校というのは「実績」を産んでなんぼ、でないと続かないから、それとは相反する精神も送り込む、土壌も出来上がる。その結果、エンブレム騒動なんかも起こる←

つまり、学校に通うことによる最大のメリットは「コネ」なんだよね、学費はその為の投資とも言える、良し悪しはともかく。でもまあ、何しろ、ストイックな向上心<<<エピクロスな上昇志向って機構は好ましくはないね、"それを目標としたからこそ"ってのは分かるけれども。

なお、こういうこと平然と言うから業界から嫌われるのです(キメ顔)

いや、マジな話。「郷に入りては」じゃあないけれど、どんどん日和見的で組織的、隣組的に成っていくんだよね残念なことに、俺の棲息する領域も「それは言わない約束」みたいに、不文律的に。内輪で必要以上に褒めあってるのしか見たこと無いよ、いやま積極的に貶しあう必要もないとは思うけどさ(笑)

そんな変化が、まあイヤになったわけです。

折しも今日は2月23日か(意味深)

念のため。

や、223はよかったよ?本当によかった、今でも愛している。問題はそのアトだ

自分で言うのもなんだけれど、僕は根にもつほうではない、かなり酷いことをされても、そのとき烈火と化すことはあっても、延々恨み続けるというようなことは無い、我ながらお人好しだなと思う程に。しかし(``)ひとつだけ、今でも思い出すだけでハラの立つことがある(これはよっぽどだ)

原因はわかっている、「その時その場で烈火と化さなかったから」だ、だから残り火がブスブスとくすぶっているのだ(笑)その時は"全体のことを考えて"抑えたつもりだったけど、今にして思えばそれは間違いだったというか、「間違いの始まりを止められなかった」ようなそんな思いで、後悔でもあるな。

ああ、そうだよな…本当に全体のことを想えば直ちに見咎め諌めるべきだったよ、だって"一部を除いた全体"に大して凄く無礼なことだったんだから、あれは。ヘンに「空気」ってやつを読んでしまった、読み違えてしまった。後悔だ。


閑話休題


にしてもいつ頃から同人=他人の褌(あわよくばそれで銭稼ぎ)の共通認識になったんだろうな、アララギとかホトトギスとはもう全く別物だよな同人(笑)

そのうち『ゲーム実況者育成コース』なんてものまでも謳いそうだ(もうあったりして)

同人=パロディ/二次創作って意味だと認識してる人もいるんじゃないか、マジで。本来"やりたいことがある好き者同士"なんだけどね、「好きだからやる(自腹切ってでも)」ってものであり自己主張であり。でもまあそんな志も「名のあるもの」にばかり流れる世間に挫けて、人の褌担ぎだしたり。

例えばYouTubeなんかも、今や他人の褌担ぎとその後追いばかりになり場を席巻、結果、オリジナリティは浮かぶ瀬もなく隅に追いやられる様な状態になっちゃったからね。あまつさえ、行動原理が「本当に好きだから」じゃなくて金目当てだったり。で、あれらを「同人」と呼べるか?って話だ。

そう考えると、かの向きも「大方は"同人"ではないよなもはや」という思いにも至ったり。



ed209 at 19:36|Permalinkclip!

僕はババヌキくらいしかできない

ローマ法王:「壁を作ることだけを考えている人はキリスト教徒ではない」トランプ氏を批判 - 毎日新聞

詩的な表現なんだけど方や物理的展望で計画だから笑ってしまった。まあ美しいけれど、それもまた極端かな、ていうかバチカン(意味深)

困っている人に手をさしのべることは美しいけれど、そこで自分の善性に酔い痴れてしまってはならない、ましてや神なる名の下にそれを誰かに強要することなど、あってはならない。移民(異民)問題もそう(・ω・)ナショナルの喪失は国と民族の消失に繋がるからな、慎重に運ばないと。

幼い頃には「世界統一国家」なんて夢想したこともあったけれど、今は「それでは世界はつまらない」と思うばかりだ(・ω・)多種多様な風土風俗文化があるからこそ面白いんだ。それらをすべて犠牲にすればこの世界から争いは無くなるとでもいうのか?(問いかけ)

ミレニアム思想(構想)にしたって、わかってるんだよね(・ω・)「信じる者だけが迎え入れられる」と始めから謳っているもの、統一なんて不可能だとわかってるんだよとっくのとうの大昔から、形だけでもそうするならもう「支配しかない」ということも。いかん、マジ語りしてるよ僕(不敬)

この際ツッコんで言うと「(入れるのは)悔い改めた者だけ」なんだけど(・ω・)悔い改めるとはつまり「改宗」なんだよね、だから日頃の行いを改めても権利は無いんだよね(笑)ていうか他を崇めるという行い、それそのものが罪という定義。もちろん分派ごと硬軟在るけれど、根本原理はそれ。

だから常々僕は言っているのだ(・ω・)この世で最も恐ろしいのは「確信犯」であると(もちろん、本来の意味での)

自分は善行してると信じ疑ってない←これは怖いよ、いやマジで、「憐れだから救ってあげよう(奪命)」悪意じゃなく善意でこれが出来るからね。トランプ氏もそうかもね←

確信対確信かもしれないということ、そして決して譲らない相容れないということ、信仰だからねえ。

念のため今一度言っておくよー(・ω・)『確信犯』てのは「悪いことだとわかっててやる」ではなく「悪いこととは思ってない」だからね、むしろ「善いこと」とすら思ってるだからね、ディオ様じゃなくてプッチ神父だからね(分かり易い喩え)

…と、ここでアニメ違法アップロード神のありがたい御言葉をお送りしましょう。

【違法アップロード者のジョジョ最終回コメントwww】

これはもう確信犯の域ですわ、神とか呼ばれてその気(善行積んでる心境)になってますわ。

見事なジョジョ流れッ!




ed209 at 18:02|Permalinkclip!

シナチクニンニシ

『千の風になって』、僕はあれをコミックソングと認識している、そして以降の日本の芸能文化を腐敗させた感動商法その大きな元凶のひとつであるとも思っている(・ω・)いやマジあれで「泣けるー」って理解不能だったよ、フンイキ陶酔もいいとこだと、かけそばから何も成長してないなと。

まず僕にとって日本語+オペラボイス=弱点である(笑いのツボ)というのもあるけれど。そもそも、歌詞が破綻している。「そこ」には居ないと言った舌の根の乾かぬうち「あの」とはどういうことなのか?いま空にいるのなら「あの」は無いだろう「あの」は(・ω・) ならここにおるやんけと(真顔)

更に穿つなら(・ω・)残された者による「という設定(想い語り)」であるなら、「この」では無く「あの」なのも、まあわからんでもない。だかしかしそんなわざわざそんなメタ構造とも思えず(笑)やはり"フンイキ発言"の域であろう。

ていうか「これ体のいい便乗商法じゃね?」とも(ぶっちゃけ)

そういうものにコロッと転がされる感性というものは、好意的に言えば「無垢」だが、本質的には「愚か」だ。そこにつけこむ者を、詐欺師という。

そして僕は邪推する「もしや佐村河内先生の作品なんかも盲目的にありがたがっていたりしたんじゃあないかな?」とゲス顔で邪推する。

#美談商法

ああ、便所紙の歌なんてのもあったよね、そんでまた「泣けるー」つって(・ω・)言うと思ったって感じだったよ、そして「へえそうなんだ」それだけだった、なぜなら僕のおばあちゃんはべつにそんなことは言わなかったからね(笑)それより、自分自身の思い出や物語を大切にすれば?なんて思うばかりで。

まあ紙に見放されると確かに泣けるけどね、泣けてくるけどね(そういう隠喩と思って聴くのも一興)

歌を「実話」と謳われるとね、凄くパーソナルなもの「その人の物語」という認識になってしまうんだよね俺の場合。だから、そう簡単にはそして過剰には感情移入出来ないんだよね…っていうか「さあ、どうぞ!泣いてください!」みたく来られるとね、反逆したくもなるんだよね単純に←

そんなわけで僕は妙に現実的具体性を強く帯びた言わば説明的な詞は聴く・書く共にあまり好まないのだ。そこは抽象的であったり暗示的であったり、いっそ思い切りフィクショナルなもののほうが好ましい、でないと「ウソ臭え」となってしまう、同じ"作り話"でも「ホラ」の如く感じてしまうのである。

いやまあ当然「想像」に決まってるんだけどねそりゃあね、死者は物言わないからね。そういう意味ではまあ悲しいわな、いや哀しいか。それでもやっぱり「勝手にキレイ目に代弁するなよイタコ芸かよ」って思うんだけどね。



ed209 at 17:50|Permalinkclip!

(`Д´)ワージッ!

(この話は、ツイッターのトレンドにあがっていた"M.S.G"に触れたところから始まる)


M.S.G ってマイケルシェンカーグループ?

と、言っておかずにはいられないよね立場上←

10代の時バイトしてた喫茶店でミートスパゲッティの略称がそれだった、同じく10代の頃マジソンスクエアガーデンバッグが同世代間で妙に流行ってたけど一体何がいいのか全く意味がわからなかった。

同じくその頃、同世代の行動で意味がわからなかったと言えば「サイン」だ。多く(主に今で言うリア充系か)が何故か自分のサインを持っていて実に不可解だった、「え、どこで使うのそれ、需要どこにあるの?」と激しく思ったが空気読んでツッコまずにおいた←

ちなみに僕はいまだに持っていない>>サイン
恥ずかしながら求められ応じた事もあるけれど、普通に楷書で名前を書いた、悪筆で申し訳なかったなと思っている(笑)

そんな事もあるから持ってたほうがいいよと或る人(持っていて然るべき立場の人)に言われ、またわざわざ実案を出してもくれたのだけれど、「自分如きがおこがましい」という思いが強く、どうにもテレくさくてダメなのだ、つまり向いてないのだろう←

あ。もしかすると、自分自身あまりそれに執着が無いせいもあるのかも、価値の順位が低いというか。なんせ、大好きだったインギーのサインも引っ越しで忘れて置いてきちゃう程度の執着だから(笑)「直に会えたこと」に至上の価値を感じる=それに比べたら大したものじゃないって認識なんだな。

そりゃあ、いただければ勿論ありがたいし嬉しいけれど、例えば「直筆サイン入り○○プレゼント」とか、特に欲しいと思ったことがないものな。なので、オークションでサイン(しかも真贋不明)に大枚はたく人の気持ちとか全然わからない。

とまあ僕はそういう奴なので、「サインくださいっ!」て言わなかったとしても気を悪くしないでくださいな、嬉しくないわけじゃないんです、会えたことそのものを本当に嬉しく思ってますし、ずっと思い出反芻してますから(笑)

ほんともらってないよね僕

や、「サイン会」ならもらいますよ?そりゃあね。そう銘打ってるところにわざわざ来ておいて「ノーサンキュー」とか嫌がらせでしかないだろ、そんな握手会に現れるアンチみたいなマネしないわ(笑)

そんな僕だが、ウリ師匠のサイン入りTシャツをうっかり洗濯してしまったときは少しばかり慌てた。




ed209 at 15:49|Permalinkclip!

2016年02月07日

クロスカウンター

【Twitterがタイムラインを変更 来週にも時系列からアルゴリズム導入へ】

>>人気のあるツイートが目立つようになり(中略)埋もれてしまうことがなくなる

逆だろ。単純数稼ぐユーザーのみ目立ち他は益々埋もれる、近年のYouTube同様。

この場での「人気がある」とは単純に「数字を稼いでいる」だから、殆どの場合でフォロワー数がモノを言う。つまらないものでもとにかく大勢を抱えてさえいれば、その大勢が脊髄反応的流れ作業的に数をもたらしてくれる可能性が高い(それを解ってるからフォロワー増加に必死な人ってのも数多なわけで)

まあ何しろ、人気がある=内容があるで無いことは確か、むしろ反比例しがちな感も。

それはさておき。

「ハイライト」とかいうやつオフってもオフってもまた「よろしくニキーwww」なんだけどツイッターはふざけているの??

ついでに言えば、いわゆる「炎上」などは、その「数を重視するシステム(というか事実上ほぼその判断しか出来ないのがシステムってものだが)」によって火に油を注がれてるって面もあるよね、言わば公式に晒し上げられてるわけだ(笑)で、逆にそこを利用するのもいるよね、炎上商法にとっては味方。

結局、人力に頼らざるを得ないんだよね、本当に面白いとか意義のあるとかを見つけたり浮上させたりするには。それだけにシステマティックな浮上ってのは押し付け/ごり押しと感じてしまって「鬱陶しい」に成りがち、ましてや公式含む特定勢力の思惑なんかが見えるとそれはもう(例:YouTube)

ネットもだんだん(悪い部分で)テレビっぽくなってきたなあという思い(・ω・)わかります?

まあ、急成長からの頭打ち(早い)ってのは見えてたから、そうなっていくであろうこともまた予見は出来ていたけれど。「これ以上人数は増えない」となれば、次には「如何にして多くを欺いていくか」だからな、すごく言い方悪いけど(笑)

ぶっちゃけ言っちゃうと「既存既得に汚染されるのは時間の問題」だったわけですよネットも(・ω・)かつての草の根レベルの自然発生的ネット独自文化だとかはめっきり減る…というか、既存の大資本に時に利用され、そして圧されてそれこそ「埋もれる」という風に。それは大衆化するほどに加速もする。

それに加え「元・草の根」も徐々に既存風に精神的に成り上がる/商い的に成らざるを得ないってのもあり、良くも悪くもアングラ性ってのは失せていく。現状まだ曖昧だけど、この先もっとハッキリしていくかもね、住人の性質気質による棲み"分かれ"。結局マニア性は潜行する事になるのかオフ同様(笑)

ああそうだ、補足しておこう。

「あー嫌いだわームカつくわー、そや!行って罵詈雑言ぶつけてきたろ!ほんで採り上げて誹謗中傷もしたろ!」

それ、積極的に数字に成りに行ってるからね、結果としては「人気」ということになるからね(笑)


〜後日〜

「Twitterがタイムライン表示を変更」の真相判明。こう変わる
ふむ。しかしツイの推してくる「重要」が重要であったためしがないのだが、それは(・ω・)詐欺メのヘッダに書いてある【※重要※】なみの信憑性やぞ(真顔)



ed209 at 03:57|Permalinkclip!

2016年02月06日

なんとなく古典への誘い2

って実際にはこれが1ってとこだったんだけど(この一連すでに一年前の投稿…)あっちのほうが入りやすいとっつきやすいかなということで、これは2という位置付けに。

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #1

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #2

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #3

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #4

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #5

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #6

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #7

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #8

好きなクラ曲を淡々と挙げていく #9

好きなクラ曲を淡々と挙げていく
シメは、やはりこれである(`・ω・´) #10

もちろん他にも好きな曲あるし、時により今回挙がらなかった曲がパッと浮かんでくることはあっても、これらは自分にとって欠かせないオールタイムベスト的な選曲ではある様に思う。

(なお、伊福部先生の作品に関しては別格的に別枠ゆえ敢えて今回挙げなかった。)



ed209 at 21:27|Permalinkclip!

なんとなく古典への誘い

今日はエピソード1やってるのかね?ちびアナキンの"It's Workin'!!It's Workin'!!"で(´;ω;`)ジワッとくる人とは酔い酒が飲めそうだ

あのちび助の波乱の生涯その行く末を知ってるからね、泣けるんだ(´;ω;`)ウッ…

ジャージャーのクド過ぎる芸風にイライラしながら観るのもパダワンの修行

余談だけど。エピソード1を象徴する名曲"Duel of the Fates"のヒントになったのはこれだと思う。"新世界"中で一般的馴染みは最も薄いと思われる第三楽章。無論、貶める意図など無い(・ω・)J・ウィリアムズは大好きだぞ!

彼の仕事に限らず、古典から着想を得て意図的に拡張したと思われる映画音楽は結構多い、そこら辺を穿ってみるのも一興、音楽の嗜み。個人的にウィリアムズの場合、特にオーケストレーション面でストラヴィンスキーからの影響が大きいんじゃなかろうかなどと思っているのだが(・ω・)いかがだろうか。

例えばついでに言うと。かの有名な『ジョーズ』のテーマ。冒頭が"新世界"の四楽章(ホントに冒頭だけ)そこから"春の祭典(春のきざし)"に転じる…といった具合。

新世界の4楽章はあまりに有名で皆よくご存知だろうから春の祭典だけ挙げとくよ(・ω・)当該箇所は、正統派の演奏なら四分前後ってとこかな。

初めて聴く人はおそらく「これのどこが春の祭典なんだ(怖い)」と思うだろうな、俺もそうだった(笑)春=明朗ってイメージにとらわれてるからね。

せっかくなのでストラヴィンスキーをもう少し。これなんかそれこそ「ハリウッド大作の音楽だよ」と聴かされたらそう思うんじゃないかな?カッコよくて大好きなんだ(・ω・)なお、邦題が一定しないが、俺の推し題は「凶悪な踊り」(笑)

そうだ。スターウォーズ絡みでにわかに話題になってたアレの曲も挙げとこう、絶好のイグザンプルだ(・ω・)念おして言うけど断じて「パクリだ」とか揚げ足とる意図じゃないからねこの一連、「わざとだ(ニヤリ)」だよ。まず『革命』の四楽章

…で、こちらが、にわかに話題になってた『宇宙からのメッセージ』の名曲"リアベの勇士"。いかがですかお客さん、「モロ」だけど「より」キャッチーにカッコよくモディファイされてるでしょ?(´ω`)楽しいね(大好きよコレ)

ビック・モローだけにモロ なんてことは露ほども思っていない

まあ、こういうのって許せる/許せないの境界が、事により人によりデリケートだったりはするんだけれどね(笑)音楽の(音"学"でない)楽しみ方のひとつとして提案してみた←



ed209 at 21:12|Permalinkclip!

2016年01月16日

【悲報】「Twitterクソ重い!バルスのせいだ!!」と憤る人続出

まあその通りだと思いますわ(・ω・)こんな事もあろうかと僕は加担しないと決めていたのだ、ラピュタという作品に矛先向く事も危惧して。

ていうか最も迷惑に感じてるのは他でもないツイッター社のような気もするが(笑)

【Twitterユーザーのバルス離れか?記録更新ならず】

一体何を目指してるの?って話だ(苦笑)そもそもそういうのは誰言うとなく自然発生的に起こってこそ面白いんであって「さあやりましょう!」となるとタダの公式の悪ノリである(今回まさに)

そもそも禁忌の言葉なのだから←

ていうかおじさんウルウルしちゃってそれどころじゃないんだよねあそこ(´;ω;`)子供のくせに死を覚悟しちゃってさあ…

話の流れとか空気とは無関係な、最悪は作品の印象をもブチ壊しかねない、言わばニコニコ動画のノリを、今回テレビ局自身が率先し推奨したというわけだ(・ω・)そういう悪ノリはフジの専売特許と思っていたが←

日テレ「さあ!みんなでバルスしよう!」
ハヤオ「(・・・)」

幼さというものは凡そ無力であるがゆえ、こういった形でも「何らかの影響を及ぼす/及ぼした」という実感を得る、達成感というか一種の快感を得られるのだけれど。ある程度成熟した向きにしてみれば「何を今更」となるのもまた無理はない、いや無理はある。それが用意支度されたなら温度差は尚更開く。

ちなみに前回(2013年)の僕だが…
うん、既に反旗を翻しているね(笑)

ぶっちゃけた話、まだ恥を知らぬ乳児幼児がうんこを漏らすのは生物的に未熟であるのみならず、原初の自己主張、僕は私はここにいますよモノを産み出しましたよというプリミティブなアイデンティティの擁立なのだ、わんこが糞尿をもって怒りの抗議をするがごとく。

(・ω・)もううんこは漏らせない、ゆえに、「さあどうぞ!盛大にしかぶってください!」と言われれば「しかぶるわけねーだろバカ」ともなるわけだ(笑)とにかく金ローは反省すべき。

や、でもホント、バルス離れとか言ってるけどね、あの公式の煽り/悪ノリで冷めた萎えたって人も少なくは無かったとおもうよ、それまではその気であったとしても。自ら滅びの呪文を唱えてしまったという皮肉。 #失策


ed209 at 23:10|Permalinkclip!

2016年01月09日

突然だが

フジテレビ…深夜で人気を得た「ならでは」な番組をゴールデンに昇格させては終了(色んな意味で)させる。

日テレ…人気を得た番組の主旨が開始当初とは別物になっていく(例:マジカル頭脳パワー、エンタの神様、行列の出来る法律相談所 等)

そんな印象がある。

要はどちらも、より"マジョリティ"に撃って出た格好なのだろうと想像するけれど、結果としては明暗分かれてるな(・ω・)マイノリティを切り捨てたらプラスになるとも限らない。

なお個人的には。日テレの、好く言えば臨機応変、悪く言えば無節操な変更はあまり好ましくなく、それら番組を「観なくなった」クチである。

マジカル頭脳パワーなんてヒドかったぜ(・ω・)はじめは高難度の頭の体操だったのが「マジカルバナナ〜」とかなってたんだぜ、勇んで試験会場へと赴いたら幼稚園のお遊戯会やってたってカンジだぜちょっと目を離したスキに←離してたのか

そういうのを「エナジードレインの応酬」と言うのだ(嘆き)

しかし、その結果「数字的には勝つる」ということがままあるわけで(・ω・)皮肉よの、レベルと戦績は必ずしも正比例しない、いやむしろ反比例するものとは(諸行無常)

作り手送り手は高い志をもって、間口は広げても、敷居を下げる様な真似を自らしちゃあいけない、「受け手をこっちに(高みに)引っ張り上げる」くらいの傲慢さをもって走っていかないと。目先にとらわれ、ご機嫌とりの太鼓持ちになっちゃダメだ(`・ω・´)これは全ての事に当てはまる(自戒含)

モノ創る人間が「子ども騙しのほうがラクでいい」なんて思ったら終わりだぜ、文化の退化で衰退だぜ。ていうか、そりゃあもう詐欺師の論理だ。

言ったそばから、こんな騒動が


誤解あるかもだから、念のため付け加えておこう。今はそうでもないかもだけど、かつてアニメ等"子ども向け"と定義されてたものは、内部でも「ジャリ番」とか呼ばれて数段低く見られていたそうだ。でもね(・ω・)ダイレクトに子どもに訴えるってことは決して、むしろラクな仕事じゃあ無いと思う。

そりゃま確かにね、昔の特撮ものとか今の目で見れば失笑ものというか別の意味でいろいろ面白かったりもするけどさ(笑)でも、その当時は確かに「必死」だったんだよ見てるほう(子ども)も、一緒に闘ってたんだよ(・ω・)だから愛があるのさ。



ed209 at 18:39|Permalinkclip!

2016年01月08日

放任主義という言葉で責任放棄を誤魔化す輩

高校生の茶髪・ピアス禁止、その是非というのが話題に挙がってるけど、まあオジサンの世代からしたら「何当たり前のこと言ってんの」ってカンジなんだけどね、そこはしたくても辛抱するのが当然で、したなら「不良」的に目をつけられるのもまた当然(覚悟が必要)って時代だったからね。

で、個人的にはそして社会的には「もっと自由でいんじゃね?」と思うけれど、ガキの時分はある程度抑制するべきされるべきとも思う。て大人が言うと「自分達が抑圧されてたから俺らにも同様を強いるんだろ」と若年は思うかもだがそうじゃあない「むしろそれでよかった」と今は思えるからだ。

あ、念の為言っとくと、地毛が赤い子や天パなんかフツーに容れる程度には寛容な環境だったよ、それをわざわざ「直してこい!」とかそういうのなかった、むしろソコんところを抜け道にして染めたりかけたりしてるのいたくらいだし(笑)

閑話休題。何故「それでよかった」そう思うかというとその『覚悟』の部分なんだよね。

今ってユルユルで、高校生どころか小学生で染めたり化粧したりもあるじゃん?てかそれを奨める様な大人がいたりもするじゃん?あれってさ、"何でも許して寛容なつもり"のダメな大人だと俺は思うよ。

ぶっちゃけ、『そうした(させた)ほうが儲かるから』奨めるってのもあるからね、そしてそういう大人の絵図にノせられてる子供って見方も出来るな。無責任に何でも許可するって態度はさ、むしろ汚い大人だよ(笑)

やるからにはそれなりの『覚悟』が必要、それは覚えるべき。例えばだけど、今はケータイが普及して誰でもマンツーマン状態じゃん?かつては女の子の家に電話ひとつかけるにもドえらい覚悟が必要だった(笑)時代の変遷変化は自然な事として、"何でも許されて覚えない"って時流は、マズいと思うよ。

自由自由と謳うけれど、子供はもともと充分自由だ。半人前には適度に不自由も与えないとまさに傍若無人だぜ、猛獣を檻から放つ様なものだ…と、子供時代の自分を振り返り思う(笑)

むしろ、物分かりのいいフリして自分の優しさに酔った大人には飼い慣らされるな(・ω・)とオジサンは思います。

そういう大人の「(なんでも)いいよ」ってのはさ、「(どうでも)いいよ」なんだぜ(・ω・)煽るだけ煽っといて、何かあれば「自己責任」とか言っちゃうんだぜ。そういう無責任。

そもそも毛色(文字通り)も人種も混交したヨソと並列で謳うのが可笑しい、ナンセンスにも程がある(笑)何もかもヨソ基準に考える自称グローバルな急進派にありがち。自分の足元も見えてないのに限って国際化とか安易に謳うんだよね(・ω・)「ヨソはヨソ、ウチはウチ」と先ず教わらなかったのかと。

なお、みんな大好き『個性(の主張)』も、右へ倣え左に倣えすれば没個性。わざわざ変えた結果みんな揃って茶髪とかね(笑)元来、横並びに安心を覚える性質の高い国民性だから、言われればそう成りやすい。まあ何しろ、どうせなら『同じ姿してても溢れ出る個性』を先ず目指してほしい(意味深)

蛇足。そういう向きにかかれば制服も「軍国主義ガー軍靴の音ガー」とかなんとか始まるんだろうなと想像に難くない(・ω・)私服の国には軍隊も徴兵制も無いのか?とツッコむのもアホらしいレベル。





ed209 at 12:57|Permalinkclip!

2015年12月25日

ソースの覚醒

Sauce じゃなくて Source のほうね?これは、そういう話(に成っていた)、以下。


今日はエピソード1やってるのかね?ちびアナキンの"It's Workin'!!It's Workin'!!"で(´;ω;`)ジワッとくる人とはよい酒が飲めそうだ

あのちび助の波乱の生涯その行く末を知ってるからね、泣けるんだ(´;ω;`)ウッ…

ジャージャーのクド過ぎる芸風にイライラしながら観るのもパダワンの修行

余談だけど。エピソード1を象徴する名曲"Duel of the Fates"のヒントになったのはこれだと思う。"新世界"中で一般的馴染みは最も薄いと思われる第三楽章。無論、貶める意図など無い(・ω・)J・ウィリアムズは大好きだぞ!

彼の仕事に限らず、古典から着想を得て意図的に拡張したと思われる映画音楽は結構多い、そこら辺を穿ってみるのも一興、音楽の嗜み。個人的にウィリアムズの場合、特にオーケストレーション面でストラヴィンスキーからの影響が大きいんじゃなかろうかなどと思っているのだが(・ω・)いかがだろうか。

例えばついでに言うと。かの有名な『ジョーズ』のテーマ。冒頭が"新世界"の四楽章(ホントに冒頭だけ)そこから"春の祭典(春のきざし)"に転じる…といった具合。

新世界の4楽章はあまりに有名で皆よくご存知だろうから春の祭典だけ挙げとくよ(・ω・)当該箇所は、正統派の演奏なら四分前後ってとこかな。初めて聴く人はおそらく「これのどこが春の祭典なんだ(怖い)」と思うだろうな、俺もそうだった(笑)春=明朗ってイメージにとらわれてるからね。

せっかくなのでストラヴィンスキーをもう少し。これなんかそれこそ「ハリウッド大作の音楽だよ」と聴かされたらそう思うんじゃないかな?カッコよくて大好きなんだ(・ω・)なお、邦題が一定しないが、俺の推し題は「凶悪な踊り」(笑)

そうだ。スターウォーズ絡みでにわかに話題になってたアレの曲も挙げとこう、絶好のイグザンプルだ(・ω・)念おして言うけど断じて「パクリだ」とか揚げ足とる意図じゃないからねこの一連、「わざとだ(ニヤリ)」だよ。まず『革命』の四楽章

…で、こちらが、にわかに話題になってた『宇宙からのメッセージ』の名曲"リアベの勇士"…いかがですかお客さん、「モロ」だけど「より」キャッチーにカッコよくモディファイされてるでしょ?(´ω`)楽しいね(大好きよコレ)

ビック・モローだけにモロ なんてことは露ほども思っていない

まあ、こういうのって許せる/許せないの境界が、事により人によりデリケートだったりはするんだけれどね(笑)音楽の(音"学"でない)楽しみ方のひとつとして提案してみた←




ed209 at 23:41|Permalinkclip!

2015年12月16日

も〜う や め て!(横弁)

や、行きますよ?きっと行くんですよ、リストア版も含め過去全作封切り時に劇場で観てきたことをちょっぴり誇らしく思ってる俺としては。でもね(´・ω・`)なーんか今ひとつ気持ちが上がらないんだよなあ…

ルーカスの手を離れてるって時点でだいぶ下がるものは当然の如くあったんだけど、公開される映像を見るにつけ「なんか違う」感が膨張するばかり。

スターウォーズって、映像自体に独特のムードがあったと思うんだ、ルーカスが直接メガホンとってない5と6にもCGI中心になった新三部作にもしっかりあった。リアリズム溢れるウェザリングが施された世界観でありながら演劇的なケレン味というかオペラティックな気品というか…上手く表せないけれど、それこそ『騎士道物語』的な。

ところが今回の映像はなんだか、そりゃリアル感増してるけど、フツーの(いまどきの)よくあるSF作品って印象なんだよなあ…まあ、予告編だけで判断するのも早計だし、無いものねだりしても仕方ないか。旧三部以来の、いまや御大達との、まさかの再会がメインみたいなものだ。

#STARWARS

【悲報】12月18日から『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』上映劇場にてワンピースのスペシャル映像が上映決定

日本の広告広報周りのこういうとこが嫌いなんだ、日本版○○とか「泣ける〜」とかもそう、要らん事し過ぎ。

着色料とか甘味料とか添加物でうまく稼ごうって考え方いいかげん改めろよ本質で勝負しろよ(意味深)

まあ、その添加物に引っ張られる客も事実として多いから改まらないんだろうけどさ、それじゃあいつまで経っても成長しないっていうかレベル下がる一方だぞ文化的に相互的に。送り手側とは育成する側でもあったはずだし、そうあるべき。

旨味成分って中毒性、言わば麻薬性があるからな、もうそれが無いと無味の如く感じて、本来の味がわからなくなったりもするからな、舌バカってやつだ、「感動〜」とか「泣ける〜」とか用意支度されないと成らなくなったりな(たとえ話)

事件事故を情感たっぷりのナレーションやBGMで過剰な彩り演出してるニュース番組とか「おいおいこれはフィクションじゃねえだろ」ってなる、腹が立つ。

【ファン激おこ】『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』上映前にルフィからSWへのエールが流れることに→どういうつもりなのか担当者に聞いてみた

いや他意はあるでしょ"思惑"が、そういう処が不興買うのよ。

まあ言い始めたらタイアップなんかみんな『にわか/便乗(商法)』ってことにもなっちゃうんだけどさ(``)なにせここ十数年来の日本の宣伝手法って品が無いプライドが無いお安いって印象なんだよね。で、「そういうとこにいいかげん嫌気がさしてる」人達も少なくはない、その結果だと思うよ今回の。

そういうのに喜ぶノせられるのって言っちゃ悪いけどいわゆるライト/ミーハー層じゃん?コア層は文句言いながらも来るからほっといてもいい→それ以外を取り込もうって算段なんだろう事は察するけど限度もあるよ、"いっそ観たくなくなる"というコアな情動もまたあるよ。

無理矢理にでも「泣ける」の方向に訴えようとしたりするのなんて詐欺にも近いし、エンドロールで実際に流れる日本版主題歌なんて作品の印象そのものをも変えかねないし。世界観をねじ曲げてでも客を呼びたいって送り手側の姿勢にはガッカリもするよ、許可してる製作側に失望もするよ。

トランスフォーマー一作目の時の"ロボをひた隠しにする姿勢"とか、最近だとアベンジャーズ2のくっさい謳い文句には失笑するやら反吐が出るやらだったな(``)あんな事してんの日本だけだぜ。ヘンに愛だ恋だ謳わなくても感動泣けるだ言わなくたって、「カッコよすぎて涙が出る」くらい知ってるぜ。

要するに『ミーハー女性層』に特化し過ぎ偏り過ぎなんだよね宣伝が、訴える方向が。いくら野郎やマニアは放置しといても大丈夫つってもね、「汚された気分」てのはあるからね、聖域だけに。



ed209 at 23:11|Permalinkclip!

2015年12月13日

「そこ、重要?」という直感そして違和感

●AKB48のB'z超えに批判殺到「握手券でCDを売るのはフェアじゃない」●

商法の是非はさておき。数字に重要性を見出す様な真似はそれこそ忌み嫌うところのそれ、同じ穴の狢に成っちゃうんじゃないか。嫌悪を訴えるより好意を謳えばいいと思うよ。

賞だとか数字だとかがそれほど重要で、訴えるべき大きな価値、自分にとっての「良さ」を世に諭す材料なのかな?ってこと。ファンのそういう態度こそ、かえってそれの価値を下げると思うよ傍目には、純粋な『音楽的』には。

そこで数字に拘るべきじゃあない、極論それは企業にとっての喧伝価値に過ぎない。そんなのどうでも「自分にとっては一番だ」それが「好き」って事じゃあないのかな。少なくとも、誰かの「好き」を愚弄する事が自分の愛を示す正しい行為とは思えない。それは自身はおろか愛情の対象をも貶める、愚行だ。

ランキングからもトロフィーからもギネスブックからだって肝心要の『音』は決して聴こえてこないだろ?肩書きや地位で或る人の絶対的価値が決定するもんでもないのに同じ。こんなのそれこそレコード業界に振り回されてるも同然のナンセンスだよ、Foolish warだ。

リスナーそしてファンにとって「其の音を聴けること」が最重要価値であって、売上だとか賞与だとかは"本人とその周辺"以外にとっちゃあぶっちゃけ「どうでもいいこと」だ(笑)本来そのはずだ。そのはずが、この有り様。なるほど衰退もするわけだ。送り手も受け手も本質を見失っている。

キミは自分が好きな人を何故好きなのかどうして好きなのか何が素晴らしいのかを誰かに説く時に良家の出だとか高学歴だとか一流企業勤務で稼ぎがいいだとかそういう風に訴えるのか?安心や確信を得るのか?「だからすごい」のか?(・ω・)それも同然なんだぜつまるところ、そんな"枝葉"に妙に拘るってのは。


まあ、これは蛇足だが。だから、たとえ数少なくともたとえたった1人でも喜び楽しみにしてくれてる人がいるならと続けているし続けられもするんだぜ「もうYouTubeは終わってる」とかブツブツ文句言いながらも(笑)送り手の端くれである俺にとっての最大価値はそれだから。

あ、「端くれ」とか言っちゃあいけないな、好きでいてくれてる人に対して失礼だ、わかっちゃいるんだ、でも便宜上というか話の流れ上というかね、だが反省。


いつ頃からだろうな、「好き」より「嫌い」で多くが多くを"自分"を語る様になったのは、殺伐としたインターネッツですね(´・ω・`)また、べつに好きでもなんでもないものをも利用してまで人が人を釣るようにもなったよね、"数字"のためにね。

さて、これで終わりにしよう。その「フェアじゃない」ってのは"中の人達"が思うことであり時に訴えるべきで是正もすべきことなんだよね、本当は。でも大人の事情というか都合により沈黙なわけだ。俺も一応は大人なのでそこらへんは察しもする。が、そこのところを巷が代理戦争してる様相は、実に空虚。


実が成らないから空虚なのに「実に空虚」という違和感(うるさい)




ed209 at 03:09|Permalinkclip!

2015年12月10日

そう、これが日本の現状です。

これの番外編として。

一時間でYouTubeの丸一日分に追いつきそうという…如何に日本のYouTubeそして一般リスナーが無銘のオリジナルに冷たいかが分かる(苦笑)

唯一の日本人として健闘を見せる俺@fandalism
CVzQvkBUEAA2pYm


まあ絶対人口が少ないから頭打ちも早いんだけどねfandalism(※)

海外行ったほうがいいんやろか←

その後やっぱり逆転しました(苦笑)

ではここで寄せられた賛辞をご覧ください(たまには自慢しよう)
CV0-hhNU4AA7Q3-


いま見たら二倍以上の差がついてた(`ω`;)マジYoutube終わってんなー…既に文化が違ってしまったのだろうな初期とは、運営の姿勢も合わせ。要は「TVと同じ」カンジになったんだと思う、視聴者の大多数も。その層に実効支配されると、マイナー/マニアックの浮かぶ瀬はほぼ無いからな。


※念のため説明しておくとfandalismは"Musician専用"を謳った投稿コミュニティなので、妙なノイズが混じってくることは無く、他人の褌な輩もまず居ない。おしむらくは、いわゆる"寄生サイト"なことか。自前アップロードサーバーを持ってるわけではなくYoutube等外部の投稿を直接拝借(共有)してる、つまり、初期のニコニコみたいな便乗システムってことね(今はもうその事を知らない人も多いのだろうな)、そして、大本のほうには視聴数ほか諸々まったく反映されないのも弱点かな(そこを改善すればもっと利用者増えると思うのだけれど)

ただ、もしも日本語に対応したら「てみた」とか入り込んでくるおそれがあるから、そこはしなくていいと思う、またぞろガラパゴスを形成することにもなる(結局Youtubeもそれに伴い染められ変質した)


(後日)

その後の経過
YouTube 270
fandalism 570
大差がついたな(呆気)



ed209 at 20:58|Permalinkclip!

2015年11月10日

ここぞと便乗しクダをまく




うむ、それをもう一歩押し進めて言わせていただくと、歌(声)が無いからとか歌詞がわからない(言語的に)から"聴かない"という選択理由が解らんよね(・ω・)それらって音楽的には言わば二次的付加要素だから、すると純粋に「音楽が好き(音を聴いている)」かは疑わしい。

誤解の無い様念のため付け加えておくと、それは勿論「歌曲」という素晴らしい一表現手法である、数多ある音楽表現のうちの"ひとつ"。そう(・ω・)たったひとつに閉じこもっているのは惜しいと言いたいのだわたしは、歌詞偏重の聴き方然り。

諸兄はお気づきだろうか?近年、こと若年層においては「歌詞がいいよね」といった具合の感想ばかりが際立っていて「ここのメロディがいいよね」だとか「この音色がいいよね」といった"純・音楽的"感想を見かけることは極めて少ないという事実を。もはや音を聴いているのかポエムを嗜んでいるのか←

音楽を讃えるべき(讃えられるべき)形容は本来「いい曲」であって「いい歌詞」では無い、少なくとも、そこだけを取り出して評価すべきものではない、「も」ならまだしも(・ω・)それではまるで、絵を見て「この額縁いいね」と言ってるようなものだ(抽象的表現)

シールだけ取ってチョコが捨てられるような事態は本当にそれこそ本末転倒ビックリマンだよ、こと音楽に限らず、芸術芸事は食玩になってはいかんのだよ、どっちが本体かもうわからなくなってはダメなのだよ、まあ今時の食玩は開き直ってていっそ潔ぎよいけれど(笑)





ed209 at 06:06|Permalinkclip!

2015年10月10日

盗り急ぎ

【東京五輪に向け1億3000万かけたロゴが完成したので御覧ください】

96942af3

edbe9e0f


もう開いた口がふさがらん…

>>313
記事に依れば「また」ではなく同時期「既に」だな(以下引用)

"5月中旬に完成したが、その後、五輪エンブレムの盗用疑惑が浮上。似たデザインがないかなどのチェックに約2カ月かかり、発表が遅れた。"

莫大な予算と2ヶ月かけたチェックってどういうザル?

ちなみに今コイツをGoogle画像検索にかけたら「この画像の最良の推測結果: TGS2013」と出たぞ何故かw

もはや「積極的にブチ壊したいのか」としか思えない(笑)


【ネタ追記】

いまアップデートしたら…おいGoogle+が今話題の東京五輪ロゴを煽りにきてるぜ(笑)

Screenshot_2015-10-11-20-09-33

なお、逆に「あーよくあるよくある」って援護射撃とも考えられなくは無い←

【10月18日追記】

いまサンジャポ視てたんだが

「記号ですから(偶然の相似なんていくらでもある)」←わかる、PCでタイピング出来れば作れるレベルだよな。じゃあ何故そんな"記号"に破格の時間と予算がかかるのか、必要なのか?ってことよ「パクリか否か」の答え合わせじゃないんだよ今回の要点は。 ズレてんなあテリー伊藤も(´・ω・`)

あれじゃ「タダのネット批判」と、またぞろ反意を買っても仕方ないと思うぞ(・ω・)実際「いちいち粗探しして揚げ足取る庶民うぜえ」って言質に聞こえたからなあ。そういう身内贔屓/擁護的な(ひいては自己保身的な)思考の補正かかるからダメなんだよなあ、多くのタレントの論説は。

まあ確かに、「粗探し」それ自体が目的になってる、事の本質を蔑ろにしてる向きも少なからず在るのは事実だが。だからといって、ネットを(庶民を)十把一絡げに批判する既存マスメディア動向ってのも、それまた「それ自体が目的」と化してる様な。相容れないな(笑)



ed209 at 18:22|Permalinkclip!

ていうか頼むから説明読んでください(切実)

Never say to me "Please give TAB/back-track".
Don't rely on me. If you need,it's necessary to make it for yourself.


何度となく繰り返してるけど、俺が動く可能性あるのは、先ず相応の努力を尽くして見せてくれる人に対してだけだよ。何の苦労も代償も無しで何か手に入れられる(貰える)って思わないでほしい、そういう考えの人には俺自身何も期待しないから投資もしない、そういうこと。

…ってのを誰かイイカンジに英訳頼む←努力しろ

俺が助力したいと想い、積極的に関わりたくもなるのは「自力で何とかしてみせる」って姿勢感じられる人だけなのよ、「ものごとに向き合う覚悟」を示してほしい。「そんな大袈裟な」と思う程度なら、それは必要ない物ってこと「タダじゃないならいいや」程度のモノってことだ。そこにお互い価値は無い。

もちろん言うまでもなくコピー/カヴァーの類を"有償"で取り扱う気はサラサラ無いよ、それは侵犯行為だから。同時に、無償で配って人気取りなんてのも信条が許さない…安いプライドだけどね。 #武士は食わねど高楊枝

おなかがすきました(´・ω・`)グゥ

これもう一歩踏み込んで書いとこう。既成の楽曲を耳コピーしてタブ譜やバックトラックを自作←ここまではいいんだ、むしろ至極真っ当なんだ。でも、それをウリモノにしてる人いるでしょ有償/無償で。それ、"正規"の出版してる人の軒先荒らしてるってとこまで考えた事ある人どの程度居るんだろうね?

コピーやカヴァーって「(自分が好きなものいいなと思うものを)聴いてもらって/知ってもらってナンボ」って次元で留めるから綺麗だと思うんだよね、俺は。まあ、これもある種の自己満足には違いないんだけどさ。それを"利己"まで持ってったら(それ自体を目的にしたら)もうダメだと思うんだわ。

なにが「もうダメだ」なのかって?俺が思う「魂的に死亡」ってことですわ(`・ω・´)

まあそんな想いで紡ぎ出し奏でるのが #ORIGINAL
よろしく哀愁



昔から(動画ページの)説明のとこに明記してあるのよ?「信条に基づき配布していません」の旨。もしも俺なら、まず周辺を確認してからものごと訊ねるけどねえ…だからもう、その段階で「見込み無し」って思っちゃうんだよね、勉強熱心さ、直向きさ、ひいては礼儀といった部分で。


だからさ、過程をオミットして結果にコミットしようとする、出来ると思ってる人がいる、そういう風潮ってハナシだよまったく何ザップかな(´・ω・`)わたしゃハンザップだよ、すっかり「タダで当たり前」みたく盗人猛々しくなっちゃって、もうね「金さえ払えばなんとかなる」って考えのほうがまだマシとすら思えるよ一応自腹切ってるぶんだけ(同じく認めはしないけど)



ed209 at 17:15|Permalinkclip!

2015年10月05日

満身創痍の卍さん(壱)

【木村拓哉が実写版「無限の住人」で主演 約10年ぶりに時代劇映画】

これは適任(適役)である!と、わたしが思う理由を以下に"原作準拠"で述べたいと思う(・ω・)なお無論全巻通読している、念のため。

主人公の万次という男、年齢的には現在のキムタクよりだいぶ下(のはず)だが、これがちょうどいい。「若いのにオッサン」を「オッサンなのに若い」が演じる、このバランスが今ちょうどいいのだ。この「オッサン」とは、畏敬をこめた愛称としてのオッサンである、というのは。

無論個人差があるが…今のオッサンは若い、色んな意味で若い。昭和の昔なら20代でも"そんな人"もザラに居たが、今の20〜30代では大方「青臭い」になってしまう。いわゆる渋味とか大人の色気というのを備えた青年を表すには、不惑を迎えたくらいの男で丁度いいのだ、今は。

ただし、見た目がいかにもタルんでくたびれたオッサン風ではマズい、そこはやっぱりシュッとしてないと。若い容姿を保ちながら年相応の深み、数多の経験を感じさせる好い意味での摩耗感を湛えてる事が肝要…というわけで、「今まさに適任」と思うわけだ。言うなれば、つまり、ここで必要なのは「イケメン」では無く「男前」なのだ。いま、彼以上の"其れ"が他に在るか?いや無い(倒置法)

てかそもそも万次さんイケメンタイプじゃないからね(笑)そういう意味では木村拓哉は綺麗過ぎるかもしれない…が、俺は「大丈夫」と確信する。

なぜ確信するか?それは安堂ロイドを観たからだ。あそこで彼は今や懐かしい「若いけど頼もしい」ヒーロー像を見せてくれたから。まあ実際昭和のヒーローとか今見ると「(見た目)オッサンだなあ」って思うけど(笑)でもそれってのが頼もしさ=大人の余裕だったんだと思うんだよね。

ちょっと逸れるけど…近年のヒーロー像っていうと多くは「等身大」で「共感」て感じだけどね、例えば若年向けラノベアニメなんかも学園もの中心つまり同年代(中高生)が主役のばっかだったりするでしょ?まあ、それってのも今の若年が大人を「頼りない」と感じてることの証左なのかもしれないけれど…ならば今こそ、頼れるオッサン=カッコいい大人の復活ですよ!(力説)

かく言う俺も、そんな大人の男に憧れた世代だしね。

話を戻そう。

とは言ったものの万次という男、決してヒーロー然とはしていない、いやもうむしろまったく英雄的じゃ無い、卑怯な手も使うしサブキャラにボコボコにされたりもするしね解体ショーレベルで(笑)

だがそれがいい、それを木村拓哉が演るってのがまたいい。

とりあえず、原作準拠で言うと…安堂ロイドで『血みどろ満身創痍のヒーロー(木村拓哉)』に萌えた女性諸氏は期待していいですよ←

ぶっちゃけ、一応人間なのにアンドロイド以上にバラバラレベルにもなります(原作準拠ならね)

さて、「ヒーロー然としていない」と言ったけど、それはあくまで「いわゆる正義の味方っぽくない」って意味であって、ちゃんと要件は充たしてるんだよね万次さん。それは、異端者であるということ、血ヘド吐いて足掻くこと、そして、少女を守ること←これである、男の浪漫である(迫真)

三池監督って原作ものに関してはかなり忠実にやってくれる人だからな、それこそ映像化したらギャグになるようなところまでしっかり再現してくれたりするから(笑)もちろん殺陣黄金蟲は見てみたい(技名叫びアリで)

ひとまずまとめに入ろう。近年、実写化ってだけで脊髄反射的にダメ出しする風潮が根付いてるけど、それはもう偏見。それはそれ、これはこれ。時代劇で言えば、あの名作ドラマ『子連れ狼』だってもとは漫画(劇画)だけど、いま子連れ狼と言えばアレ(ドラマ)くらいのもんでしょ?そういうもん。

つまり要は「出来次第」だし、やっぱり「それはそれ、これはこれ」なんだよ。もちろん原作愛/リスペクトあってこそだけどね。

また、木村拓哉が務めるという意義。

「またジャニーズか」の印象から連なる様にして「またキムタクか」的な反応もある様だけど、実際には彼はそんなポンポンと映画に出てないし、まして漫画の実写化なんてヤマトくらいのもんでね(・ω・)もはや"思い込み"やでソレ。

で。それこそヤマトなんかは"国民的"って次元で誰もが知ってるけど、「むげにん」はそうじゃない、ある程度マニアの域のもので、敢えて言うけど"人を選ぶ"作品。そういうものに"国民的"スターが主演するってこれむしろ興奮するわけですよ俺は、そう(・ω・)安堂ロイドの時にも似た、野心的な。

個人的には"蛇足"ながら、付け加えるなら…そうした中、「はたしてこれ以上エポックメイキングなキャスティングがあるか?いや無い」である…てか蛇足にして唯一断言出来ることだなこれ(笑)

なお、蛇足の蛇足。

IMG_20151005_171918

「キムタクの演じる万次というキャラクターの衣装がナチスをイメージさせると一部で物議を醸しているんです(事情通)」

とかいうバカな記事が現れるに1ジンバブエドル
いやそんなバカなメディアとか無いかな(棒)
#いわゆるサイゾー定期


【余談】まさかここからこんな盛り上がりに繋がるとは(笑)


(詳細は此の後のリプライご参照)


あ、それからもう一点!

この作品、とにかく強烈なキャラクターだらけで、ともすると主役が食われる「地味」とすら映る事もあるんですよ(笑)それ故に尚更「適任」と思うわけ、それは「どんなのが出てきても食われない」から(・ω・)木村拓哉を食うって尋常じゃないのそうはおらんやろ?



凛ちゃんは誰が演るんやろか(ポツリ)

まあ30巻に渡る長編だから、大胆な脚色は当然必要になるわな。とは言え、なかば群像劇的なところあるからな、そこんとこ万次と凛に焦点をグッと絞れば、それだけでかなりダウンサイジングされるのも確か(実際劇中で(万次と凛の出逢い以降)月日は大して経過してない)

だかしかし敵方の動機や個性(変態性含)を描くのはとても重要だと思う、いきなり出てきて「うわなんだこの変態(バッサー)」みたいなんじゃ主役二人の修羅道がまるで立ってこないからな(・ω・)「正義は我にあり」みたいな気持ちのいい物語じゃあないから、「気持ち悪」くないと(色んな意味で)

images (2)

卍さんシブいよなービミョーな強さだけどカッコいいよなー(笑)…なんて思ってるうちにトシ追い越してたよねー(^ω^)ハッハッハ


『弐』へ続く




ed209 at 16:58|Permalinkclip!

2015年09月26日

この厳しさはむしろ愛←

【松山ケンイチ主演「ど根性ガエル」が低視聴率で終了 汚名返上できず】

「実写映画化もされたが」??「82年3月」公開の『新・ど根性ガエル ど根性・夢枕』はアニメ映画ですが…ま(``)こき下ろし記事の程度ってこんなもん。 #出鱈目書くな

よくもまあ知らん事を訳知り顔で綴り語るいや騙るもんだ。事に触れるならそれについて最低限の勉強くらいしてくださいな(・ω・)はいご参考まで

そこいらのアマチュアブログのほうがよっぽど価値もあれば真にも足るというレベルの代物が多すぎますなあ近年のネットマスメディア/自称ライター。こんなんで報酬もらえるとか、ある意味超勝ち組ですなあ(^ω^)いやはや羨まし(くない) #恥を知れ

物事には"fanatic"というものが在る以上、巷には『プロ超えのアマ』も存在するということを認識しておくべきで、首突っ込むなら時々に応じて勉強も怠ってはならない。発信が常時一方通行の時代なら誤魔化せたかもしれんが今は通用しない(・ω・)「金を稼ぐ」だけが"プロ"じゃあ無いだろ。

すまんな(・ω・)生半可は〆倒したくなるんじゃ

なお、「ヲタクきめぇ」の捨て台詞を残しての遁走禁止な(・ω・)知ったかするのが悪いんやで

だからこれほど言ったのに(・ω・)



今夏を騒がせた例の件にしてもそう。研鑽を怠り野を侮る『怠惰なキャリア』が招いた事態だと思うんですよ、俺はね。蛇足だけどその言葉が出たから言っちゃうと、いわゆる『意識高い系』って、"自尊心や虚栄心が先走り/暴走してる状態、その様"なんじゃなかろうか?と。

ついでに『キャリア』という言葉について。本来それに相当する、そう形容(敬称)されるべきは"実地経験"文字通りの積み重ねだと思うんですが…こと日本においては、実地以前の過程(課程)の方に対し用いられがち且つ重視されてもいる。確かにそれも実績だし努力の賜物とは思いますが…ねえ?(何)

まあ何にせよ(・ω・)胡座かいてたらダメってことだよね(単純)

試しにグーグル先生に「キャリア」と訊ねてみたところ、この二つ目の特記感(笑)もうこの記述の存在自体が別格的…というかなんとなく皮肉にも見える←
IMG_20150926_041658


や、マジなハナシ『キャリア(組)』って「現場叩き上げ」ってこと、そういう人たちのことだと思ってたよ昔。実際を知った時(・ω・)は?なんで?ってなった。



ed209 at 03:05|Permalinkclip!

2015年09月25日

ええい控えおろう!ワシらはスポンサー様じゃぞ!(迫真)

【NHK受信料:自民小委が「義務化」を提言】

コンテンツ選択の自由アハハン(投げ遣り)

たとえるなら。運営ゴリ押しの特定ユーザーが視聴履歴や好みとは全く無関係にズラリと並ぶYouTubeのトップページ。それだけでも大層嫌われてるというのに、そこからあまつさえ料金強制徴収しますよってなもの(笑)でもWebサイトは任意で抜けることも出来るからね。そう思うと如何に凶悪か←

それで民意を優待最優先するというなら考慮に価もするけれど(・ω・)とるだけとるって暴力装置かな?

ぶっちゃけこういうのこそ抗議デモしたほうがいいと思う(真顔)ナンボか国民一丸感もあるやろ←

数年前、民放某局に対して実際あったが…この親方日の丸その野望に限っては「見ない」という選択をしても一切何の効果もない/取られ損にしかならないというね(・ω・)あなおそろしや

まあね、言わばスポンサーにも視聴者にも左右されない唯一の、限り無く『無敵』なわけだけども…だから公明正大かと言えば、結局そこは話が別だしねえ(意味深)

ホント、やり口がJASRACあたりとソックリだわ(ヒント:天下り)

つまり今後(・ω・)「架空請求サイトを国家で運営する方針」と言ってるの?(この皮肉も解らんような前時代を生きるオッサン達が進めてるんだぜ大方)



ed209 at 02:45|Permalinkclip!

2015年09月22日

今はいきなり入ってくるから(意味深)

【土田晃之「テメエ(安倍晋三)がただ歴史に名前を残したいだけなんだろ」】

これは歪曲が過ぎる。まあ口汚いのは確かだが流れを見ればこのテメエは手前(自分)だと分かるし>>68の言うコイツなんて言もソースに見受けられない。

いわゆる左の妄想っぷり乱暴っぷりもアレだけど、こういうのも同じくダメだろ、意に沿わないもんは言葉尻とらえて揚げ足とってでも叩く(利用する)とかさ、同じ穴の狢じゃん。

やっぱ近ごろ痛いニュースも偏り煽りが雑に酷くなってきたな(``)NewsUSかよ(笑)

こういうのがあるから(・ω・)『まとめ』の利用には注意しましょうね、ことこういう物事の場合は大なり小なり必ず管理人の意思が混じってるからね、他人の思惑に左右されないように(文字通り)

ホントこれぶっちゃけ(抽出列記されてるレス総じて)相手に向かって言うテメエと一人称としてのテメエの区別ついてない/文脈読み取れてないレベルが喚いてる状態で、滑稽でしかないだろ(・ω・)フラットな感情と目線で見れば(余程の文盲でも無い限り)

旧来マスメディア=偏向偏向という(叩く)けれど。最早、特に一部『まとめ』は似たようなカンジしてきてるよな。新聞やテレビは嘘つき!ネットが一番信用出来る!って思い込み持ってる新世代も増えてる現状(・ω・)これって危ないと思う。自分の意志が希薄な人なら容易く左右出来てしまうからな。

『まとめ』を利用するにあたっては、せめて本スレ半年ROMを義務付けるべき(真顔)

「その域に達していない」人もそれに(断片的に)触れてしまう(・ω・)危ないと思うわマジで。


ああもう「金輪際」と言った舌の根も乾かぬうちに…まあでもこれは"反対側"へと向けたものだから(・ω・)いいか←


【余談】
ふと思ったんだが。

近年あんま時代劇とかやってない→触れてないからその表現/言い回し知らない分からないって人もいるのかもな、もしかすると。「手前生国と発しますは」とかさ(・ω・)…「手前ども」とか「テメエら」って意味と受け取って怒りだしたり(笑)

しかし時代劇までいかずとも例えば「テメエの落とし前はテメエで」くらい言う/聴くよなあ…?ひょっとするとそれも罵声的「おまえ」様にしか聞こえない人が増えてるのか?(・ω・)「自分の〜は自分で」なんだがなあ…「貴様」同様すっかり認識変わっちゃったのかもね。





ed209 at 20:33|Permalinkclip!

2015年09月21日

喧嘩腰でラブ&ピース

寂聴さん、法話で安保法批判 「安倍さん民意聞かない」

これだけは言える。「さん」付けてる点が輩とは違うわな、他人様に聴いていただく姿勢。こんな態度↓なら聴く耳もってもらえんわな(意味深)
IMG_20150921_123825


厨二感、「尊敬出来ない奴に敬称など無用」的な。ホント先ずあの「嫌いな教師に対する中学生」レベルの態度と物腰をなんとかしたほうがいいと思う(・ω・)大人社会に首を突っ込む以上は「若輩だから」と看過されるものでもないからね、"他人に厳しく自分に甘い"丸出しではね。

いかにも「アベ」には悪意しか感じられないからなあ、えーちゃんファンが「ヤザワ」と呼ぶのとはわけがちがう(笑)見るからに憎悪が原動力になってる様な人間を信用出来るはずなかろ(´・ω・`)おっかねえ…ってのが普通の感覚。なぜそれがわからないのか?それともそれが狙いなのか?テロやんけ←

『自身を取り巻く現状に対する不満、自分を過小評価する社会に対する憎悪。そうした負の感情を恒常的に「敵」へと向けることで自我を保つ傾向がある為、必然的に「同種」以外に対する排他性・攻撃性が非常に高く、客観性に乏しく成りがちであり、結果として『確信犯』へと陥り易い(中略)目的のためには手段を選ばない自称平和主義者とはつまり、彼等掲げるところの「ヘイト」で以て培われ、醸成されるのだ。彼等の欲するものは平等に非ず、自らの優位性の確保、それの完成である。』(民明書房刊『テロリスト誕生』より)

変える(変わる)べきは先ず自分じゃないのか…と、考えたことはないのかな?(・ω・)と、おもう。

なんやかんやで語るに落ちたが、もう金輪際触れたくない。





ed209 at 11:15|Permalinkclip!

2015年09月16日

ところで

ワイもいま話題の自称ミュージシャンやで、いわゆる社会的所属/帰属が無いと等しく"自称"扱いになるんやで(^ω^)なお、そこに実際の力量や活動が伴ってるかはまた別の話やで(意味深)

これは極端なたとえだけど。そこらで鼻歌唄って「ミュージシャンです」って名乗っても"そうでないとは誰も言い切れない"くらい曖昧なもんだからなあ(笑)まあ『職種(稼業)』と限定すればまた話は違ってくるが、つまるとこ後ろ盾の無い肩書きなんてのは良くも悪くもその程度のものだ。 #芸事

これ裏を返せば、後ろ盾さえ強力ならシロでもクロにもなり得るということ(・ω・)これは白黒じゃなくてシロウト/クロウト的な意味合いね。たとえば近ごろ話題のデザイン方面とか(ry

自称といえば、神いっき容疑者。自称:声優(のアイコ)では無く"声優のアイコ"という唯一無二の独創的新ジャンル。 #但し褒めてない

まあなにしろ、自称:福山雅治のインパクトには遠く及ばなかった。 #フクヤマは職種ですか
images (1)

そして今、ふと気が付いた。自称のインパクトがデカ過ぎて、何をやらかしたのかはサッパリ覚えてないことに(笑)

(翌日)

なんかこう、流れが…「右か、左か」どちらかに属してないとならない理由でもあるのか(意味深)したところでこれはガチパラノイアやぞ(´・ω・`)インスタに在る、自作とおぼしき一連の画像が示しておる。

何故だか彼らは類型的・共通的な美観を発揮する。特に、一般人なら不安を覚える、繁華街裏の胡散臭い店の如きあのゴテゴテビカビカ配色を好む(スレ中でも言われてるが淡路5人●し犯の自作画も同質だった)

不安をもよおすあの配色。たとえば今はなき愛●会HPに「狂気を感じ」た向きは多いはずだ(笑)ちなみに、その配色を絶妙な安定感に仕上げてるのがGoogle Chromeのアイコン←




ed209 at 21:18|Permalinkclip!