疾風子

2020年07月03日

"自分と向き合う"

img20200702182107.png


「まさにそうなのだ、音楽してる時、僕にとって」

と、実感した一時でもありました。

とにかく大好きな曲でね、ゲーム(及びアニメ)中で流れる度涙腺が緩むのです。

基本は「原曲に忠実に」。カヴァーの際、第一に心がけてるのはこれ。変に奇を衒って突飛な調性持ち込んだりとかして"曲調"まで変えてしまう、そういうのは好きじゃないので。

その上で先ず、原曲においてピアノで表現されてるイントロを「ギターにしよう」というのはあった。あとは割と流れのまま、原曲という基礎を素直に捉え、それでいて『コピー』はせず、直感的に、気の赴くままに。オリジンのイメージ、"曲想"を損ねることなく随所に僕"らしさ"を重ね合わせられたと自負。

それでは、お聴きください、ペルソナ4より、『I"ll Face Myself"』





以下、小ネタばらし(蘊蓄)


各コード進行を僕流に弄りもしてるんだけど、決して曲想スポイルしてないと思う。ていうかイントロなんてもう丸々、僕の持ち曲のそれと取っ変えてるんだよね、更にはそれの象徴的フレーズまでも加えてある、気付いた人もいると思う(いた)。他にも、"近似値高い"未発表曲(昔のもの)のモチーフを投影したりとか、色々やってる。

中盤でのガットによるソロは、僕としてはちょっと珍しいプレイかな?普段して見せることないから。ついでに言うと、Aパートのアコ(ガット)に関しては特に空間的な(というフンイキ表現)音使いを意識してる、いわゆる「不協和」な和声ね。もとよりエレキは基本的に剛腕、シンプル&ストレートな"パワーコード"を基礎として対比、そうしてコントラストを強めた。

終盤、ストリングス絡みの大サビにおける、原曲には無いエレキのハイトーン、その連続、ほぼノーマルストラト(21F)の性能限界に至ってるね、正直「いつ切れるか(1弦が)」とヒヤヒヤもした(笑)こう言ってはなんだけど、かなりのスキルが必要だよ(スキルとは何も所謂「速弾き」の類ばかりでは無いのだ)。ちなみに僕お得意の"小指ベンド"フル活用だ。


最後に。

これが、原点(原典)。



そして今回、特に構成基盤としたのが、こちらのバージョン。


言わずもがなの名曲…是非聴いて(というか、願わくばゲームをプレイして)、そしてまた改めて僕のバージョンも(その違いを)楽しんでいただけたら幸い。


【追記】2:43~の独自解釈に関して

上掲こちらのバージョンの2:46~に当たる箇所になるんだけど、ここはね、ペルソナシリーズとは切っても切れない繋がりのメガテンシリーズ、そのまさに原点である『デジタルデビル物語 女神転生』における最初のダンジョンテーマと言うべき"DAEDALUS"を引用したの、音型相似であることに着目してね。この、遊び心というか、メガテン愛というかATLUS愛というか…ここ、我ながら気に入り悦に入ってるところ(笑)

"DAEDALUS"



あ、そうそう、もう一つ小ネタ。拙バージョン1:56あたり(ガットのソロ直前のとこ)の「…AH~…」は『真・女神転生』オマージュ、わかる人はわかる、たぶん。

余談だけど、これの冒頭"AH"もメガテン味あるよね(笑)




ed209 at 19:03|Permalinkclip!

2020年04月22日

サボりすぎたツケ

諸々溜まりまくってるんだけど取り合えず最近の、主だった音ネタをザッと纏めておくことにする。

各詳細(と呼べるほどのものか怪しいけれど)は、それぞれツイートのツリー上にあると思うので、そちらを御覧いただきたい(手抜きをしてすまない)。


追記
ツイッターのツイート埋め込みが上手く機能してない模様、ココ(livedoorブログ)のせいなのかツイッター自体のせいなのか・・・まあ、どちらにせよ、ちょっとツイッターとは距離を置くつもりである。このところ目立って多い不具合のみならず、個人的にも色々不満つのってる(お察し)その上このご時世、今のあそこは精神衛生上きわめてよろしくない、いやマジで。それが今ここへと戻った理由でもある。














これについては、少し。
古くからあるいくつかのアイデアを試しに組み合わせてみたもの、そのうちキチンとした形にしたい(アイデア個別に語りたいことは色々とあるのだけれど、それはその時にでも)。








これはね、なんということはない、「あの有名なキメフレーズをハモる」っていう、それだけ。練習(?)中によくやってた遊びのひとつをちょっと録ってみたというね。なお、これとはまた別に「自己流アレンジでカヴァーしてみたい」と昔から思っていたりもする、あくまで未定だけど。イングヴェイの曲に関してはそういう想いがいくつかある。









↑の竈門炭治郎のうた同様、突発的なもの。なお、これをベースに一曲でっちあげてみようかと思ったり思わなかったり。




PERSONA2最近またプレイ始めて「ああそうだ!これ好きだったんだよ!」と。


これは、そのオマケ。



そして、↑からの流れで着手、勢い通したのがこれ。大好きな曲でね、いつかやろう、やりたいと、ずっと思ってた。

最後泣きそうになってしまったのは僕のノスタルジア。このところ続けざまに大林監督作を再見したことの影響もあるかも。個人的ハイライトはギターソロ。原曲では"打ち込み"で、ギター実機/人が弾くことを想定して作られたのか判らないけど、とてもよく出来ててね。それを極力忠実に、且つ、人間ならではの醸しを。



原曲(ギターソロあり全長版)上がってたので貼っておきます(※PC版につきエロ画像あり注意)





以上!

駆け足のうえ雑もいいところでまことに申し訳ないのだけれど、ひとまずこれでご勘弁を(サボりすぎたツケをヒシヒシと感じています)









ed209 at 19:55|Permalinkclip!

2019年08月09日

【序】船長が流行のバーチャルアイドルをプロデュースするようです

…というのはウソで、いつもの突発的一発ネタです。そもそもこれは、Twitterでやってるお遊びの一環。ゆえにわざわざツイ向けに"2:20"で仕上げたのだけれど、ツイ動画の仕様(どうやら60fpsはムリらしい)でアップロード出来ず。仕方無くYouTubeへ上げることに。

ハヤテ子だよ(*・ω・*)よろしくね!

電波子的なね(古い)

SPECIAL THANKS TO CM3D2

使用楽曲は2005年作成の『JAN』元祖デモ版、これは元々ローファイ音源のみ存在、今回少々加工を施した。一夜のうちにバッと作った本当に「原型」なシロモノものなんだけど、その後に起こしたどのテイクよりもなんだか気に入ってるんだよね、不思議と。

昔から知ってくれてる人の中にはイメージと違う(合わない)って感じる方も居ると思うが、『JAN』という曲は(僕としては珍しく)そもそもラブソングであり萌えソングなのだ(・ω・)ああ、でも歌詞知ってる人は、そう違和感もないかもな。ちなみに、この時は"半音下げ"だった。


…そして、これが波紋を呼んだ(僕の中で)、或る思いを決定的なものとした。


〜つづく〜





ed209 at 13:59|Permalinkclip!